全車僅か3年足らずで消滅!! 記憶に残る超短命車 5選

 なかには2年未満で消滅したモデルも! 記憶に残る個性派はなぜ3年足らずで消えた?

 車という工業製品は、企画から開発、発売まで多くのコストが費やされている。しかし、それでも人気車は一握り。1代限りで消滅するモデルも少なくない。

 とはいえ、発売から10年経過して今なお販売を継続している車も少なくなく、3年程度で販売打ち切りとなるのは、極めて異例だ。

 本稿では、僅か3年足らずで消滅したモデルのなかから特に記憶に残る5つの個性派モデルを改めて紹介したい。

文/片岡英明、写真/TOYOTA、HONDA、SUZUKI、DAIHATSU、MAZDA

【画像ギャラリー】ロードスタークーペのタイプ別顔くらべも! 記録より記憶に残る超短命車を写真で見る


■数奇な運命を辿って消えた悲劇のSUV

●トヨタ ヴォルツ(2002年7月〜2004年4月)

GMと提携していたトヨタが販売した逆輸入車ヴォルツ。アメリカほどの人気は得られず2年足らずで姿を消した

 ヴォルツは数奇な運命を辿り、短期間で消滅した悲劇のクロスオーバーSUVだ。

 アメリカのゼネラルモーターズ(GM)と提携していたトヨタはヴォルツを共同開発し、2002年8月に日本ではネッツ店にスプリンターカリブの後継として送り込んでいる。生産はアメリカのカリフォルニア州フリーモントにあるGMとの合弁会社、NUMMIで行う。俗に言う、逆輸入車だったのだ。

 北米ではプリズム(USスプリンター)の後継、マトリックスの兄弟車と位置付けられ、ボンティアックブランドはヴァイヴを名乗った。

 9代目カローラのMCプラットフォームをベースに、SUV風のボディを被せたヴォルツは1.8Lの1ZZ-FE型とスポーツツインカムの2ZZ-GE型エンジンを積んでいる。主役の1ZZ-FE型エンジン搭載車はFF車のほか、4WD車を設定した。が、個性の強いデザインや中途半端な性格が災いしたようで、販売は伸び悩んだ。

 RAV4やCR-V、エクストレイルなど、日本には手強いライバルが多く、ユーザーも目が肥えている。アメリカでの好調とは対照的に、販売は低調だった。そのため、わずか1年8カ月販売しただけで姿を消している。

 筆者は、発売を前にNUMMIの工場を取材したが、日本向けのヴォルツは品質検査が厳しかったし、組み立ても丁寧だった。正当に評価されず、販売を打ち切ったのは残念だ。

■アメリカの若者をターゲットに開発された逆輸入車

●ホンダ エレメント(2003年4月〜2005年7月)

個性的なデザインが目を引くホンダ エレメント。SUVが人気の今の方がむしろ受け入れられるかも?

 ジェネレーションYと呼ばれるアメリカの若者たちをターゲットに開発されたクロスオーバーSUVがホンダの意欲作、エレメントだ。

 ライフガードステーションをモチーフにしたエクステリアデザインは個性的で、シンプルな面だけの構成だが、力強いし、迫力もある。

 ドアは左右に開く観音開きとした。Bピラーレスだから開口は大きいし、開放的だ。また、リアには上下に2分割で大きく開くクラムシェルテールゲートを採用した。機能性に関しては満点だったのだ。

 これまたアメリカからのいわゆる逆輸入車である。日本にはアコードと同じ2.4Lの直列4気筒DOHC i-VTECエンジンにインパネシフトの4速ATを組み合わせた仕様が導入された。駆動方式はデュアルポンプ式のフルタイム4WDだ。

 キャビンは広く、前席はウォークスルーできるから、座席の移動もラクだった。シートは防水処理し、しかも大振りだから気持ちよく座れる。ラゲッジルームも防水性を持つワイパブルフロアだ。たくさん荷物を詰めるだけでなく、ロアゲートに座ることもできる。

 日本での発売は2003年4月だった。アメリカ育ちらしい楽しい気分にさせてくれるレジャーカーで、ワゴンにもミニバンにも、そしてSUVにもなる多彩な感覚も魅力だ。

 が、デビューが早すぎたのか、日本では鳴かず飛ばずで2005年夏に販売を終了している。1815㎜の全幅も、当時としては広かったから二の足を踏んだ人も多かったのだろう。今なら売れていたはずだ。その証拠に、今でも中古車は高値を付けている。

■時代が早すぎたクロスオーバーSUVの先駆け

●スズキ X-90(1995年10月〜1998年12月)

ディフォルメしたスーパーカーといった雰囲気のスズキ X-90。好みの分かれる外見と2シーターが災いしたか?

 1993年秋の第30回東京モーターショーに、スズキは初代エスクードのショートボディをベースにした2シーターのクロスオーバーSUVを参考出品している。それが「X90」だ。

 全長はベースとなったエスクードより長く、全幅も広げられているが、背は低い。ラダーフレームだが、オンロードでの走りを強く意識し、キュートなデザインと開放感あふれるガラス製のTバールーフが目を引いた。インテリアもセダンライクなデザインだ。

 エンジンはエスクードと同じ1.6ℓのG16A型直列4気筒SOHC4バルブを搭載している。駆動方式はハイ/ロー2段の副変速機を備えたパートタイム4WDだ。

 1995年10月、このショーカーは「X-90」と表記を変え、市販に移された。今につながるクロスオーバーSUVの先駆けで、メインターゲットは北米である。

 が、日本では販売が低迷し、1998年に販売を終了している。販売台数は1300台あまりにとどまり、不人気車のレッテルを貼られたが、企画そのものは悪くなかったと思う。

 致命的だったのは、2人乗りだったし、時代が早かったことだ。4人乗りだったら違う評価になっていたはずである。ちょっと先走りしてしまったようだ。

■あえて全高を低く抑えたスペシャリティKカー

●ダイハツ ソニカ(2006年6月〜2009年6月)

ハイトワゴン全盛の中、あえて全高を低く抑えて挑んだダイハツ ソニカ。販売は低迷したが心意気は高く買いたい

 フルオープンのコペンによって新境地を切り拓いたダイハツは、2005年秋の東京モーターショーに「Sケーツアラー」を参考出品した。これを量産に移したスペシャリティ感覚の軽自動車がソニカだ。

 2006年6月に登場したが、主流となっているハイトワゴンではない。全高を立体駐車場が使える高さに抑え、シルエットもクーペのように伸びやかだった。今見ても洗練されたデザインだと思うし、インテリアの見栄えもいい。

 エンジンは直列3気筒658ccのDOHCとDOHCターボを搭載。無段変速機のCVTも世界初のインプットリダクション式3軸ギアトレーンを採用した。当時のダイハツとしては珍しくスタビライザーを全車に標準装備し、ハンドリングは軽快だ。安心感のある走りを披露し、静粛性も軽自動車レベルを超えている。

 上質な軽スペシャリティだったが、広さと積載能力を優先する人が多かったため、強固なハイトワゴンとスーパーハイトワゴンの牙城を切り崩すことはできなかった。販売は低迷し、3年ほどで生産を終了。1代限りで消えていったのである。

■ルーフがついてもロードスター? 当時唯一の国産スポーツクーペ

●マツダ ロードスタークーペ(2003年10月〜2004年4月)

ロードスターは元々幌を持つ2ドアの自動車の意味だが、ルーフを被せてしまったマツダ ロードスタークーペ。改めて見ると現行のロードスターRFに似ていなくもない

 1998年1月に登場した2代目ロードスターをベースに、ルーフを被せ、粋なスポーツクーペに仕立てたのが「ロードスタークーペ」だ。エクステリアはCピラーを寝かせたことにより伸びやかで、躍動感を増している。

 「クーペ」と「タイプS」は、ロードスターと同じ顔付きだが、限定発売の「タイプA」と「タイプE」は専用のフロントマスクを採用。

 「タイプE」は、カフェレーサー風の顔が目を引く。インテリアもしゃれたムードだ。ベースモデルは1.6Lの直列4気筒DOHCエンジンをだが、他の3グレードは1.8Lエンジンだった。5速と6速MTのほか。4速ATも選べる。

 マツダの子会社であるマツダE&Tの開発技術を使って設計され、生産された。ボディ剛性は高かったし、重量増加も10kgほどに抑え込んでいたから走りは軽快だ。ボディカラーも美しい。

 当時は5ナンバー唯一の国産スポーツクーペだったが、注目度は今一歩だった。ミニバンやクロスオーバーSUVが持てはやされている時代だったからだ。価格も少し割高に感じたし、ロードスター自体もモデル末期になっていたから販売は低空飛行を続けている。意欲作だっただけに残念な結果に終わった。

【画像ギャラリー】ロードスタークーペのタイプ別顔くらべも! 記録より記憶に残る超短命車を写真で見る