スバル 赤帽サンバーの秘密 自社生産やめても「特別」


 サンバーは、かつて「農道のポルシェ」という異名をとったスバル伝統の軽トラック/バン。

 エンジンを荷室の床下に搭載するなど、他社の軽トラにはない独自の設計は高く評価されてきた。なかでも“配送のプロ”御用達の特別なモデルが、赤帽専用サンバーだ。

 そのサンバーに転機が訪れたのは2012年のこと。スバルは軽自動車の自社生産から撤退し、以降サンバーは、ダイハツ製となった。

 しかし、ダイハツのOEMとなったサンバーにも、スバルは赤帽仕様を設定。“新生”赤帽専用サンバーは、今なおプロの仕事を支えるための「特別さ」を持っている。

文:片岡英明/写真:SUBARU


「専用のこだわり随所に」赤帽サンバーの歴史

2011年まで生産が続けられたスバル製の赤帽専用サンバー
2012年まで生産が続けられたスバル製の赤帽専用サンバー

 軽くサンバー赤帽仕様の歴史についておさらいしておこう。

 サンバーに赤帽仕様が誕生したのは、小口配送や引越しなどに活躍している赤帽の組合員から「タフで使い勝手のいい軽トラックを出して欲しい」という要望が出されたからである。

 最初は他のサンバーと大きくは違わなかった。だが、少しずつ赤帽組合員から寄せられた要望を受け入れ、採用している。

 長時間の運転が多いため、シートを専用に設計し、ルームランプも明るいものに変更した。また、高速走行の機会も多いので、バンパーもエアダム一体型の空力性能に優れたものを装着している。

 大きく違うのはパワートレーンだ。赤いヘッドカバーの専用エンジンで、バルブなどを強化し、プラグも高価な白金プラグを奢った。フリクションを徹底的に減らし、実用燃費をよくするとともに、耐久信頼性も高めている。

 使う期間が長いし、走行距離も伸びるトラックだから、20万kmの走行までは定期的な整備だけで堪えられるようにスペシャルパーツを組み込んだ。

 当然、パーツの品番は違っており、20万kmまではオーバーホールしないでも済むように設計されている。最初のうちはパーツの写真撮影も許可しないなど、門外不出の秘密のエンジンだったのだ。

 また、積載量が多いからブレーキも強化タイプだ。フロントにはベンチレーテッドディスクを採用し、ハンドブレーキも仮眠しやすいように収納式とした。

 この赤帽仕様の開発を通して、スバルは耐久信頼性を磨いたのだ。赤帽仕様からフィードバックされ、他の量産車に採用されたパーツも少なくない。

30年続いた自社製からダイハツ製の“赤帽スペシャル”に

パネルバン ハイルーフ仕様の赤帽専用サンバー(現行型)
パネルバン ハイルーフ仕様の赤帽専用サンバー(現行型)

 サンバーの赤帽専用モデルは、軽自動車の排気量が550cc上限だった1980年代に誕生した。国土交通省の型式指定を取った車両で、いろいろなところに改良を加え、強化パーツも積極的に組み込んだ。

 だが、スバル製のサンバーは2012年2月をもって生産を終えた。そこで2012年4月に7代目のダイハツ ハイゼットをベースにした赤帽仕様が誕生している。

 バリエーションは2種類のトラック、そしてパネルバンと4人乗りのバンを設定した。すべてハイルーフ仕様で、トラックはハイルーフとオープンバンがある。

 オープンバンは構造等変更車のため、持ち込み登録とした。2WDとセレクティブAWDがあり、2WDには3速ATもあるが、AWDは5速MTだけの設定だ。

 現行の8代目サンバーは2014年秋に登場し、赤帽専用モデルも送り出されている。こちらもトラックとパネルバン、4人乗りのバンを設定した。

 主役のトラックは、ハイルーフとオープンバンがあり、後者は構造等変更車で持ち込み登録となる。カマチを取り外すことができるから、背の高い荷物も無理なく積み込むことが可能だ。いずれも先代と同じようにハイルーフ仕様である。

 バンには引き続きスマートアシストが用意された。最新モデルは歩行者も認識する最新のスマートアシストⅢに進化している。

次ページは : 最新の赤帽サンバーも変わらぬ“専用設計”

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ