ホンダ フィット マイナーチェンジでRS追加もMTはなし?? ヤリス追撃なるか

ホンダ フィット マイナーチェンジでRS追加もMTはなし?? ヤリス追撃なるか

 2022年10月7日、ホンダ フィットがマイナーチェンジを果たし、それに合わせて待望のRSが追加となった。その魅力に自動車評論家山本シンヤが迫る。

●ホンダ フィット マイナーチェンジのPOINT
・新グレード「RS」を追加。まずは、e:HEVから
・ガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに変更。力強さと俊敏性が増した
・e:HEVの駆動モーターが14psプラスされ、123psへとパワーアップ
・HOMEなどノーマル系のフロントマスクの形がすっきりした印象に変更


※本稿は2022年11月のものです
文/山本シンヤ、写真/HONDA、ベストカー編集部 ほか、撮影/森山良雄
初出:『ベストカー』2022年12月10日号

【画像ギャラリー】気になるデザインはどう変わった? 新しいホンダ フィットをギャラリーで見る(25枚)画像ギャラリー

■走りの質にこだわった「RS」新登場

ホンダ フィットRS。今回は新設定のRS e:HEVの走りをメインに、山本氏にレポートしてもらう
ホンダ フィットRS。今回は新設定のRS e:HEVの走りをメインに、山本氏にレポートしてもらう

 現行、4代目フィットは「心地よさ」というプラスαの価値に注力して開発。しかし、同時期登場のヤリスに対して販売面で苦戦を強いられている。

 その理由は何か? 筆者は心地よさにこだわりすぎて歴代フィットの「元気」や「活発」といったコンパクトハッチの旨みが薄れてしまったことだと分析している。

 そんななか、誕生2年目にして大幅改良が実施された。最大のニュースはファン待望の「RS」の復活だろう。

 エクステリアはRS専用の前後バンパーやグリル、サイドステップ、リアスポイラーなどの採用により、ホノボノ系からキリっと精悍なスタイルへと変身。

 ちなみに、「HOME」などのノーマル系もフロントマスクに手が入り、出っ張ったオデコの表情がスッキリ見えるスマートな形状に変更されている。

■「RS」らしさは感じるか?

 インテリアはイエローステッチを採用した専用コーディネイトによりスポーティさを高めているものの、エクステリアほどの違いはない。

 個人的にはシートやメーター表示などに「RS」を感じさせる演出があってもいいと思った。

 このあたりを開発陣に伝えると「今回はあえて“変えない”という挑戦をした」と言う返事。

 コスト面などを考えれば正論だが、ユーザーはそういったところに「RSを所有する喜び」を感じることをわかってほしい。

 特にメーターはフル液晶で自由が利くわけだから、活かさないのはもったいない。

RSには「スポーツ」モードが設定されているが、物足りなさも
RSには「スポーツ」モードが設定されているが、物足りなさも

次ページは : ■出力アップは数値以上!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します