【ミニバン用、SUV用など続々登場】どこが違う!? 「専用タイヤ」の意義と実力


デメリットもすぐに改良して克服

 ではデメリットはなかったのかというと、初期のミニバン専用タイヤは乗り心地が悪かった。またタイヤが重く足元がドタドタした。

 一般的な乗用車のタイヤよりもサイドウオール(タイヤ側面)の剛性を上げ、トレッドブロックもヨレないように大きくしたので、当然タイヤは重くなり、乗り心地もあまり芳しいものではなかった。

進化を続けるトランパスは、現在ミニバン用としてmpZ、ML、LuIIの3タイプをラインアップ。写真のLuIIはラグジュアリー系ミニバン用となっている

 もっとも、そんなことは叩き台さえあればすぐさま改善してみせるのが日本のメーカーのモノづくり。

 今や乗り心地が改善し、ノイズが少なく静かになって、しかも操縦安定性も良くなった。特に重くて背の高い高級ミニバンは専用タイヤのメリットをより享受できるだろう。

SUV専用タイヤはタフさが魅力

 では、ミニバン専用タイヤ以外のSUVやバン専用はどうなのだろう?

 実はこれもお薦めといえる。特にSUV用は、乗用車用タイヤのようなトレッドデザインにすることで、乗り心地も静粛性もよくなり、転がり抵抗も大幅に低減できる。

オフロードを走ることもあるSUVゆえ、専用タイヤは見た目は乗用車用と大きく変わらなくてもタフな性能が与えられているのが特徴で魅力でもある

 しかもSUV用タイヤと乗用車用タイヤの決定的な違いは、オフロードやラフロードを走ってタイヤにダメージを負った時でもパンクしにくいようなタフネスな構造になっているのだ。

 一見、乗用車風のタイヤだが、中身はSUV用のタフネス性を備えているのだ。

 最近ででは逆に、ライトSUVにタフなデザインのオフロード用タイヤを履くものはやり出しているらしい。ブロックの大きなごついオフロードタイヤだが、実は乗り心地や静粛性はかなりよくなっているので、ファッションでタイヤを選ぶなんてことも、それほどデメリットを感じずにできてしまえるほどだ。

マツダCX-3のようなライトなSUVにゴツゴツしたオフロード用タイヤを装着するのが流行ってきているという。乗り心地面で向上しているので街中でも不満なく使える

 ではもうひとひねりして、一般の乗用車でミニバン専用とかSUV専用タイヤを履いたらどうなのだろう。

 履いて履けないことはないだろうか、あまりメリットが見いだせないというのが結論だ。

 ただ、頻繁に石や岩が露出した未舗装路を走るなら(そんな状況があるのなら)、SUV用タイヤを履くメリットはあるかもしれない。