「トヨタWRC参戦の系譜」公開。MEGA WEBヒストリーガレージが大幅リニューアル

 「見て乗って感じるクルマのテーマパーク」MEGA WEB

 トヨタファンのみならず、クルマ好きにはおなじみの施設だろう。なかでも、世界のヒストリックカーを実際に見て楽しむことができる「ヒストリーガレージ」は、とても無料とは思えないほどの充実した展示を誇っている。

 今回その「ヒストリーガレージ」のモータースポーツコーナーが大幅リニューアルされた。12月16日から公開される新コーナーの詳細をお伝えする。

 文:WEBベストカー編集部/写真:WEBベストカー編集部


WRCでの「トヨタの戦い」を中心とした展示にリニューアル

wrc10
「第5回・豪州一周ラリー」に日本車として初参戦したトヨペット クラウンRSD(レプリカ)

 2017年からトヨタがヤリスでWRCに復帰する。1999年の参戦を最後に撤退してから、じつに18年ぶりの復帰だ。

 1月からスタートとなる2017年シーズンに先駆け、MEGA WEBではモータースポーツ関連の常設展示を大幅にリニューアル。「トヨタWRC参戦の系譜」を中心としたラリー関連の展示を12月16日からオープンする。

 今回リニューアル公開されるのは、ヒストリーガレージ1階の『Motorsports Heritage(モータースポーツヘリテージ)』のコーナー。

 モータースポーツに参戦した実車やモデルカーを通じて、その歴史に触れることができる展示となっている。今回の大幅リニューアルにあたっては、以前実施した企画展「トヨタWRC参戦の系譜~2017年新たな挑戦~」がベースになっている。

 実車としては、海外ラリー初参戦のトヨペット クラウンをはじめ、歴代の優勝車や幻のWRCカーなど9台を展示。

 これに加え、詳細な参戦の歴史年譜も用意され、WRCにおける、トヨタの戦いの歴史をじっくり知ることができる。

wrc02
大幅にスペースが広がった新展示エリア『Motorsports Heritage』。2017年中はWRC(ラリー)を中心とした車両展示を行っていくという

 このほかに、ラリーにまつわるモデルカーの展示も充実。トヨタに関する車両ばかりでなく、ライバルの名車も多数展示。その精巧な出来には、ラリーファンやプラモデルファンでなくとも魅せられること間違いなしだ。

wrc08
ラリーに関するモデルカーを展示
wrc09
モデルカーの種類は様々な種類がある

 また、今回の展示リニューアルにあわせて、カフェも『CAFE&BAR Grease』としてリニューアルオープンする。

 レーサーたちが食事をしたり、疲れを癒やしたりする“ドライバーズラウンジ”をイメージした空間で、レースにまつわる写真やポスターなどを眺めながら、ゆったりとくつろぐことができる。

wrc03
セリカGT-Four(ST185)。第43回サファリラリー優勝車。ボディの凹み、傷など、厳しい戦いの跡を実際に見ることができる
wrc04
左・セリカ ツインカムターボ(TA64)。右・セリカ GT-Four(ST165)。1990年、ST165でC.サインツが日本車による初のドライバーズチャンピオンに輝いた
wrc05
国際自動車スポーツ連盟が発表した「グループS」構想にそって開発されたMR2ベースの4WDラリーカー。結局「グループS」構想の立ち消えにより参戦は幻となった
wrc07
カフェ『CAFE&BAR Grease』では、壁一面に展示される写真やポスターなどを鑑賞しながらくつろぐことができる

■MEGA WEB(メガウェブ)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ