【ロードスター、WRX S4…】月販3ケタ以下!! 売れてないけどいい車 2017秋編


 売れていなくてもいい車はたくさんある! そう信じ続けて何度も紹介企画をお届けしている当サイト。

 そろそろ最新版をお届けすべく、今回(2017年秋板)は車種セレクトからジャーナリストの渡辺陽一郎氏にお願いしました。

 売れてないと、(売れている車に比べて)メディアへの露出も減るし、ディーラーの店頭や横断幕で目にする機会も減ってきます。宣伝素材に使われる機械も減り、地味な車はどんどん地味に。

 しかしそれでもいい車はいい! 乗ればわかる! 知ればわかる! そう信じて、最新版をお届けします!

※なお本企画では2017年8月の月販台数が1000台以下(3ケタ)の車種を集めました。この月の車種別販売台数1位はホンダN-BOXで9810台、2位は日産ノートで9681台、3位トヨタアクアで8174台となっております。

文:渡辺陽一郎 写真:池之平昌信、MAZDA、TOYOTA、SUBARU、MITSUBISHI


■「売れない車」にも理由があるものとないものがある

 クルマが好調に売れていた20世紀には、1か月の平均販売台数が3桁以下(1000台未満)になったら、いつ生産を終えても不思議はないといわれた。

 ところが今は日本で売られる乗用車の半数以上が1000台未満になる。特にセダンは大半の車種が海外向けに開発された3ナンバー車で、商品の全般的な特徴も日本のユーザーから離れて売れ行きを下げた。

 その結果、販売台数が4桁に達する車種の多くは5ナンバー車で、カテゴリーは軽自動車/コンパクトカー/一部の3ナンバー車を含めたミニバン&SUVとなる。

 日本のユーザーの共感が得られるクルマを選ぶと、必然的に上記のカテゴリーに落ち着くのだ。日本車の多くが日本のユーザーから離れた結果、車種ごとの売れ行きも二極分化した。

注意したいのは、販売台数が3桁以下の車種には2つのタイプがあること。ひとつは前述のように海外向けで、本質的に日本では選びにくいクルマだ。

 2つ目は日本の道路環境などを視野に入れて開発されながら、商品の性格が絞り込まれ、販売台数を伸ばせないタイプになる。この典型がスポーティモデルだろう。

 2つ目については、売れ行きは少ないが、熱烈なファンが多く少数でも着実に売れている。この3桁モデルを5車種挙げたい。

■マツダ ロードスター 2017年8月販売台数 415台

ロードスター

 まず運転の楽しいスポーティモデルにはマツダロードスターがある。全長を4m以下に抑えた2人乗りのスポーツカーで、駆動方式は後輪駆動だ。

 そのために前後輪の重量配分が優れ、操舵感は適度に機敏で軽快に曲がる。後輪駆動だからアクセル操作によって車両の挙動をコントロールする楽しさも併せ持つ。

 さらにオープンモデルだから、ありふれた街中の移動でも爽快な運転の楽しさを満喫できる。日常生活の中でも魅力を味わえる実用的なスポーツカーだ。

 ソフトトップは1.5Lエンジンを搭載して、車両重量はスポーツ指向の装備を充実させたRSでも1020kgに収まり、軽快な走りに磨きを掛けた。

 RFは電動開閉式のハードトップを装着して2Lエンジンを搭載。ボディ剛性が高まって快適性も優れ、長距離を移動する用途にも適する。ロードスターはスポーツカーでありながら多用途性が魅力となる。

次ページは : ■スバル WRX S4 2017年8月販売台数 389台

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ