『同じサイズでも大違い!!』ミニバン&SUV 3列目が本当に使える車、使えない車

 ひと昔前は「3列目があることに価値がある」とばかりにミニバンが一世を風靡した。だが、今は「ミニバンの実用性は3列目のシートで決まる」。これが鉄則だ。

 そこで、ミニバンをサイズに応じて3クラスに分類し、SUVも加えて、最も優れた車種と最下位を明らかにする。3列目が本当に使える車、使えない車はどれだ!?

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、HONDA、NISSAN


【ライトミニバン】シエンタVSフリードはどちらが優れる?

■このカテゴリーの対象車種
・トヨタ シエンタ
・ホンダ フリード
・トヨタ ウィッシュ
・マツダ プレマシー
・ホンダ ジェイド

 全高が1800mm以下に収まる比較的コンパクトなミニバンの最優秀車種は、シエンタとフリードが僅差で争う。

 外観を見ると少し背の高いフリードが有利に思えるが、床と座面の間隔が不足した。床の高さはステップワゴンと同等なのに、全高は130mm低いから、着座位置も下がって床と座面の間隔が足りない。大人が座ると膝が持ち上がってしまう。

 シエンタは全高が低く、膝先空間も狭いが、渾身の薄型燃料タンクの採用で床と座面の間隔はあまり不足していない。3列目に座った乗員の足が2列目の下に収まりやすいこともあり、意外に快適に座れる。僅差ではあるがシエンタが最優秀だ。

 ただし、3列目を畳んだ時の自転車の積みやすさはフリードが勝る。

フリードの全高は1710mm。3列目のパッケージングも優秀ながら大人が座ると膝が少し持ち上がるかたちに
シエンタの3列目。成人男性が座っても、足もとも上手く収まる秀逸なパッケージングで、サイズ以上の使い勝手だ

 最下位はジェイド。床と座面の間隔が乏しく膝が持ち上がり、頭上の空間も狭く、シートのサイズも小さい。完全な補助席だ。

 またジェイドは2列目の座面も1列目に比べて55mm短く、大腿部のサポート性が悪い。つまり違和感なくマトモに座れるのは1列目だけになる。

ジェイドの3列目。成人男性が座ると、特に頭上空間は狭く、天井に当たってしまう

【3列目 ベスト】トヨタ シエンタ

■全長×全幅×全高:4235×1695×1675mm

3列目 ワースト】ホンダ ジェイド

■全長×全幅×全高:4650×1775×1530mm

【ミドルワンボックス】ノア、セレナ、ステップワゴン三つ巴の優劣は?

■このカテゴリーの対象車種
・トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア
・日産 セレナ
・ホンダ ステップワゴン

 標準ボディが5ナンバーサイズに収まる全高が1800mm以上のミニバンは、全般的に3列目の居住性が優れている。

 最優秀はセレナだ。ただし、3列目のシートにスライド機能を装着した仕様であることが条件になる。標準ボディ、ハイウェイスターともにVセレクションを選ぶと、割安な価格で標準装着される。後端まで寄せるとミドルワンボックスとしては3列目の足元空間が最も広くなり、床と座面の間隔も相応に確保される。シートのサイズもライバル車に比べると少し大きい。従って最も快適だ。

 僅差でヴォクシー/ノア/エスクァイアもセレナに続いている。

 最下位はステップワゴン。頭上と足元の空間はヴォクシー/ノア/エスクァイアと同等だが、3列目を床下格納にしたから、深く座ると乗員の腰骨付近にシートの骨格が当たる。広さではなく、座り心地で最下位になった。その代わり3列目が床下格納だから、荷室にアレンジした時は広くて使いやすい。

セレナの3列目。プロパイロットで話題のセレナだが、サードシートの居住性もライバルを凌ぎ、使い勝手も優れる
ステップワゴンの3列目。シートアレンジを優先したぶんシートそのものの座り心地は劣る。また、シート自体も小振りだ

【3列目 ベスト】日産 セレナ

■全長×全幅×全高:4690×1695×1865mm

【3列目 ワースト】ホンダ ステップワゴン

■全長×全幅×全高:4690×1695×1840mm

【ラージミニバン】車体が大きくても3列目が使えるとは限らない!?

■このカテゴリーの対象車種
・トヨタ アルファード/ヴェルファイア
・トヨタ エスティマ
・日産 エルグランド
・ホンダ オデッセイ

 ボディが大きくて背が高いから、どの車種でも3列目が快適に思えるが、意外に使えない車種がある。

 3列目が最も快適なのはオデッセイだ。低床設計で床と座面の間隔が充分に確保され、座り心地がいい。膝先や頭上の空間も充分にある。

 2位は僅差でヴェルファイア&アルファード。オデッセイに比べて床と座面の間隔が少し不足するが、頭上と足元は広い。乗員の感覚によっては、オデッセイよりもヴェルファイア&アルファードの方が快適に感じる場合もある。

 最下位はエルグランド。床と座面の間隔がかなり不足しており、座ると膝が持ち上がりやすい。ボディが大柄なことを考えると相当に窮屈だ。シート自体も小さい。

また、3列目の畳み方にも問題があり、前方に倒す方式だから、畳んだ時に広げた荷室の床が高まる。荷室高が不足して自転車などを積みにくい。

エルグランドの荷室の広さと使い勝手は、セレナを開発した日産の商品とは思えないほどに悪い。

オデッセイの3列目。ホンダ特有の低床設計を活かし広々。シートの座り心地もいい!!
アルファードの3列目。オデッセイよりフロアが高いぶん、床と座面の間隔は劣るが、成人男性でも充分なスペースを確保
エルグランドの3列目。ライバルと比べ最もフロアが高く、膝下の収まりがよくない

【3列目 ベスト】ホンダ オデッセイ

■全長×全幅×全高:4830×1820×1695mm

【3列目 ワースト】日産 エルグランド

■全長×全幅×全高:4915×1850×1805mm

【SUV】意外に多い3列目設定車。使えるサードシートはある?

■このカテゴリーの対象車種
・トヨタ ランドクルーザー
・トヨタ ランドクルーザープラド
・日産 エクストレイル
・レクサス LX
・三菱 パジェロ
・三菱 デリカD:5
・三菱 アウトランダー
・スバル クロスオーバー7

SUVはカッコよさと実用性の両立がセールスポイントだから、広い車内を生かして3列目のシートを備えた車種も多い。ただし、基本的には荷室に装着された補助席だ。

最優秀はデリカD:5。一般的にいえばミニバンの4WD仕様で、走破力が最も優れた車種とされるが、車内の広いSUVとして購入するユーザーも多い。とらえ方はさまざまだ。

デリカD:5は背の高いミニバンボディで空間効率も優れ、3ナンバー車でもあるから、3列目のシートはセレナよりも快適に座れる。全長が4800mm以下のミニバンでは、3列目を含めて居住性が最も優れている。

2位はエクシーガクロスオーバー7。もともとエクシーガはワゴン風のミニバンとして開発され、SUVにアレンジされた経緯があるから居住性も優れている。

デリカD:5の3列目。軟派なSUVには負けない走破性を持つうえ、3列目の居住性はミニバン並みだ
クロスオーバー7の3列目。ワゴンに近い見た目ながら3列目の居住性は大型SUVを相手にしない

逆に純粋なSUVの3列目は、どの車種も大差のない補助席だ。ボディが大柄なランクル200やレクサスLXは、3列目が広そうに思えるが、床が高いために2列目を含めて膝が持ち上がりやすい。3列目の快適性もエクストレイルとさほど違わない。

SUVの3列目は、いずれも片道30分程度の移動を目的としたシートと考えたい。

【3列目 ベスト】三菱 デリカD:5

■全長×全幅×全高:4730×1795×1850mm

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ