【待ってた!】けものフレンズ×ホンダアクセス コラボ車、東京オートサロンに登場!!

【待ってた!】けものフレンズ×ホンダアクセス コラボ車、東京オートサロンに登場!!

■その名も「けもフレ フィット」登場

 2017年12月22日、ホンダアクセス(ホンダ車専用純正アクセサリーを開発、提供するブランド)は、東京オートサロン2018(2018年1月12〜14日)出品車を発表しました。

 6台の出品車のなかで特に当サイト担当者の胸に突き刺さったのが「けもフレ フィット」(この車名、ホンダアクセスが公式に付けてます)。

ベース車両:フィット HYBRID・F CROSS STYLE(純正アクセサリー)装着車
ベース車両:フィット HYBRID・F CROSS STYLE(純正アクセサリー)装着車

「今年ブレイクした『けものフレンズプロジェクト』とのコラボカーを製作。フィット・クロススタイルをベースに、けものフレンズの世界観を楽しんでいただける一台に仕上げました」

 とはホンダアクセスの公式解説で、今回発表された概要写真には「※デザイン中」とあるものの、サファリ(じゃぱり?)カー風のルーフキャリアやルーフライト、各種ステッカー(カッティングシート)、専用エンブレムなどが施されたフィットが写っている。

 これまで、『けものフレンズ』は多くの動物園のほか、清正製菓、ファミリーマート、JRA、みさき公園、日清食品、京王電鉄、マネックス証券と、多様な業種とのコラボレーションが展開されてきたが、自動車メーカー(厳密にいうと「ホンダアクセス」なのでメーカー直系ブランド)との正式コラボは初めて。本企画担当、万感の想いをもって当記事を更新しております。

関連記事:『けものフレンズ』に自動運転とAIの幸せな可能性を見た【編集部便り】

 蛇足を承知で本企画担当のごく個人的な私見を述べさせていただくと、単にキャラクターのカッティングシートを車体に(無計画に)ぺたぺた貼ったり、シート地に簡単な刺繍をほどこしたりといった「とりあえず流行に乗ってみましたコラボ」ではなく、昨今クルマ界の潮流でもある「アクティブ系(クロスオーバーSUV系)」でワイルドに仕上げつつ、『けものフレンズ』のテイスト、世界観を織り込んでいるところが大変よいなぁと感じました(もちろん最終評価は実車を見てからではありますけれど)。

「ちょっとやりすぎでは」だとか「微妙にコレジャナイ感がある」といった感想をお持ちのファンもいらっしゃるでしょうが、ホンダアクセス製ということなら「コンプリートカー」としての販売ではなく、各パーツ(「ステッカーのみ」とか「エンブレムのみ」等)ごとのバラ売りも対応できそうなので、このまま市販化を期待したい。

 というか、この出品車、ぜひ撮影・試乗させてください。

【上記以外の出品車】(ホンダアクセス発表の公式紹介付き)

■Re:Z(アールイーゼット)

ベース車両:CR-Z α・Black Label

 eco は燃費だけじゃない。古いものや価値を見つめ直し、自分らしく楽しみながら永く使うこと。初代《HONDA Z》をヒントに「はじめての・ひさびさのデートカー」としてまとめた 2 シーターハッチバック。流行やスペックから離れた自分らしいカーライフを大好きな人と楽しんでほしい。

〈Re=リラックス・リノベーション・リユース・リバイバル〉

■ODYSSEY CROSS CRUISER(オデッセイ クロスクルーザー)

ベース車両:オデッセイハイブリッド アブソルート

 シーンを選ばず洗練された車旅を楽しむためのクロスオーバー ミニバン。クラス感を感じさせる上質なデザインと行動範囲を広げる 走破性を併せ持ち、非日常の豊かな体験へ導きます。

■N-BOX 《BARBAPAPA》COLLECTION (N-BOX バーバパパコレクション)

ベース車両:N-BOX G・L Honda SENSING

“バーバパパとかくれんぼ”をテーマに、ママも子どももごきげんなクルマを作りました。クルマの各所にはバーバパパがかくれています。クルマでのおでかけのふとした時にバーバパパを見つけてクスッと笑える楽しいカーライフを提案します。

■N-ONE CHUMS コラボ(N-ONE チャムスコラボ)

ベース車両:N-ONE G 特別仕様車 SS ブラウンスタイルパッケージ

 アウトドアブランド「CHUMS」とのコラボレーションモデル。女の子4人で気軽に楽しく外遊びにでかけたくなるような、車の中でも外でも使えるアイテムを揃え、CHUMS カラーにコーディネートしたN-ONEです。

■S660 ホンダアクセス モータースポーツ部 K4-GP 参戦車両

ベース車両:S660 α

“最強の軽自動車を作ろう”をコンセプトに、S660をベースに666kgの車重とパワーウエイトレシオ6kg/ps台達成を目標に設定。大胆な重量削減+エンジンパワーアップとサーキット走行に耐えうる熱対策・シャシーチューニングを実施した。ホンダアクセス社内モータースポーツ部活動メンバーで2017年K4-GP500km耐久に出場。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! ベストカー8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のベストカー最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ