いつかは乗りたい!? 乗せられたい!? 日本最高級車の系譜


 2018年6月22日、日本を代表する最高級セダン、トヨタ センチュリーが21年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い、通算3代目となる新型が発売された。センチュリーは1967年に初代を発売。以降、“日本で最も高価な乗用車”だった時代もあったほか、御料車としても重用され、名実ともにニッポンの最高級車として君臨してきた。近年では1000万円超の国産車も増えた。だが、日本の最高級セダンが歩んできた歴史を振り返ると、センチュリー独自の存在意義が見えてくる。

文:片岡英明
写真:編集部、TOYOTA、NISSAN


トヨタ、プリンス、日産が鎬を削った勃興期

クラウンエイト
クラウンエイト(1964-1967)/全長×全幅×全高:4720×1845×1460mm、価格:165万円(1965年当時)

 日本は欧米より50年ほどモータリゼーションの発達が遅かった。幕開けは1955年で、この年にトヨタは中型乗用車のクラウンを発売している。

 富裕層のクルマ好きが運転する高級セダンだったが、公用車では後席に貴賓を乗せるショーファーカーとしても使われた。

 1957年にスカイラインを発売したプリンス自動車は、1959年4月にその上に位置するグロリアを発売している。

 日産も60年春にセドリックを発表し、高級車競争に加わった。

 6気筒エンジンを積む上質な走りのプレステージセダンが誕生するのは1963年だ。

 2月に日産は、2.8Lの直列6気筒OHVエンジンを積み、ホイールベースを145mmも延ばしたセドリック・スペシャルを送り出している。これは後席に座るVIPのためのプレステージセダンだ。

 同じ時期にプリンスは、2代目のグロリアに2Lの直列6気筒SOHCエンジンを搭載。これ以降、公用車だけでなく、大会社の役員や中小企業の社長も6気筒エンジンのプレステージセダンに乗り換えている。

 トヨタは1964年4月には2代目クラウンに、ワイドボディのクラウンエイトを追加した。これはクラウンの全幅を1845mmまで広げ、日本初のV型8気筒OHV(2.6L)エンジンを搭載したVIP向けの高級セダンだ。

 5月にはプリンス自動車も3ナンバー車のグランド・グロリアを発売に移している。エンジンは2.5LのG11型直列6気筒SOHCだ。上質なマホガニー化粧合板や西陣織の高級クロスを用い、パワーアンテナとパワーウインドウも標準装備する。パワーシートやオートライト、ティンティッドガラス、エアコンなどはオプション設定だ。

御料車もあったプレジデントの誕生

初代プレジデント(1965-1990)/全長×全幅×全高:5045×1795×1460mm。
初代プレジデント(1965-1973)/全長×全幅×全高:5045×1795×1460mm、価格:300万円(1965年当時)

 1960年代の後半になると、高度成長に後押しされ、日本にも欧米のように後席の快適性を最優先したVIPカーの時代が訪れた。

 欧米のリムジンと肩を並べる正統派のVIPカー第1号は、1965年10月に登場した日産のプレジデントだ。

 それまでの日本車にはなかった風格を漂わせ、ボディサイズもひと回り大きい。フラッグシップは4LのV型8気筒OHVを積み、パワーステアリングも標準装備した。

 この時期、プリンス自動車は日本の自動車メーカーとして初めて御料車の設計を手掛けていた。日産に吸収されたため、御料車はニッサン・プリンス・ロイヤルを名乗っている。ロールスロイスやベンツのリムジンと肩を並べる超高級車だが、これは皇室のために開発され、市販されていない。

次ページは : 50年前に誕生した初代センチュリー