【さらば毒蛇!!】 ダッジ・バイパー生産終了! 時代が細マッチョを求めすぎたのか!?

 V8の大排気量NAエンジンを積んだFRマシン。きっと多くのクルマ好きが「アメ車」を思い浮かべるはず。特に「マッスルカー」とよばれる猛者たちは、タイヤのトラクション以上の大トルクを発するエンジンに、燃費なんて気にもしない大胆な設計で多くのファンを生んだ。近代マッスルカーの始祖ともいえるダッジ・バイパーがついに生産終了。その濃くも図太い生き様をふり返ろう。

文:矢吹明紀/写真:ベストカー編集部
ベストカー2017年10月10日号「写真で見る衝撃の真実」


■90年代に生まれた新世代の”マッスルカー”

 ダッジ・バイパーの生産が終了することとなった。そこで改めてバイパーの歩みを追ってみたい。バイパーの開発がクライスラーにおいてスタートしたのは1989年3月のことといわれている。チームにはかねてクライスラーにおいてアドバイザーを務めていたキャロル・シェルビーも参画したことで、完成の暁には現代に蘇ったシェルビー・コブラ的な一台とすることが計画されていた。

 エンジンはピックアップ用に開発していた8LのV10をベースにオールアルミ化したチューニングバージョンが搭載されることが決定。このエンジンのチューニングは当時クライスラーグループだったランボルギーニが担当することとなった。そして、1990年に最初の試作車が完成、翌1991年にはインディ500において先行量産型がペースカーとしてデビュー。ダッジ・バイパーRT/10として市販が開始されたのは1992年1月のことだった。

こちらは2014年に本国でリリースされたSRT(クライスラーの高性能車ブランド)製作のバイパーTA

 バイパーは市販開始と同時に世界中から大きな注目を集めることとなった。ロングノーズ・ショートデッキのクラシカルなロードスター、400hpを発揮していたV10エンジン。マニュアルトランスミッションのみでエアコンの設定すらないスパルタンな仕様、そのすべてが1990年代の市販スポーツカーとしては異例ずくめだった。

 ややノスタルジックなイメージがマニアックではあったものの、概ね好意的に受け入れられたバイパーに新たなモデルとしてクーペのGTSが加わったのは1996年のことである。このモデルの登場はバイパーが本格的にモータースポーツに進出するきっかけとなった。ターゲットはアメリカン・ルマンと世界耐久選手権である。ここではフランスのオレカとジョイントしたワークスチームほか、市販レーサーのGTS-Rが複数のプライベートチームで運用され活躍した。

こちらはレースベース仕様のバイパーACR(2016年仕様)

■3世代でのブラッシュアップで鍛え上げられた”筋肉”

 確かなパフォーマンス、そしてモータースポーツでの実績を得たバイパーは2002年にモデルチェンジを行った。翌2003年モデルとして発売された新型は初代のコンセプトそのままに、パワーアップやそのほかの正常進化を遂げていた。このモデルの外観は日本人デザイナーの鹿戸治が手がけたことも話題となった。車名がバイパーSRT-10となったのはクライスラーの新しい高性能車ブランド戦略を受けてのことである。

 2010年、バイパーはクライスラーの新しい経営戦略構築の結果、この年かぎりでの生産中止が発表された。しかし市場での人気が衰えることはなく、2年後の2012年に完全新設計で復活、2013年モデルから新たにSRTバイパーとして新ブランドとともに復活した。この時点でエンジンの最高出力は645hpという、もはやノスタルジックとは無縁のスーパースポーツに成長していた。

 2015年モデルから再びダッジブランドに戻ったバイパーは、当初の過去への憧憬から最終的にはFRでどこまでできるかに挑戦したスーパースポーツへと大きな進化を見せた。今回、グループ内での経営戦略の変更で生産が終了するのは残念ではあるが、過去がそうだったように三たびの復活を期待したい。

最終モデルはもはや「直線番長」とはいえないほどの熟成度合いだった。またいつか会える日が来るのだろうか

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ