【放っておくと燃費も悪化!?】意外に難しいカーバッテリーの選び方 2019最新版


 エンジンの始動からカーアクセサリーの電源供給まで、車内で非常に大きな役割を担う「バッテリー」。

 カー用品の量販店に行くと、さまざまなメーカーから車用バッテリーが出ていますが、その違いは、ほとんどわからないもの。

 しかし、バッテリーは必ず劣化するもので、しかも燃費悪化の原因になるケースも! それだけにバッテリー選びは重要になってきます。

 そこで、本稿では元自動車ディーラー営業マンの筆者が「カーバッテリーの選び方」について解説します。

文:佐々木亘
写真:Adobe Stock


カーバッテリーに書かれた記号の意味を知りましょう

バッテリーには数字とアルファベットの組み合わせが記されており、これが愛車に適したバッテリー選ぶ際に必要になってくる

 まずは愛車に装着されているバッテリーを確認しましょう。バッテリーには型番が記されており、数字とアルファベットで大きさの区分けをしています。

 例えば、“34B20R”といった数字が書かれています。注視するのは先頭の「数字二桁」と、それ以下の「アルファベット数字アルファベットの部分」の2か所です。

 後半の「アルファベット数字アルファベット」の組み合わせは、「本体の奥行きと高さ」、「本体の幅」、「マイナス端子の左右配置」の3つを示すもの。

 これらは現在装着されているバッテリーと同じものを選ばないと装着できません。

 対して、先頭の数字二桁はバッテリー容量を示します。シガーソケットやUSBソケットから、タコ足配線のように充電器を多数繋げてしまうと、バッテリーあがりになってしまうことも。

 バッテリー容量大きくすることで、余裕を持って、車内電装品を使うことができ、快適なドライブへとつながります。バッテリー容量に関しては、必要であれば、大きくすることを検討されることをお勧めします。

エンジンがかかりにくい! そんな時は「寒冷地対応バッテリー」を

近年はアイドリングストップ車の普及でバッテリー負荷が増大。エンジンがかかりにくいという場合はどんなバッテリーを選べばよい?

 最近多くなっているアイドリングストップ搭載車は、バッテリーに非常に大きな負荷がかかります。

 信号待ちなどの、エンジン停止時は充電装置のオルタネーターが動かず、車内アクセサリーをバッテリーからの放電だけで作動させる形になり、さらに、頻繁なエンジンのオン・オフによって過放電になりがちなためです。

 また、これからの季節、寒くなってエンジンのかかりが悪くなるケースも多くなるでしょう。

 寒くなるとバッテリー内での電気をため込む力や電圧が下がってしまうため、エンジンがかかりにくくなったり、突然ピクリともしなくなってしまうことも。

 標準バッテリーよりも、始動電圧を安定して送り続けられる寒冷地仕様のバッテリーを使うことで、過放電や寒さ対策を行うことができます。

次ページは : バッテリーが原因で燃費悪化を招くケースも!?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ