残価設定ローンは得か損か 「絶対得しない車」と「得する車」がある

 近頃、メーカーや販売会社が残価設定ローンに力を入れている。ディーラーに行くと「残価設定型のほうが、月々の支払いが少なくてお得ですよ〜」なんて勧められる。実際のところ、いわゆる“残クレ”は得なのか? 実は得しやすいケースにはある条件があり、当然のことながらリスクもあるのだ。

文:渡辺陽一郎/写真:SUZUKI


月々の支払が安い“残クレ”のからくり

 残価設定型クレジットは、契約時に3〜5年後の残価(残存価値/下取価格に置き換えて考えてもいい)を設定し、残価を除いた金額を分割返済するローンだ。

 使用期間中に価値が減る金額だけを返済するから、利用者から見ればリースに似たローンともいえるだろう。返済期間を終えても車両は自分の所有にならないが、残価を除いた金額だけを返済するため、月々の返済額を安く抑えられる。

 そして返済期間を終えた時には、

1.車両の返却
2.買い取り
3.再びローンを組み直して所有権が得られるまで返済を続ける

 上記3パターンを選べることが多い(再ローンができない場合もあるので要注意)。

設定された『残価』以外の部分を月々に支払うのが残価設定型だ。【画像/トヨタファイナンスHPより】

 なお金利は車両価格のすべてにかかる。債務として負担するのが全額になるからだ。この理屈は残価設定ローンの成り立ちを考えると理解しやすい。

 例えば6年間で車両価格のすべてを返済するフルローンを組んだとする。車両価格の全額を返済するから、当然に金利は車両価格のすべてにかかる。

 そして3年を経過したところで、新車に乗り換えることにした。使ってきた車両の査定を受けると、査定額とローンの残存債務がちょうど同額になっている。

 そこで車両を返却して残存債務と相殺させ、新車に乗り替える。このプロセスをローンの一種として確立させたのが残価設定だ。従って金利は車両価格全体にかかる。

同じ『残価設定型』でも金利は違う!!

 残価設定ローンの仕組みはどれも基本的に同じだが、金利はメーカーや販売会社で異なる。時期によっても変動するから一概にはいえないが、車を大量に売りたい決算期などが近づくと、人気車には年率1.9%、2.9%といった低金利を適用することが多い。

 注意したいのはフルローンとの金利の違いだ。残価設定ローンは2.9%の低金利なのに、フルローンは7〜8%の標準金利というケースがある。

スズキの残価設定型クレジット「かえるプラン」では、36回払いの場合の金利はスイフトなど登録車が2.9%、ワゴンRなど軽自動車は3.9%と異なる。同じメーカーですら車種ごとに金利は異なるのだ

 そして低金利は、残価設定ローンの期間中だけに適用され、返済期間満了後に再びローンを組んで返済を続けようとすると、標準金利になってしまう。

 このパターンでは、元金は減っても金利が上昇するため、ローンを組み直した後の方が月々の返済額が高くなることがある。

 数年を経た車を所有しながら、返済額が増えたのでは損をした気分になるから、その車両は返却して改めて新車で残価設定ローンを組むユーザーが多い。メーカーや販売会社が残価設定ローンに力を入れる理由も、まさにこの点にある。

 3〜5年後の返済期間が満了した段階で車両を返却してもらい、新車で改めて残価設定ローンを組んでもらえれば、新車が売れて素性のわかった良質な下取り車も手に入る。これはオイシイ話だ。

残価設定型で得なのは『低金利』で『高残価』な車

 残価設定ローンを利用する時のコツは、中古車として販売しやすいリセールバリューの高い車種とグレードを選ぶこと。ボディカラーも人気色にする。そうすれば残価設定ローンの残価率(新車価格に占める残価の割合)が高くなり、月々の返済額を抑えやすい。

 例えば新車価格が200万円で、3年後の残価率が50%であれば、単純にいうと3年間で100万円を返済する。しかし3年後の残価率が40%に下がると、60%に相当する120万円を返済せねばならない。月々の返済額も単純にいえば20%増額されてしまう。

 つまり「低金利と高残価」が残価設定ローンの決め手だ。現金で購入して廃車にするまで使うなら、好きな車種を選べばいいが残価設定ローンは違う。「低金利と高残価」に合う車を選びたい。

 メーカーや販売会社のホームページには「特別低金利」などと銘打って特定の車種を紹介していることがある。その多くは大量に売れる人気車だから、残価率も高く「低金利と高残価」に当てはまる

このように、登場直後のフリードなどは低金利の残価設定型が用意されている。【画像/ホンダ公式HPより】

C-HRで検証!! 残価設定型と通常ローンはどっちがお得!?

 そこで残価設定ローンとフルローンでは、月々の支払い額がどの程度変わるのかを算出してみたい。

試算車はC-HRの『ハイブリッドG』

 首都圏のカローラ店の場合、2017年8月の時点でトヨタC-HRハイブリッドG(290万5200円)を36回の均等払いで見積りすると、残価設定ローンの金利は、実質年率5.9%で初回の返済額は5万6660円だ。残りは5万6400円を34回で、最終回支払い額(3年後の残価)は153万9756円になる。

 税込み価格ベースでも3年後の残価率が53%だから、C-HRはかなりの高残価といえるだろう。月々の返済額を抑えやすい。車両を返却する場合は最終回支払い額を除くため、返済総額は197万4260円だ。

 いっぽう、通常のフルローンは金利が実質年率7.8%に高まる。残価設定ローンのような優遇はない。初回の返済額は9万8392円、2回目以降は9万6800円を35回返済する。総額は348万6392円だ。

 つまり月々の返済額はフルローンだと9万6800円だが、残価設定を使えば5万6400円に抑えられる。比率に換算すれば58%に収まる。

【表】C-HR ハイブリッド Gの試算例。※は残価。36回払いの後『車両の返却』を選んだ場合、この金額は下取り額に充当されるため、残りの債務はゼロになるケースが多い。①は車両を返却する場合の支払総額で残価を除いた額。②は残価分を一括で支払い買い取った場合の総額

 残価設定ローンが適しているのは、預金を降ろしたりせずに、人気の高い新型車を乗り続けたいユーザーだ。高残価の車が好みに合う人に向いている。

 ただし残価設定ローンを使い続けると、先のC-HRハイブリッドGの場合で、常に月々5万6400円の返済を続けていく。単純に10年分なら676万8000円だ。290万5200円を現金で購入して10年間にわたり廃車にするまで使うのと、どちらが魅力なのか。そこも考えたい。

『ここは要注意!!』残価設定型のリスク

 また残価設定ローンは月々の返済額が少ないため、常に多額の債務を抱える。車両保険の加入は必須条件だ。

 それでも契約から2年程度を経て、自損事故で廃車にすると面倒なことになる。車両保険金額は2年を経ると新車時に比べて下がるが、そこに債務の返済が追い付かないため、車両保険金額を全額ローンの返済に充当しても残債ができてしまう。

 このほか返済期間が満了した時に大きなキズがあったり、規定の走行距離(1ヵ月当たり1000kmが多い)を超えると、1km当たり5〜10円くらいで精算金額が加算されるので注意したい。従って残価設定ローンを利用するなら、走行距離も含めて、車両を借りている感覚で大切に使うことが求められる。

スバルが残価設定型ユーザー向けに用意している補償サービス『安心プロテクト3』。車を損傷した場合、見込んでいた残価が減り、ユーザー負担が増えることが残価設定型のネック。そのリスク回避を狙った商品だ

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ