【かつての帝王】日産エルグランドはなぜアルファードになれなかったのか

 なぜ、ここまで大差がついてしまったのだろうか—–。

 2018年のトヨタアルファードの販売台数は年間5万8800台、ヴェルファイアは4万3130台。いっぽうの日産エルグランドは7313台と、大きな差が開いている。

 また、アルファードは2015年にモデルチェンジを行ったが、エルグランドは2010年登場のモデルのまますでに9年目に突入し、商品として、熟成を通り越して腐りかけている。なぜエルグランドはアルファードになれなかったのか、元自動車メーカーのエンジニアであった筆者がその理由について考察する。
文:吉川賢一


■エルグランドの持ち味とはなんだったのか?

 1997年に登場した初代エルグランドは、「大人数を乗せて快適に移動する空間」というコンセプトがヒットし、飛ぶように売れた。

 乗員や荷物をたっぷりと荷室に積んでも、しっかりとトラクションが得られるよう、後輪駆動もしくは4WDとした点も、当時の評論家やクルマ好きから好評だった(もともとアルファードは、この初代エルグランドのヒットを見て2002年に登場したクルマであり、むしろ「アルファードのほうがエルグランドになりたかった」という背景がある)。

初代は「キャラバンエルグランド」もしくは「ホーミーエルグランド」という名前だった。1999年にマイナーチェンジを実施し、車名を「エルグランド」に統一(写真)。販売期間は1997~2002年

 2002年に2代目へとモデルチェンジ、FRと4WDは踏襲し、リアにはスカイラインやフーガにも採用した高性能なマルチリンク式サスペンションを採用、リア入力時の乗心地とリアスタビリティを高次元で両立し、「走り」へのこだわりをキープコンセプトして貫いていた。

2代目エルグランドは2002~2010年に販売

 2010年に3代目へとモデルチェンジを行ったエルグランドは、これまで成功してきた「走りのミニバン」路線を極めるため、全高を1910mm(E51型)から1815mm(E52型)へと大きく下げ、低重心を狙ったスタイルへとなった。

 ここで歴代エルグランドのサイズを振り返ってみると、モデルチェンジごとに全長と全幅が広げられ、全高が下がっていることがわかる。

・初代エルグランド(E50)  全長4775×全幅1775×全高1955mm
・2代目エルグランド(E51) 全長4835×全幅1815×全高1910mm
・3代目エルグランド(E52) 全長4915×全幅1850×全高1815mm
(なおアルファードの全高は初代が1935mm、2代目が1915mm、3代目が1950mm)

 2代目アルファードの全高は1915mm(3代目アルファードは1950mm)であるから、アルファードと比べると明らかに低く見えた。これが、「エルグランドの悪夢の始まり」だったと筆者は考えている。 

2010年にデビューした3代目(現行型)エルグランド。現在までマイチェンや一部改良を重ねて、販売を続けている。すでに9年が経過しているが、新型(次期型)開発の情報は入ってきていない

■日産がエルグランドに課した「あやまち」

 このように、日産は「顧客から走りを求められている」と考え、走行性能に徹底的にこだわった。そして、その狙いどおりにできあがったエルグランドは、「走り【は】よかった」と、試乗したドライバーから言われるクルマとなった。当時、日産の開発部門にいた筆者も、「ミニバンの中では抜きん出たハンドリング性能と乗り心地を合わせ持つ一台だ」と感じていた。しかし、その「走り」と引き換えに、3代目エルグランドは、大切な「ミニバンとしての魅力」を削がれてしまったのだ。

「ミニバンの長所」とは、言うまでもなく大人数が乗れたり、頭上やひざ回りの空間が広かったり、収納スペースが大きかったり……。そしておそらく、この類のミニバンを求めるユーザーにとっては、「視界の高さからくる優越感」や「ボディのボリューム感」が大切なポイントであろう。

 エルグランドの場合、低床化をしたことで室内スペースは広く感じるのだが、この「視界の高さ」や「ボリューム」を感じにくい。「背が高い」というと、走りを好むユーザーからは否定的な意見が出るかもしれないが、そもそも走りを求めないユーザーや、ドライバー以外の乗員のことを考えると、代を重ねるごとにエルグランドの背が低くなってゆくことが、決定的な敗因となりえたと筆者は考える。

■まとめ

 そして今も日産は、それにこだわっている。2019年に入ってから、日産は「エルグランド」のテレビCMを放映始めた。近藤真彦氏を用いて、峠道をハイペースで走るエルグランドの映像は、いかにも「走りのミニバン」をアピールしたものだ。

 もちろん、「背が低かったこと」だけがエルグランドの敗因ではないだろう。

 トヨタ販売網の圧倒的な強さがアルファード/ヴェルファイアを後押ししたことは事実だし、それにエルグランドの潜在ユーザーが流れていったという側面もあるかもしれない(編集部注/ハイブリッド仕様を用意できなかったことや、派手顔に振り切れなかったところも原因としてあるだろう)。

 しかし最大の要因は、「走りへの強いこだわり」が仇となったと筆者はみている。

「走り」は、NISMOやオーテックのようなカスタマイズカーで実現する方向でよかったかもしれない。もし今から4代目のエルグランドの姿を考えるなら、初代エルグランドを彷彿させる「背高のミニバン」を目指すべきだと、筆者は考える。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ