鈴鹿モータースポーツファン感謝デーレポート 星野一義氏、半世紀ぶりの夢叶う


 年に1度の鈴鹿モータースポーツファン感謝デー。二輪も四輪も大いに盛り上がるのがこのイベントだ。

 3月4日(土)〜5日(日)に行われた2017年の”ファン感”で、歴史に残る大きなイベントが実現した。「日本一速い男」が半世紀ぶりの夢を叶えたのだ。

 メーカーの枠を超えた粋な演出に、多くのファンが胸を打たれた。その様子をレポートしよう。

 文:WEBベストカー編集部/写真:塩川雅人


“日本一速い男” 星野一義

 星野一義氏は四輪レース界、とりわけ日産のレース史を築いてきたスーパースターであることは、きっと多くの読者も知っていることだろう。

 しかし星野氏が二輪出身という事実はモータースポーツファンでなければ知らないかもしれない。かつてはモトクロスのカワサキワークスチームに在籍し、全日本モトクロス選手権で優勝を飾ったこともある。

 そんな星野氏には憧れる2人のプロライダーがいた。それがホンダワークスチームに在籍していた高橋国光氏、北野元氏。

 あの人と同じ舞台に立ちたい、という思いがずっとあったのだ。後に高橋氏、北野氏が四輪転向後に日産追浜ワークスで大活躍をし、さらにその後、星野氏が日産大森ワークスに参加したことは決して偶然の産物とは思えない。

 常に憧れを追いかけた結果である。

 そんな星野氏の夢、それが「ホンダのワークスマシンに乗りたい」だった。これには大きな障壁もある。前述のように「星野一義=日産」というイメージが強く、決してホンダのマシンに迂闊に乗れる立場ではなかったのだ。

 しかし2017年3月4日、ホンダと日産の企業を超えた協力もあり、星野氏が半世紀ぶりに夢を叶えることになった。

 乗車するマシンはRC166。世界初の6気筒搭載の250ccレーシングバイクで、世界グランプリで圧倒的な強さを誇ったマシン。

 この伝説の1台に乗れる、レジェンドはいま何を思っているのか。ファン感謝デーに訪れた多くの観客が星野氏の登場を今か今かと待った。

星野一義といえば日産のイメージが強い。ホンダのF1テストドライバーになった過去もあるが、やはり”日本一速い男”は日産での活躍もあってのものだ
レジェンド3人の搭乗を待つマシン。手前からRC166(星野)、RC142(高橋)、RC164(北野) 

トークショーでも歴史的な出来事が!?

 トークショーが始まった。最初にレザーのツナギに身を包んだ高橋国光氏と北野元氏が登場。左胸には当時のワークスメンバーの証である”HSC(ホンダスピードクラブ)”のロゴが光る。

 そして最後に星野氏も同じ衣装で登場。さりげなく過ぎた、たった数秒の出来事だったが、これは歴史的な一瞬だった。

 トークショーではいつもの星野節だったが、どうも時折声が震えている。そしてこみ上げる感情を抑えているような様子も何回かあった。

 同席した高橋氏、北野氏への憧れの言葉、そして何度も繰り返したのがこの機会を提供してくれたホンダと日産への感謝の言葉だった。こんな光景を間近で見られたこと、観客にとっても貴重な体験だったと思う。

 また現役当時は家族をサーキットに呼ばなかったという星野氏だが、この日ばかりは家族をサーキットに招いた。半世紀ぶりの夢が叶う瞬間、その瞬間を”日本一速い男”を支えた家族と迎えたい。そんな思いがきっとあったはずだ。

 いよいよ歴史的瞬間が近づいてきた。あのイエローとホワイトの見慣れたカラーリングのヘルメット(こちらも史上初となる星野一義仕様の二輪用ヘルメット)を被る。

 レザーグローブを身につけ、メカニックが最終調整をするRC166を見つめる。時折しゃがみ込み、エギゾーストを聞き入る。集中を高めている様子だった。なんせ目前にあるのは憧れ続けたホンダのワークスマシンだ。

“HSC”のネームが輝かしい特製のツナギ。星野氏がこのツナギを着ることはとてつもない意味を持つ。左から星野一義氏、高橋国光氏、北野元氏
いったいこの時、何を考えていたのだろうか。順位もタイムも関係のない鈴鹿の地でこのマシンに乗れる日が来るとは、きっと星野氏自身も思わなかっただろう

次ページは : 夢が叶った、そして鈴鹿からマン島へ!?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ