年末年始の渋滞減った!? 10年で3割以上減少のエリアも 渋滞予報士が解説

 年末年始の風物詩といえば、長〜い渋滞。今年もTVの画面に“お決まり”の車列が映し出され、あるいは実際に、その渋滞に突入し、年末年始を実感した方もいるだろう。

 いっぽうで「最近、渋滞減ったよね」と語るのは、毎年東名高速を使って東京から静岡県内の実家へ帰省するという50代の男性だ。筆者のまわりでも、「体感として年末年始の渋滞が減った」という声は、ここ数年で確実に増えている。実際はどうなのか? 渋滞予報士に聞いた。

文:ベストカーWeb編集部/写真提供:NEXCO中日本


10km以上の渋滞発生回数は10年前から3割減

【図1】出典:NEXCO中日本年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【中日本版】より。
【図1】出典:NEXCO中日本年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【中日本版】より作成。NEXCO中日本は東名、名神、中央道、東名阪、北陸道等を管轄

  【図1】は、東名高速道路などを管轄するNEXCO中日本が公表したデータだ。2017年の実績を見ると、10km以上の渋滞回数は65回。いっぽう10年前、2007年の渋滞回数は10km以上で98回。10km以上の渋滞は、ここ10年で3割以上も減少していた。

 なぜ、渋滞は減ったのか? その理由を探るべくNEXCO中日本で高速道路ドライブアドバイザーを務める花房秀樹氏に取材。ドライブアドバイザーは、高速道路の渋滞予測を一手に担う、いわば渋滞予報士だ。同氏によると、意外なことに「交通量そのものは10年前とほぼ変わっていない」という。

交通量ほぼ不変でも渋滞が減った理由

NEXCO中日本 高速道路ドライブアドバイザーの花房秀樹氏
NEXCO中日本 高速道路ドライブアドバイザーの花房秀樹氏

 NEXCO中日本管内でも最も交通量の多い東名高速の渋滞について、花房氏は次のように分析する。

 「たしかに、ここ10年でみると東名の渋滞は減っています。これは、東名の交通量が新東名に移行したことによるものです。ただ、実は東名と新東名を合わせた交通量は、東名しかなかった以前の交通量よりも増えています」

 現在の新東名は静岡県の御殿場JCTが東端。東名と新東名のダブルネットワークとなっている御殿場~名古屋間では10年間で渋滞が減少したという。いっぽう、新東名が未開通の海老名~東京間の交通量は横ばいで推移していると花房氏は解説する。

 東名以外の主要高速道路はどうか? 花房氏は「ここ10年で渋滞が大きく減ったわけではありません」という。ちなみに、NEXCO中日本管内の年末年始最長渋滞ワースト3(【図2】)は、東名がほぼ独占。つまり、東名の渋滞が緩和したことで、全体の交通「量」は、変わっていないにも関わらず、主要高速道路全体の渋滞「回数」は減ったというわけだ。

 それだけではない。実は年末年始の渋滞における「混み方」も、ここ5年ほどで変わっていた。 

出典:
【図2】NEXCO中日本管内で発生した最長渋滞のワースト3。上りは大和TNが1-3位だ。出典:NEXCO中日本年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【中日本版】

首都圏の渋滞、年始でも「下り」が混み始めた理由

 年が明けた1月2日の午前中。筆者は車で東名の東京ICから下り方面に向かった。首都圏の高速道路の「上り」は、年始に渋滞が集中するはず。ところが、いざ東名を走り始めると、よもやの大渋滞。なぜ、年始に「下り」が混んだのか? これは、直近5年ほど前から見られるようになった傾向だと、花房氏は解説する。

 「たしかに、従来まで“下りは年末の29〜30日、上りは年始の2日”が渋滞集中日でした。でも、1月2日は、今や上り下りどちらも渋滞するようになってきたんですね。ここ5年間ほどで見られるようになった傾向です」

 「なぜ年始に下りも渋滞するのか? これは名古屋などに帰る長距離利用者に加えて、圏央道が繋がり、利便性が向上したことで、“埼玉から富士山を見に御殿場へ”といった短距離利用者が増加したことが大きいでしょう」

 こうして首都圏、特に東名では「年始に下りも混む」が、年末年始渋滞の新傾向として定着しつつある。

年末年始渋滞は今後変わるのか?

現在の東名・大和トンネル。片側3車線で運用するが、渋滞のメッカとなっている
現在の東名・大和トンネル。片側3車線で運用するが、渋滞のメッカとなっている

 では今後、年末年始の渋滞を解消する特効薬はあるのか? 「渋滞は、大和トンネルを先頭に……」というフレーズでおなじみ、全国有数の渋滞名所、東名の大和トンネル(神奈川県大和市)は、2020年までに片側4車線化(従来は3車線)される予定もある。これが渋滞解消へどこまで効果を持つものなのか? 花房氏の解説は次のとおり。

 「大和トンネル付近は約5kmに渡って、上下線に付加車線を設けます。これによって(各車線ごとの)交通量が分散するでしょう」

 「(過去に)海老名JCTのランプ部を2車線化した際も、外回りでは渋滞が解消し、内回りでも渋滞が半減した例があります。ですので、大和トンネルでも、渋滞緩和がある程度見込めると判断しています」

 さらに、車線追加の効果次第で「付加車線をさらに伸ばすという議論もあるでしょう」という。

 年末年始の渋滞という風物詩は今後も変わらず存在するだろう。ただし「日本一の渋滞名所」の景色は、3年後には少し変わっているかもしれない。

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ