ヴィッツハイブリッド 潜入調査で判明した値引き額は?

ヴィッツハイブリッド 潜入調査で判明した値引き額は?

ガソリン車は20万円台の値引きが期待できるヴィッツだが新設定されたハイブリッドの値引き額の実態は!? 話題の新車の“値引き”を暴くため、特別に結成された覆面調査班が、その値引き額を潜入調査する。

文/写真:覆面取材班、編集部、TOYOTA
ベストカー2017年3月10日号



ヴィッツHV効果? ネッツ店は、商談客で活気


今冬としては比較的暖かくなった1月某日、先日デビューしたばかりのヴィッツハイブリッドの最新情報を調査すべく、都内某所のネッツ店へと足を運んだ。

店の入口で出迎えてくれたセールス氏(40代半ば)に、「今回は残念ながら試乗する時間がないが、見積もりをもらいたい」と伝え、商談席まで案内してもらった。店内は休日ということもあって、クルマを検討しに来たお客さんで賑わいを見せていた。

担当してくれたセールス氏(やはり40代半ば。対応が非常に丁寧)と挨拶をすませて、いよいよヴィッツハイブリッドの見積もり作成だ。まずは多くの人が悩むであろう、グレード選びについて質問してみた。

売れ筋は最安グレードの「F」


「ヴィッツは最も価格が安いFが一番売れています。ボディカラーにこだわりがある方はジュエラ、スマートキーなどの充実装備がほしい方はUといった感じです」

Fとジュエラの違いは、ボディカラーの多さなど外装の違いと、トヨタセーフティセンスCが標準装備されているか否かくらい。

セールス氏によると、それで16万4160円の差があるので、外装などにこだわりがなければ、Fに必要なオプション装備を付けたほうが安く収まるとアドバイスしてくれた。


ヴィッツハイブリッド F。ハイブリッドのなかでは最安グレードで、14インチのスチールホイールが標準装備となり、トヨタセーフティセンスCもオプションとなるなど装備面は簡略化しているが、価格はそのぶん割安で買い得グレードだ

■ヴィッツハイブリッド 価格表




















ヴィッツハイブリッド  『F』 181万9800円
ヴィッツハイブリッド『Jewela』 198万3960円
ヴィッツハイブリッド  『U』 208万7640円
ヴィッツハイブリッド     『U “Sportyパッケージ”』 223万7760円

グレードは人気のFに決定し、次はオプションの選択だ。このモデルから装着が可能になったセーフティセンスC、保険といった意味でも装着しておきたいところだが、お客さんの反応はどうなのか?

「今のところ装着する割合は50:50といったところですね。安全性が上がるということで、我々としては装着をオススメしています」

オプションで装着すると価格は5万4000円だが、追突事故で払う賠償金や、他者への被害を考えれば安いとも言える。

注目の値引き額はかなり“強気”


ということで、セーフティセンスCをオプションで選択。あとは多くの人が装着するであろう、ETC、純正ナビ(エントリーモデル)や付属品、フロアマットといったオプションを含めてもらい、出された結果は諸経費併せて227万1552円。

気になるお値引きは見積もりではゼロだったが、「5万円までは頑張れます」とセールス氏。

もう少し値引きを期待したいので、待てばいいかと聞いたが、そうでもないらしい。プリウスが登場から1年が経っても最大7~8万円程度の値引きなので、ヴィッツも今年と来年ではそれほど変わらないと言えるとのことだった。

最後に気になる納期を確認したが、基本的に納期のかかるクルマではないので、余裕を見て1カ月~1カ月半で納車まで可能とのことだった。量産体制はしっかり整っているようだ。

交渉の結果
■見積もりグレード:ヴィッツハイブリッド F
■車両価格:181万9800円
■支払総額:227万1552円
■納期:約1〜1カ月半/値引き:5万円


見積書の値引き額はゼロ。ただし、5万円の値引きは可能とのこと。ガソリン車と比べると値引きはかなり引き締め傾向だ

前回の新型スイフト編、ノートe-POWER編はこちら↓↓

新型スイフトの値引き

ノートe-POWERの値引き