マークX、シルフィ、N-BOXスラッシュ…地味だけどいいクルマが大集合!自動車メーカー広報部がおすすめ!!

自動車メーカーには「広報車」とよばれるクルマがあり、それをベストカーなどの媒体やジャーナリストがお借りして好き放題インプレッションをしている。しかし、旬のモデルとそうではないモデルが明確になってしまい、せっかく用意したのになかなか借りられないクルマがあるという。そんな各社広報マンの悲鳴を聞いたベストカーが「地味だけどいいクルマ」を借りてインプレしちゃったようだ。清水草一氏の愛のあるなインプレをお楽しみ下さい。
文:清水草一、ベストカーWEB編集部(キャプション)/写真:平野学 
ベストカー2017年9月10日号より再録


■トヨタの「目立たないけれど輝けるクルマ」はなんだ!?

メーカー広報部に「あんまり貸し出しがないけれど、取り上げてほしいクルマ、貸してください!」とお願いして出てきたクルマその1は、世界のトヨタが誇るFRセダン、マークXだ! かつてマークII三兄弟がハイソカーブームを巻き起こし、月間3万台とか売れていたことを考えると思うところもあるが、久々に乗ったマークXの第一印象は「うお~、エアコンがビンビンだ!」でした。

たまたま温度設定が22度だっただけだが、このキンキンに冷えた感じがマークX! さすがトヨタの高級FRセダンはエアコンが寒いくらいに効く! 昭和の雰囲気だゼ! 走り出すと、おお、さすが自然吸気V6。トルク感は薄いけど滑らかなフィーリングは悪くない。でもATは6速。世の趨勢に微妙に出遅れてる感じが、かえってイイ!  とどめはセンターコンソールだ。この、なんの変哲もないどっしりした長方形、涙が出る! スバラシイです……。

トヨタ最後のFRミドルクラスセダンになるってウワサもあるマークX。FRらしいスポーティさよりも、基本に忠実なクルマといったイメージ

■日産からは中国で大人気の”軒逸”!?

続いては、日産シルフィ。販売台数世界一に躍り出たルノー日産アライアンスの、中国市場でのエース的存在! 日本じゃあまり見ないけど、乗るとどうなのか? こりゃスゲエ……。この「ガラガラガラ~!」っていうラフなエンジンフィール、ちょっと踏むとガバッと出るアクセルガバチョぶり。意外と動きが機敏といえなくもないが、なんというかアジア向け感をヒシヒシと感じる!

まさにグローバル経済の申し子といっていいだろう。加えて今回の「Sツーリング」は、エアロパーツまで奢られて新興国でも目立ちたい感がギンギン! これが日産躍進の原動力と、我が日本国民も深く理解する必要があるのですね。うむうむ。

編集担当、このシルフィに乗ったことがないことにいま気付きました。たしかにこのクラスのセダンはアジア圏では重宝されるモデルだが…。中国では”軒逸(シルフィ)”、アメリカでは”セントラ”、オセアニアでは”パルサーセダン”として販売され名前は変われど日産の屋台骨を支えるクルマ

■日本で一番売れるあのクルマがなぜ売れない!?

そしてラストは、ホンダのN-BOXスラッシュ。日本イチ売れてるN-BOXの派生車だけど、売れてません! でもね、見ても乗っても最高の軽ですよ、これは。走りはしっかりしてるし、内外装のオシャレ感は真剣にステキ。特に内装! 今回乗ったのは「ダイナースタイル」で、しかもモデューロのオプション装着車。

このあまりにもキマりすぎにオシャレなインテリア、やりすぎを超えて「尊敬します!」というレベル。テリーさんのファッション的です。ATセレクター周りにはスワロフスキーまで埋め込まれちゃって、もー! じゃなんで売れないのかと言えば、値段が高いから。ベースが176万円、そこにナビなどがついて約193万円! そりゃハ●ラー買うわな……。メッチャいーんだけどね。

このクルマとってもいいんです。売れ筋モデルにここまでぶっとんだ派生車を作ったホンダには尊敬の念しかわかないが、コミコミ200万円ともなるといやはや…

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ