国産ステーションワゴンの雄が激突! 新型レヴォーグvsカローラツーリング ここが推し!対決やいかに!? 

 クルマには複数のカテゴリーがあるが、ワゴン(正確にはステーションワゴン)は、国内の売れ行きと車種数を大幅に減らした。20年ほど前までは、トヨタ「カルディナ」、日産「ステージア」、ホンダ「アコードワゴン(のちのツアラー)」など約20車種が用意されたが、今は6車種程度だ。

 国内のワゴン需要は主にミニバンに吸収され、北米ではSUVに押された。2000年頃は、国内で売られる小型/普通乗用車の10%近くをワゴンが占めたが、今は3%前後と少ない。

 しかしワゴンの魅力は健在だ。全高は大半の車種が1500mm以下だから、重心はセダンと同等に低く、走行安定性と乗り心地を向上させやすい。立体駐車場の利用性も良好だ。またセダンに比べると天井を後方まで長く伸ばし、後端にリヤゲートを装着したから、荷室の使い勝手も優れている。

 このようにワゴンは、セダンと同等の安全性と快適性を備え、ミニバンほど広くないが荷室も使いやすい。そのためにメルセデスベンツやBMWなどのドイツ車には、今でもワゴンが多い。欧州では日常的に高速走行の機会があり、安全のために、低重心による優れた走行安定性と疲労を抑える快適な乗り心地が重視されるからだ。

 そして最近では珍しく、国内でもワゴンの新型車が相次いで登場した。2019年にトヨタ「カローラ」がフルモデルチェンジを行って新たに「ツーリング」が設定され、2020年にはスバル「レヴォーグ」も新型になっている。

 レヴォーグは2020年8月20日に先行予約を開始して、10月15日に正式発表を行い、11月26日に納車を伴う発売となる。このスケジュールは繁雑で、メーカーは早期に売れ筋グレードなどがわかるから都合がいいが、ユーザーは長く待たされてしまう。

 それにしてもワゴンファンには、この2車種は気になる存在だろう。そこで両車を比べたい。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部

【画像ギャラリー】気になる両雄の詳細をチェック!! 新型レヴォーグとカローラツーリング一挙比較


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ