【ハリアー、GT-R…名車続々】初期型から地道に改良!! 完熟国産車 7選

 出たばかりの「新型車」に“旬”では負けても、“進化度”では改良を重ねた「熟成車」に軍配!?

 クルマで最も注目が集まるのは、フルモデルチェンジを行い、新型車が登場したばかりのタイミング。当然、その時点で最新の技術や機構が盛り込まれるだけに、話題性も抜群だ。

 でも、新車は出してからが本当の真価を問われるもの。その後、地道に改良を重ね、進化したモデルには、登場時にあったネガや初期不良が改善され、見違えるほど洗練度が上がった車種も少なくない。

 本稿では、そんな円熟の魅力を持つ国産車を7台ピックアップ。熟成されたモデルには、新型車とはひと味違った魅力がある。

文:清水草一
写真:編集部、NISSAN、MAZDA、SUBARU
ベストカー 2020年2月10日号

【画像ギャラリー】全7台!! 完熟国産車の「熟成前&熟成後」


スポーツモデルは熟成車こそ極みの味!?

■日産 GT-R/2007年発売

GT-Rは、2007年のデビュー以来、イヤーモデル制を採り、ほぼ毎年改良。写真の2020モデル「NISMO」は現行型最後の最高傑作といえる熟成ぶり

 発表から丸12年、干支ひとまわりを実現させたGT-R。長寿ぶりのみでもたいしたもんだが、GT-Rの場合イヤーモデル制で、ほぼ毎年なんらかの改良を続けてきた。

 基本的には、年ごとに徐々にパワーアップ&洗練の方向に向かってきたが、最終形といわれる2020年モデルでは、そこからさらにジャンプアップ! すさまじいばかりの熟成ぶりだ。

 まず足回り。とてつもなくしなやかになった! もはやVIPの送迎車として使っても問題ないくらい、乗り心地が劇的に向上。初期モデルのガツンガツンぶりが原始時代に感じられるほどだ。

 エンジンの進化もスバラシイ。パワーは当初の470馬力から570馬力(NISMOは600馬力)へとアップしたが、それより熟成感が高いのは、タービンのレスポンス向上だ。

 アクセルを踏めばすぐにタービンがピューンと回ってくれる、打てば響く感覚が気持ちいい!!

 これで見た目がもう一段洗練されたら言うことなかったが、それにしてもこの熟成ぶり、国産車史上最高じゃないだろうか! まさに熟成グルマのカガミ、頂点だ!

■86&BRZ/2012年発売

86も2012年の発売後、2014年、2015年の一部改良、そして2016年のマイナーチェンジと着実に走りを熟成

 日本が世界に誇る小型FRスポーツも、誕生から7年を経たわけですね。フルチェンジは2021年といわれ、まだまだ熟成が進みそうですが、3年前のビッグマイナーチェンジで走り、その他を熟成化。

 それだけにとどまらず、トヨタはGRMNやGRをリリース、スバルもSTIスポーツを追加して、プレミアム性を高めている。

 もともとこの兄弟スポーツカーは、低い速度域でも運転を楽しめるのがコンセプトだったが、熟成の方向性は本格派スポーツへの変身で、当初のコンセプトからはズレている。が、ユーザーが望んだのが、結果的にそっち方向だったということなのです。

■日産 フェアレディZ/2008年発売

フェアレディZは2008年の発売以降、2012年と2017年にマイチェンを敢行。2019年には50周年を記念した写真の「50th Anniversary」も発売

 登場からすでに11年。GT-Rの熟成ぶりと比較すると、ほぼ放置プレイに近いと非難の対象ですが、放置による熟成? で、価値を高めている……と言えなくもない。驚くなかれ。なにせ3.7L、V6の自然吸気エンジンが現役なんだから!

 現在販売されているフェアレディZ NISMOは、NISMOの文法に則ってサーキット志向に進化。等長エキゾーストでエンジンフィールも向上している。

 標準モデルもまったくの放置ではないが、現代のスポーツカーではアタリマエの高性能AT(DCTなど)の投入もなく、6MTがしっかり生存。放置プレイだからこその熟成といってもいいでしょう!

日産&マツダのセダンもマイチェン重ね熟成度高し!

■日産 スカイライン/2014年発売

スカイラインは、2019年のマイナーチェンジでプロパイロット2.0を搭載したほか、3L・V6ターボ搭載の400R(写真)も新たにラインナップ

 もとがインフィニティだし、途中メルセデスエンジンの投入もあったし、スカイラインって何? ということ自体がよくわからなくなっておりますが、日産がこのクルマを見捨てていないことは確かだ!

 先般のマイナーチェンジではスカイラインらしいテールレンズも復活させたし、いちはやく「プロパイロット2.0」を投入したし!

 400Rの登場も、走りのスカイラインのイメージをなんとか残そうということに他ならない! さすがに車体が重すぎるけど、スカイラインは昔からかなり重かった! とにもかくにも物量は投入されている。あとは方向性の問題だネ!

■マツダ6(アテンザ)/2012年発売

2012年に発売されたアテンザは2015年と2018年に大幅改良で熟成。2019年には車名をマツダ6に改め、同時に2.5Lガソリンターボ車もラインナップ

 アテンザの発表からはや7年。マツダとしてはしっかり力を入れている。なにせ、車名も変わったし、2.5Lのガソリンターボエンジンも投入されている!

 ただ、誕生時から劇的に熟成が進んだかというと、そこまでは行ってない。足はしなやかになり、ガソリンターボはスムーズでパワフルだけど、何かこうインパクトが足りない。

 でもそれは、マツダへの期待の高さゆえのないものねだり! マツダはすべてに手を抜いてない! エクステリアも、インテリアも、足回りも、パワートレインも、全部地道に刷新されている! ただ、伸びしろがまだまだある気がするだけ! たぶん。

熟成の人気クロスオーバー!

■トヨタ ハリアー/2013年発売

2013年に発売されたハリアーは、2017年にマイナーチェンジでターボ車を追加。さらに同年、スポーツモデルの「GR」も追加された

 2017年のマイナーチェンジで2Lターボエンジン車が投入され、2L・NA、2.5ハイブリッドとの3本立てになり、足回りも改良された。

 ハリアーはもともとアメリカンでゆったりした乗り味や、パッと見価格のわりに高級感の高いインテリア&エクステリアがウリだが、足に関しては若干引き締められた。

 ベースが古いだけに限界はあるし、よく売れていて熟成への期待も特にないが、利益率も高いハリアーをトヨタは大事にしている!

■スバル アウトバック/2014年発売

2014年発売のアウトバックは、年次改良を重ねつつ、2017年の大幅改良でアイサイトの最新版へのアップデートやエンジン・足回りなどの改良も施された

 現行アウトバックは、登場した時から熟成されていたんだヨ〜! 北米メインのモデルらしく、おおらかでゆったりした乗り心地を持ちながら、スバルらしい精緻なメカニズムでしっかり走るというキャラクターで!

 5年を経た今も、そのキャラは微塵もゆらいでいない。かといって完全放置プレイかというとそうではなく、見た目を小改良したり、4WD制御に新たなモードを付け加えたりしている。

 なにせ最初からできあがっていたクルマだったので、変わってなくても熟成度は高い。

【画像ギャラリー】全7台!! 完熟国産車の「熟成前&熟成後」

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ