寒さ本番 冬タイヤは何選ぶ!? 2022最新スタッドレスタイヤ徹底チェック

寒さ本番 冬タイヤは何選ぶ!? 2022最新スタッドレスタイヤ徹底チェック

 いよいよ雪のシーズン。今年の冬はスタッドレスタイヤを新調しよう!! ベストカー編集部による最新スタッドレスタイヤ徹底チェック!!

●今シーズンのスタッドレスタイヤNEWS
・ピレリ…ICE ZERO ASIMMETRICO発売(6月10日発表)
・グッドイヤー…ベクター4シーズンズGen-3発売(7月19日発表)
・ブリヂストン…ブリザックVRX3にSUVサイズ追加(12サイズ)(7月20日発表)
・ミシュラン…I-ICE SNOWに16サイズ追加(8月8日発売)
・ミシュラン…クロスクライメート2にSUVサイズ追加(8月8日発売)


※本稿は2022年11月のものです。実勢価格は編集部の独自調査による
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年12月10日号

【画像ギャラリー】2022~2023 今冬シーズンのスタッドレスタイヤカタログ(15枚)画像ギャラリー

■スタッドレスタイヤのサイズ選びは?

 スタッドレスタイヤのサイズは、基本的にはサマータイヤと同サイズとするのがおススメだ。

いよいよ冬タイヤの準備が必要な時期になってきた。慎重に選びたい
いよいよ冬タイヤの準備が必要な時期になってきた。慎重に選びたい

 タイヤには荷重を受け止める重要な働きがあるため、異なるサイズを装着すると、許容荷重が変わるため注意が必要だ。

朝晩などの冷え込みが厳しくなり、外気温が3℃を下回るようになったら路面凍結の危険性が高まる。スタッドレスタイヤの出番だ
朝晩などの冷え込みが厳しくなり、外気温が3℃を下回るようになったら路面凍結の危険性が高まる。スタッドレスタイヤの出番だ

 必ず「ロードインデックス」で示される許容荷重を確認してサイズ選定しよう。空気圧の設定も、基本的には運転席ドアを開けた車体部に示される数値に設定しよう。

■ブリヂストン ブリザックVRX3

ブリヂストン ブリザックVRX3。さらに進化した発泡ゴムでアイス性能を大幅向上!!
ブリヂストン ブリザックVRX3。さらに進化した発泡ゴムでアイス性能を大幅向上!!

■どんなタイヤだ?

 ブリヂストンのフラッグシップスタッドレスタイヤの『ブリザックVRX3』がデビューしたのは昨シーズン。すでに装着してウインターシーズンを過ごしたというドライバーも多いだろう。

“ブリザック史上最高のアイス性能”を標榜し、より高い氷上性能を実現。そのキーテクノロジーとなっているのが「フレキシブル発泡ゴム」と呼ばれる最新発泡ゴム。水路の形状が楕円形状になるよう工夫されたことで、毛細管現象による高い吸水性能を発揮。効果的に氷上の水膜を除去することで、高い氷上グリップを発揮する。

東京小平の開発センターに隣接したテストコースでは突起路面なども設定されており、臨機応変な開発、テストが可能となった
東京小平の開発センターに隣接したテストコースでは突起路面なども設定されており、臨機応変な開発、テストが可能となった

 また、新開発されたトレッドパターンにより、接地圧の均一性を高め、氷雪路での高いグリップに加え、耐摩耗性能を高めているのも特徴的だ。VRX2に対し氷上制動性能を20%向上させたというから、その性能の高さは驚きだ。またライフ性能を17%高めているという。

左右非対称トレッドパターンを採用。ブロック剛性を高め、変形を抑えることなどで安定した接地を確保。これにより高い氷上グリップを発揮
左右非対称トレッドパターンを採用。ブロック剛性を高め、変形を抑えることなどで安定した接地を確保。これにより高い氷上グリップを発揮

 このブリザックVRX3に今シーズン、新たにSUVに向けた12サイズが加わった。

 ブリザックのSUV向けといえば『DM-V3』があるが、こちらはより本格的なクロスカントリー的なシチュエーションにマッチした特性で、例えば山間部の深雪などでの性能を重視している。

 SUVの多くは都市部で使われることも多く、そうしたユーザーにはミラーバーンでの制動性能に優れるVRX3がよりおススメだ。

 ハリアーやCX-60、エクストレイルなどに加え、新型クラウンクロスオーバーなどに対応したサイズもラインナップしているので、SUV、クロスオーバー車もブリザックVRX3が今冬のスタッドレスタイヤの選択肢に入ってくるだろう。

■乗ってどうだ?

 今回新たに加わったSUVサイズをドライ路、スケートリンクの氷上路面で試すことができた。試乗車はヤリスクロスとアウディQ5。

 ドライ路では、乗用車用サイズでも実感していたカッチリした操舵感が感じられた。スタッドレスタイヤにありがちな腰砕け感がない。

 今回は小平にあるブリヂストンの開発センターに併設するテストコースでの試乗もできたことで、意図的な急ハンドルなどでの応答性も確認したが、操舵に対する追従遅れなどはなく、安心感の高い舗装路性能を確認できた。

 都内一般道での試乗もしたが、特にスタッドレスタイヤであることを意識させない自然な操舵感、乗り心地、そして抑えられた高周波のパターンノイズが印象的だった。

アイススケートリンクは氷温を比較的高めに設定し、薄い水膜ができている状態。最も滑りやすい路面だが、しっかりとグリップ力を発揮した
アイススケートリンクは氷温を比較的高めに設定し、薄い水膜ができている状態。最も滑りやすい路面だが、しっかりとグリップ力を発揮した

 またアイス路では車重の重いSUVでもトレッド面の変形などを抑える設計により、しっかりとした接地面が確保されているのだろう。“びたー”と氷上面に粘りつくようなグリップ感があり、滑り出しも穏やかでわかりやすいので余裕を持った運転ができることを確認した。

●ブリヂストン ブリザックVRX3 サイズラインナップ
・135/80R12~225/45R21(全127サイズ)
・実勢価格:1万7500円(195/65R15)

次ページは : ■ヨコハマタイヤ アイスガード7

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!