ボルボ メルセデス BMW ホンダe… 5年待ってでもほしい!!! 良質車たち10選


「あー、欲しいけど高いねぇ……5年後に中古なら安くなってるっしょ」なんて妄想、皆さん暇があればしてるはず。「頭の中の車庫」がパンパンの人もいるだろう。そしてそれは、クルマの試乗が日常となっている自動車評論家たちもいっしょ。

 今回ここでは「評論家が5年後でも、中古でもガチで欲しくなったクルマたち」を紹介してみたい。いまは買えないけど5年後なら…と評論家たちに思わせるほどの「良質車」。果たしてどんなクルマが選ばれたのか? その理由は???

 皆さん普段から新型車に乗りまくってるだけに反応も鈍いかなと思っていたが、これみよがしに高くてイイクルマを挙げてきた。本当のクルマの好みが見えるようで面白い。さっそく松田秀士氏のイチオシからご紹介!

【画像ギャラリー】名うての評論家衆が5年待ってでも買いたい優良車たち 13モデルをギャラリーでチェック!!!!

※本稿は2020年9月のものです
文/松田秀士、岡本幸一郎、渡辺陽一郎、鈴木直也、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■松田秀士が5年後に欲しいクルマ

 利益出てる法人経営者の皆さん、知ってる? 中古車は2年で減価償却できるんですよ! コロナの時期に言っても無駄か!?

 ま、でもV60 T8は欲しいんだけど新車ではなかなか手が出ない。でもね、いいクルマ。今、輸入車の中では最高のデザインだね。

松田氏の本命:ボルボV60 T8 Twin Engine AWD(新車価格:849万円)…走りにこだわりを持つ松田秀士氏がボルボを選んだのが面白い。ボルボは5年保証がついているので、メーカー認定中古であれば松田氏の条件でもかなり程度のイイ物件があるはずだ!

 エンジンはターボとスーパーチャージャーのWチャージャーで318ps。これにリアは電動モーターが87psの4WDだ。8速ATにより心が抜けるような加速も味わえる。

 さらに準自動運転かと思えるほどのADAS機能が安心感を支えてくれる。

 PHEVということを考慮して、将来あまり年数と距離がかさんだ個体はパスしたい。でも希望価格は400万円前後。走行距離は3万km前後だね。

 走り込んでちょうど脂ののった時期。5年経っても、その頃の新車と遜色ないと思うよ。

 で、BMW M4。もうすぐモデルチェンジだし。リアサス、ボディ直付けのあのどっしりとしたスタビリティは最高! 目標は5年後500万円! 貯金しなくちゃ!

松田氏の次点:BMW M4(新車価格:1213万円~)…BMWのMはスポーツ好きからの支持が厚い!

■岡本幸一郎が5年後に欲しいクルマ

 僕は“いかにも”なクルマが大好き! 一番欲しいのはGT-Rなんだけど、5年たっても安くなってなさそうなので省く。

 予算500万円を目安に考えてみた。そして、本命として真っ先に思い浮かんだのが、世界一安い700psオーバーのトラックホークだ。

岡本氏の本命:ジープグランドチェロキートラックホーク(新車価格:1356万円)…世界一安い700ps(岡本氏調べ)であるグランドチェロキートラックホーク。サーキット走行性能を上げるため、大型のブレンボ製ブレーキキャリパー、ビルシュタインダンパーを装備

 一度、試乗したことがあるんだけど、6.2L V8スーパーチャージャーの加速にはタマゲタ! 新車はそれなりに高いけど、アメ車は往々にして値落ちが早い。

 おそらく5年後には順当に500万円を切りそうな気がする。あの刺激的な加速が500万円で好きなだけ味わえると思えば安いもんだ。

 次点はAMG GTの4ドア。家族を乗せるため2ドア車を所有するのはハードルの高い僕にとって、4ドアでこんなにカッコいいクルマはないと発売時からずっと気になっていた。

 ボトムの「43」でも1200万円超だけど、キャラの近いCLSのAMGがだいたい5年落ちで半値以下になっているので期待できそう。でもAMG GTはそうはいかないかな……。

岡本氏の次点:メルセデスAMG GT 4ドアクーペ(新車価格:1216万円~)…2020年7月に一部改良され、MBUXを標準装備。ISGを搭載するマイルドハイブリッドだ

次ページは : ■渡辺陽一郎が5年後に欲しいクルマ