新型インプレッサはキープコンセプトな外観を持つ! 先代からデザインの評価はイケてたのか?~デザイン水かけ論~

 新型インプレッサのデザインは、先代の路線を継承しつつ発展させた、いわばキープコンセプト。

 メイン写真のとおり先代モデル(手前)と並べてくらべると精悍さが増しているのが分かるが、基本デザインは本当によく似ている。

 ならばここはひとつ、そもそも先代モデルの評価はどうだったのか、プロの採点を振り返ってみよう。

 元日産自動車のチーフデザイナーだった故・前澤義雄氏と清水草一による水かけ対談、さてその評価は噛み合った?

 ベストカー 2012年2月26日号
「デザイン水かけ論」


3代目フォレスターのような完成度には至っていない

 清水「今回の本題はインプレッサです。以前はプロトタイプを一緒にショールームの中で見ましたけど、自然光の下でのインプはどうでしたか」

 前澤「ま、一般のレベルになったな、というだ」

 清水「それは、デザイン音痴のあのスバルがついに、という意味ですか?」

先代インプレッサスポーツ。セダンのG4とフロント周りの意匠はほぼ共通だが、グリル周りは若干異なる
先代インプレッサスポーツ。G4とフロント周りの意匠はほぼ共通。グリル周りは若干異なる  

 前澤「違う。スバルはフォレスターやR1、R2のようなデザインも生んでいる。インプレッサがようやく、という意味だ」

 清水「R1、R2はともかく、またフォレスターかぁ。そんなにいいですかね」

 前澤「フォレスターは悪くない。というより、国産にはほかにないんだ。で、インプレッサのセダン」

 清水「G4ですね」

 前澤「デザインのレベルは以前より上がったが、インプレッサたる個性がない」

リアはルーフを絞り込んでスポーティなイメージを強調しているが、前澤さんはリアピラーが気になるようで……
リアはルーフを絞り込みスポーティさを強調するが、前澤さんはリアピラーが気になるようで……  

 清水「というか、4代目レガシィの復活、って感じでしょう。たたずまいはまさにあの延長線上にあるし、サイズもほぼ同じだし」

 前澤「確かに車格は上がっている。しかしインプレッサの個性は薄まった」

 清水「僕はインプの個性云々より、これは4代目レガシィのモデルチェンジだって捉えてるんですよ。5代目のレガシィはもっと大型のブランニューモデルだから、インプレッサこそレガシィの正統な後継車に思える。でも4代目インプは、4代目レガシィと比べると、デザインレベルで負けてる。そこが問題では」

 前澤「……どっこいどっこい」

 清水「いや、どう見ても4代目レガシィのほうが美しかった!」

 前澤「(聞いてない)次にハッチバックだが、プロポーションは面白いが、リアピラーがバランスを崩している」

 清水「え? そうかなあ」

本文でも車格が大きくなったことが話題となっているが、先代G4の全長×全幅は4580×1740㎜。ちなみに新型では4625×1775㎜とさらに拡大した
本文でも車格が大きくなったことが話題となっているが、先代G4の全長×全幅は4580×1740㎜。ちなみに新型では4625×1775㎜とさらに拡大した  

 前澤「あのリアピラーにはまったく存在感がない。5ドア車にとって非常に重要なところなのに、実に希薄だ」

 清水「……まあ、希薄といわれれば。でも欠点にも見えないですけど」

 前澤「真後ろはともかく、斜め後ろから見るとダメ」

 清水「まるで理解できません。僕の結論としては、ハッチバックも悪くないけど、セダン同様、フォルムやボディの面が、どっか未熟に見えるんですよ。そこそこいいけど、いまひとつ磨き込みが足りない」

 前澤「悪くはない。普通のレベルにはなっている。しかしもうちょっとだ。フォレスターみたいな完成度には至っていない」

シャープなラインで構成されており、スタイリッシュセダンの風格だ
シャープなラインで構成されており、スタイリッシュセダンの風格だ  

 清水「フォレスター云々を除けば、だいたい同意見ですかね」

 前澤「……(無言)」

 清水「国産車にも、手放しで絶賛できるくらいのクルマが出てきませんかねぇ」

 前澤「俺のなかでは、アクアの評価が高まっている」

 清水「え、ホント?」

 前澤「写真を見る限りでは。トヨタにしては秀作だ。破綻がない」

 清水「破綻がないのより、華のあるデザインが欲しいですよ」

 前澤「問題はボディカラーだ。単純な黄色だのオレンジだの、子供用の色ばかり。どうしてなのか」

 清水「そこが一番の華じゃないですか!」

前澤義雄の採点…74点

 セダンは個性が足りないし、HBはリアピラーがイマ一歩だな

 4代目インプレッサが発売。2011年夏内示のプロトタイプ段階からすっかり完成度を高めての姿は、ナカナカのもの。

 先代までのインプレッサ特有の存在感の弱さが消え、そう言っちゃあなんだが一人前のミドルクラスセダンの風格が備わったって塩梅だ。

 だが、そうなると欲が出てくる。なんでもっとスポーティなインプレッサとしての個性を出せなかったんだ、と、言いたい。

impreza-093
前澤さんはグリルの大きさに着目  

 セダンと5ドア共通では、フロントの構えがナミすぎる。ヘッドランプは悪くない。だがグリルがレガシィみたいにデカく、また目立たせようとしているのが逆にフツーっぽい感じだ。

 例えばフードパネルに立体的な勢いを見せ、その先に引き締まった小振りのグリルを配して精悍にするとか。

 また、プロポーションとしてはスポーティな5ドアだが、ハッチバックで重要なリアピラーが、ナゼかバランスを考えずに描かれたサイドウィンドウの後端によって哀れなカッコとなり、スポーティさやプロポーションのシッカリ感を大きく損なってる。

 チョットした後方視界だの乗降性だのよりもはるかに大事な商品要素があると思うんだがなあ。

清水草一の採点…78点

 スバルのデザイン力なら「まぁまぁ」じゃ満足できない!

 最近、前澤さんがやたら「フォレスターには及ばない」とか「フォレスターには負ける」みたいな表現を使うから、前澤さんがそんなにフォレスターを高く評価してたのかどうか、バックナンバーを見てみたんだ。

 そしたら点数は「77」。そんなに高くないんだよね。前澤さんの場合、80点いけば合格レベルだけど、そこまでいってない。

「ほかにない」とはいっても、77点でそこまで誉めるのはいかがなものか?

 そう言ったら、「……ま、79点か80点」と、点数が上がりました。

r1_446
前澤さんがスバル車史上最高の95点を付けたR1  

 でも前澤さん、R1には95点付けてんだよね。フォレスターを80点としても、ものすごい開きがあるんだけどねえ。

 考えてみれば、スバルはR1やR2を生み出したわけで、デザインに関する瞬発力というか潜在力があることは間違いない。だけど実際はバラつきが大きくて、外す時は大きく外すのが伝統だ。

 そんなスバルにあって、新型インプレッサは、文字通り「まあまあ」であり「悪くない」デザインだ。でも、潜在力は発揮できてないよね。数少なくなりつつあるオリジナル車なんだから、持ってる力を思いっきりぶつけてほしかった。もったいない。


 前澤義雄

 1939年生まれ、東京都出身。1965年にプリンス自動車に入社。以後、日産自動車のデザイナーとしてプリメーラ(P10)やフェアレディZ(Z32)などのデザインを手がける。

 同社退社後は、フリーの自動車評論家としてベストカーの「デザイン水掛け論」を中心に活躍。寡黙ながらも深い知見で、はっとする気づきを提示してくれた同連載は、読者にも好評だった。享年75

 清水草一

 1962年生まれ、東京都出身。週刊プレイボーイの編集者を経て、モータージャーナリストとなる。自ら所有するフェラーリや高速道路行政関連にも造詣が深い。

 ベストカーでは「デザイン水掛け論」や、現在も連載中の「エンスー解放戦線」などで活躍中

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ