マツダCX-5の“意外な”評価 、デザイン改革の旗手 ~デザイン水かけ論~


 マツダのデザインは、ひと昔前と大きく変わった。その新世代デザインの第1弾として2012年に登場したのが現行CX-5だった。

 そして2016年11月16日、2代目となる新型CX-5が世界初公開。この新型も現行CX-5から始まったデザイン路線を継承し、発展させたものだ。

 さて、マツダ車のイメージを変えた一連のデザインの原点を、元日産自動車チーフデザイナーの故・前澤義雄氏はどう評していたのか? ……んん? まさか、清水草一氏とまったく評価が噛み合っていない!?

 ベストカー 2012年6月10日号
「デザイン水かけ論」


フロントの分厚さにスポーティ感がない!?

 清水 今回のお題はマツダのCX-5です。

 前澤 ……。

 清水 なんかもう、日本産業界を代表する良心的商品といいますか、すばらしいですよね、あの走り。

 前澤 あれじゃエンジンがかわいそうだ。

 清水 え?

 前澤 あんないいエンジン積んで、なぜあんなにカッコ悪いのか。ひどいもんだ。

 清水 え、え!? そんなに悪くないでしょう。

 前澤 まったくダメ。

 清水 いや、そんなによくはないけど、あ~、あと一歩だなぁ、とは思うけど、でも、カッコよすぎずカッコ悪すぎず、ちょうどいい水準のデザインですよ、ビジネス的には。

 前澤 パッと見た瞬間からダメ。

 清水 具体的にはどこが?

 前澤 全部。

 清水 ぜ、全部ですか!?

_dsc6849
SUVらしく迫力あるCX-5のフロント。しかし、前澤氏はその“分厚さ”に納得がいかない様子

 前澤 たとえばフロントの分厚さ。スポーティ感とか、前に進む乗り物感がまったくない。グリルもあいまいで全然ダメ。

 清水 あのフロント、特によくはないけど、悪くもないんでは。グリルの分厚さは、力強さとか押し出し感を出すための常套手段だし。

 前澤 鈍くてドテッとしている。あれならスカイラインクロスオーバーのほうがまだいい。

 清水 スカイラインクロスオーバーに比べたらずっと軽快ですよ。

 前澤 逆。CX-5は鈍重だ。一番いけないのは、プロポーションが目茶苦茶なことだ。

 清水 えええっ!? 目茶苦茶ぁ!?

_dsc6846
素人目にはスタイリッシュに見えるサイドビューだが、元デザイナーの前澤論はなかなか手厳しいようで……

 前澤 たとえばサイド。フロントフェンダーがプックリしてるかと思うと、そこからスーッとラインが後ろに引かれていて、後ろのほうはスッキリしている。全体としてデタラメだ

 清水 いやそれは……。何をいってるのかわかりません。

 前澤 あのプロポーションは何も考えていない。

 清水 う~~~ん……。僕はいつも、前澤さんのデザイン論を必死に咀嚼(そしゃく)しようと努めてますけど、今日のは取りつく島がないです。それって、学校の先生が、ある程度できる生徒をつかまえて、『お前はあれがダメだ、これがダメだ』って、ただ難クセ付けてるようにしか聞こえないんですけど。

 前澤 (聞いてない)いろんな要素をグチャグチャ突っ込んだだけで、何の意味もない。統一感が全然ない。

 清水 そういう風にはまったく見えません。合格点までは届かないけど、SUVにおける適度なスポーティ感を狙っていて、それなりに実現している。たとえばホンダのCR-Vより、CX-5のほうがかなりいいと思う。

 前澤 CR-Vのほうが上。

 清水 CX-5に乗ってれば、誰からも『そこそこカッコいいね』と言ってもらえますよ。それは間違いない。

 前澤 デザインの主張が何もない。次のアテンザ(注:現行アテンザ、当時は発売前)もひどいもんだ。

 清水 ええええええっっっ!? あの“魂動”がですか!? あれは日本の自動車デザインにとって、最大の希望の星じゃないですかあっ!

 前澤 化粧品のCMの類いだ。単にキレイになでつけただけだ。あんなデザインをしているから、韓国車に負けるんだ。

 清水 あれこそが韓国車に対する、最大の反撃兵器ですよ!

 前澤 まったくダメだ。

前澤義雄の採点…67点

 せっかくのディーゼルが台無し。鈍重なデザインだ

 マツダの期待の星って感じのSKYACTIVだが、その最終形のディーゼル版を載せたCX-5が発売された。

 秋の東京モーターショーで目にした時から、ドテッと鈍重でメリハリのない印象だったが、高原の日差しのなかで観てもその印象は変わらず、加えて部分的な主張だけが目立つ、纏まりに欠けたデザインと感じた次第。

 ガソリン版をはるかに凌駕するハシリの楽しさを与えるディーゼル搭載車だけに惜しまれる、ジツニ。

 モッコリとしたフロントボディに、各部品がそれぞれのカッコで散らばり、続くセンターボディは、直線基調と曲面構成上のキャラクターラインが上下に混在。そしてリアボディは無難な凡庸さとなっており、全体の統一感もなければプロポーションにネライも感じられない。

 CX-5はSUVの一種なのだろうが、今やSUVの世界の競争は激しく、単に性能や機能が優れるのみならず、デザインの魅力が大きく商品性を左右する時代となっている。

 マツダがデザインに注力している様子はワカル……が、精神や意欲を込めた漢字を標榜するだけじゃなく、ホントのデザイン志向をしてほしいのだ。

次ページは : 清水草一の採点…76点