5年で900件の『逆走』に効果はあるか!? 高速道路 28の逆走対策技術

 高速道路での逆走事故が後を絶たない。2011年~2015年9月までの間に、高速道路会社管内の高速道路で、事故または確保された逆走事案は916件にものぼるという。

 そうしたなかNEXCO各社は逆走対策技術を民間企業に募集。100件の提案技術のなかから選定された28件の技術は、いったいどのように逆走を防ごうとしているのか? そして実用化に向けた日程は?

文:ベストカー編集部
写真:shutterstock.com、NEXCO東日本・中日本・西日本
初出:ベストカー2017年6月10日号


『2020年に逆走ゼロ実現』3つのテーマで対策技術を公募

 国交省は「2020年までに高速道路での逆走事故ゼロ」を目指し、現在インターチェンジ・ジャンクション部などでの物理的、視覚的対策を進めている。

 そして、その目標達成のさらなる推進の一環として、NEXCO東日本・中日本・西日本が、2016年11月22日から2017年2月10日まで、民間企業等からの逆走対策技術の公募を行った。

 公募分野は

・「道路側での逆走車両への注意喚起」
・「道路側で逆走を発見し、その情報を収集する技術」
・「車載機器による逆走車両への注意喚起」

 の3テーマ。3月23日選定された28の技術のなかから、特徴的な7作品を見ていこう。

創意工夫が詰まった逆走対策の数々

ウェッジバンプ(くさび型の非対称の段差)を設置し、注意喚起する

■ウェッジバンプ(大成ロテック)

 舗装面にくさび型の非対称の段差(ウェッジハンプ)を設置。順走車両には走行に支障のない形状となっているが、逆走車両には振動と衝撃音で注意を喚起する。

■防眩板応用注意喚起(日本ライナー)

防眩板応用注意喚起

 中央分離帯に設置する防眩板を十字形状にし「逆走中」等の文字を表示。逆走車両へ注意を喚起する。十字型の形状とすることで順走時や反対車線からの視認を防ぐ。反射板として設置することも可能。

■錯視効果を応用した路面標示(積水樹脂)

明度の異なる多色で注意喚起し、逆走車両から立体的に見せる

 路面に明度の異なる多色表示で形状や文字を描き、逆走車両に立体的に見せることで、注意を喚起。順走車両からは視認されない。

道路埋め込み型にセンサーを使った技術も考案

■路面埋込型ブレード(ダイクレ)

突起物により逆走車両に衝撃を与えるシステム

 路面に設置した突起物により逆走車両に衝撃を与え、物理的に警告(パンクはさせない)。順走車両が走行した際は突起物が回転して沈み込み、衝撃は与えない。

■プレッシャーウォール(JFE建材)

注意喚起の文言を大きく明記したものを設置

 注意喚起の文言を記した大型壁材を両側の路肩に、順走車両の視界を塞がない角度で連続して設置し、逆走車両に圧倒的な存在感と威圧感を与えて、逆走を抑制。

■エアバルーンによる逆走警告(シーキューブ)

エアバルーンによる注意喚起

 センサーカメラで逆走車両を検知すると、空気による膨張式の遮断機を展開し警告。順走車両にも同様の方法で逆走車の存在を伝える。

逆走技術 早ければ今年度中に実験開始

 今後は高速道路各社と選定技術を提案した企業との調整を行って、2017年度からおおむね1年程度、実道での検証などを実施し(予定)、2018年度からの実用化を目指すという。

 これまでに実施された対策でも、対策前までは年平均で約20件起こっていた逆走発生件数が、実施後は約4件/年に激減したというデータもある。

 今回選定された28の技術が実用化されれば、国交省の目指す「逆走事故ゼロ」に大きく前進するかもしれない。

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ