トヨタ アーバンクルーザー&日産 マグナイトがカッコいい!!


 2020年9月23日、トヨタがインド市場向けの新たなコンパクトSUV「アーバンクルーザー」を発表した。
 
 この「アーバンクルーザー」は、スズキの小型SUV「ヴィターラ・ブレッツァ」のOEM供給モデルであり、フロントフェイスをガラッと変えたクルマだ。

 全長は奇しくもロッキー/ライズと同じだが、全幅は100mmほど広いコンパクトクロスオーバーSUVだ。
 
 インド市場といえば、2020年7月16日、日産からもコンパクトSUV「マグナイト」のコンセプトカーが発表された。生産地はインドで、まずインドで2020年度内に投入することを明らかにしている。
 
 アーバンクルーザーもマグナイトも、サイズ的には日本市場にマッチしているので、このまま日本市場に投入される可能性もゼロではない。

 そこで今回は、「トヨタ アーバンクルーザー」そして「日産 マグナイト」、それぞれの魅力に迫りつつ、この2車種の日本市場導入の可能性についても考えていこうと思う。


文/吉川賢一
写真/トヨタ 日産 スズキ

【画像ギャラリー】日本に導入すれば大ヒット間違いなし! アーバンクルーザー マグナイトを写真でチェック!


デザインに優れるスタイリッシュSUV「マグナイト」

2020年7月16日、日産インドは、全く新しいコンパクトSUV「マグナイト」を世界初披露した。このモデルは「NISSAN NEXT」で、今後18ヵ月以内に投入が予告された12車種の1台

 10年前までは、自動車市場としての有望度が高い国は中国であった。しかし近年は、中国の経済成長が鈍化し、代わりにインド市場がじわじわと頭角を現してきている。インドは近年、実に早いスピードで成長をしており、自動車保有率も上昇の一途だ。
 
 しかし、都心を離れれば、路面舗装がなく、轍やクレーターがいたるところにあるような、荒れた道が続くため、車高があって、悪路の走破性が高いSUVタイプが人気となっているのだという。

 日産マグナイトに関しては、現時点はまだ判明している情報は少ないが、デザインに関しては「マグナイトコンセプト」で方向性は明らかとなっている。
 
 マグナイトのテーマ色となる鮮やかなレッドのボディカラー、角型のLEDヘッドライト、従来のVモーショングリルとは異なるタイプの6角形大型グリル、ヘッドライトから下に伸びる縦型LEDデイライトを採用している。

 インテリアにはアルミ加飾を多用したスタイリッシュな内装、大型ナビゲーションモニターなどを採用した、実にスタイリッシュなSUVだ。
 
 最近の日産のコンセプトカーは、市販車のデザインに近い形で仕上げてくるため、微妙なサイズは変わるだろうが、おそらくこれに近い姿で登場してくるだろう。

 パワートレインは、おそらく、欧州ジュークに採用された、1L、3気筒ガソリンターボが採用されるのではないか、と筆者は予測している。

 日産には、キックスの下に位置するコンパクトSUVがない。そのうえ、そのキックスは上級グレードに絞った販売としているため、価格が270万円超とやや高く、ライズやヤリスクロスなどのエントリーSUVとは、価格では勝負にならない。

 このマグナイトは、そこへピッタリと当てはまるモデルだ。日本の日産車販売店の方々にとって、マグナイトは喉から手が出るほど欲しいモデルであろう。

ボディサイズは4m程度ということなので、キックスの弟分となるモデルだ。前後にアンダーガード風の装飾とブラックのフェンダーアーチモールを加えることでSUVらしいタフさを強調する

ワイルドなコンパクトSUV「アーバンクルーザー」

トヨタアーバンクルーザー。ボディサイズは全長3995×全幅1790×全高1640mm、ホイールベース2500mm。ライズとほぼ同サイズでこのスタイリングであれば日本では売れそうな気がするのだが……
こちらがベースとなるスズキビターラ・ブレッツ。ボディサイズは全長3995mm×全幅1790mm×全高1640mm。リーズナブルな価格であることもあって人気車となっている

 アーバンクルーザーは、全長3995×全幅1790×全高1640mm、ホイールベース2500mmと、全幅はロッキー/ライズと同じ値で、全幅は95mm広く、ホイールベースも25mm短い。

 最小回転半径は5.2mと、この種のSUVのなかでは一般的な値だが、全長が短いため、狭い場所でのクルマの取り回しはやりやすそうだ。

 エンジンは、スズキが「Kシリーズ」と呼ぶ1.5L直列4気筒ガソリン(105ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpm)の一本。

 デュアルバッテリーを搭載するスマートハイブリッドシステム(AT車のみ)は、加速時にトルクをアシストする機能のほかにも、燃費改善のため、アイドリングストップ、ブレーキエネルギー回生が可能だ。
 
 トランスミッションは5速MTもしくは4速ATの組み合わせで、インドで公表された燃費は5MTが17.03km/L、4速ATが18.76km/L。

アーバンクルーザーのコクピット。安っぽさは感じない

 また、安全装備に関しては、クルーズコントロール、ヒルホールドコントロール、緊急回避操作時に役立つABS+EBD(Electronic Brakeforce Distribution)、運転席と助手席両方へのエアバッグ、リバース時のパーキングカメラ、電気式リアビューミラーなど、ひと通り揃ってはいるが、ひとつひとつの装備内容は、日本市場のコンパクトカーと比べると、若干物足りない内容となっている。

 アーバンクルーザーのインド国内価格は、84万0000ルピーから113万0000ルピー、日本円に換算すると、約121万円から163万円(1インドルピー=1.44 円換算)だ。

 もし、このままの価格帯で、アーバンクルーザーが日本に上陸してきたら、爆発ヒットをしているライズやヤリスクロスも、落ち着いてはいられないだろう。
 
 サイズ的には、アーバンクルーザーは、ライズとガチンコライバルとなる。トヨタのコントロールのもとで、国産コンパクトカーの名手である「ダイハツ」 「スズキ」双方のOEMを代理戦争をする、という構造となるが、それもまた、おもしろそうだ。

次ページは : 日本導入の可能性はゼロではない!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ