【これは珍なり】32GT-Rにまさかの新車が登場!? 業界騒然の奇跡の1台(再掲載)

 日本自動車史が誇る名車の中の名車、R32スカイラインGT-Rが、なんと「2016年に新車で発掘された」というニュースはベストカーWEBでも既報のとおり。そんな貴重な個体を所有していた神奈川県のベストRに(2017年4月28日時点で)確認してみたところ、まだそのR32GT-Rを在庫しているというではないか!! そんな貴重なR32を、ここでもう一度復習してみよう!!
文:ベストカー編集部/写真:西尾タクト、ベストR
ベストカー2017年2月10日号(一部2017年4月28日に取材・加筆)


タイムスリップしてきたような1台

 いまでもクルマ好きにはとても人気のスカイラインGT-R。特に第2世代の幕開けとなったR32GT-Rはそのハイテク4WDという勝つためのマシンメイク、そしてレースでの大活躍の印象もあり、多くの若者の人気の的になった。

 そんなR32がなんと20年以上の時を経て”新車”が見つかったという。そんなアンビリバボーな新車のR32を保有する、神奈川県川崎市のGT-R専門店「ベストR」の代表、植田博文さんに話を聞いてみた。

「走行距離から考えても当然ですが保存状態はなかなかほかに類を見ないほどで、内装も外装も傷みはありません」

 担当が実物を見るにこれはどこかの倉庫や、ガレージで大切に保管されていたに違いないと感じた。年式は平成6年式でグレードはVスペックII N1。N1というだけでも約230台ほどの希少車種で、それだけでプレミアがつく。

 N1はその名のとおりN1耐久レース(現在のスーパー耐久)用のベース車両だ。エアコンは標準装備ではなく、タービンも専用部品というスパルタンな仕様のため、実在数は極めて少ない。さらにいうとN1には3パターンある。標準グレードベースの「N1」、Vスペックベースの「VスペックN1」、VスペックIIベースの「VスペックII N1」となる。

 なかでもVスペックIIベースとなると数十台しか存在しないともいわれ、サンニーのなかで最も希少なグレードだ。さらに走行距離10㎞の未登録の新車となればその値段は見当がつかない。

「値段も決めていない状態ですが、売るとなればとにかく貴重な1台なので大事にして下さる方に販売したいですね」と前出の植田さんは語る。

外装も新車同然。ヘッドライトが標準車のプロジェクター式とは異なるなどN1は専用装備も多い よく見られるダッシュボードの浮きなどもなく綺麗なインテリア。屋内保管だったのは間違いない。エアコンが装備されているが、液晶が備わるR32のそれとは異なり、こちらも憶測を呼ぶ

次ページ:この新車32GT-Rの出自に迫る

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ