爆売れアルファード なぜいま? どう買う?? 販売急増の理由と買い方


 新車を購入する時には必要な情報って何だろうか? そのクルマの基本情報はもちろん、どのグレードがいいのか、オプションは、値引きは……と知りたい情報はたくさんあるけれど、なかなか情報が出てこない……、と困っている人も多いのではないだろうか。

 そこで、今回は押しも押されぬ人気車、アルファードを取り上げ、新車購入の際に役に立つ、ベストな購入法を解説していきたいと思う。

 アルファードは、2020年11月には1万109台も売れて、この月の登録車の車名別販売台数ランキングで3位に入った高級ミニバンだ。

 なぜアルファードは高額車にもかかわらず、爆売れしているのだろうか? 爆売れしている理由と、今アルファードを新車購入しようとしている人に向けた最適解な買い方を、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

 ここで紹介するメニューは以下の通り。ぜひ最後まで読んでからディーラーへ行ってほしい。

・どんなクルマ?
・最近の販売台数と人気度
・主な機能の評価は?
・ユーザーニーズ別の推奨グレード
・選ぶのを避けたい要注意のグレード
・売れ筋グレードのベスト3
・これだけは付けたい推奨オプション
・上手な買い方と値引き方法
・納期など購入する時の要注意点
・価格を含めた買い得度と総合評価


文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ

【画像ギャラリー】オラオラ顔で新車販売3位に躍進!? アルファードの詳細写真をチェック!


アルファードってどんなクルマ?

圧倒的な人気を誇るアルファード。このオラオラ顔によって販売台数を大幅に伸ばしたのか?
アルファードは標準ボディとエアロボディの2タイプを設定。こちらは標準ボディで、グリルを囲むメッキモールが強調されている

 アルファードは2015年1月に登場したLサイズミニバンの人気車種。ボディサイズを販売の主力グレードで見ると、全長は4950mm、全幅は1850mmと大柄で、全高は1950mmに達する。

 堂々とした存在感の伴う外観は、アルファードが人気を高めた大切なセールスポイントにもなっている。

 2018年1月のマイナーチェンジでは、フロントフェイスやリアのバックドアガーニッシュ、コンビネーションランプのデザインが変更され、内装ではメーター加飾、シート表皮などが変更された。

 2つ目の特徴は、Lサイズミニバンならではの広い室内だ。1/2列目は頭上と足元に十分な空間があり、リラックスして快適に移動できる。

 3列目は畳んで広い荷室に変更することを重視したから、床と座面の間隔が不足して足を前方へ投げ出す座り方になりやすいが、頭上と足元はグランエースを除いた国産ミニバンでは最も広い。多人数が快適に乗車できることも、アルファードの大切な特徴になっている。

 3つ目は豪華な車内の造り込みだ。メッキパーツも多く使われ、各部を上質に仕上げた。さらに着座位置が高めで周囲の見晴らしが優れていることも、好調に売れる理由となっている。

 4つ目にはワイドなグレード構成も挙げられる。エンジンは直列4気筒2.5L、2.5Lハイブリッド、V型6気筒3.5Lと豊富に選べる。

 ボディタイプも、標準ボディとエアロパーツを装着する2種類を用意した。なおアルファードには、姉妹車としてヴェルファイアも用意されている。

最近の販売台数と人気度

 もともとアルファードと姉妹車のヴェルファイアは、高価格のLサイズミニバンでありながら好調に売れていた。

 特に2020年9月から11月は、アルファードの登録台数が1万台を上回り、コンパクトカーのフィットなどよりも多く売れた。国内販売ランキングでも上位に喰い込む。

 好調に売れる理由は大きく分けて2つある。まずは先の項目で触れたアルファードの商品力だ。外観が立派で内装も豪華、車内は広く、エンジンの選択肢も多い。これらの特徴が売れ行きを押し上げた。

 2つ目の理由は、トヨタの全店が全車を扱う販売体制に移行したことだ。現行型の登場時点では、ヴェルファイアのほうが多く売れていたが、マイナーチェンジでアルファードがフロントマスクをさらに派手な形状に変更すると、両姉妹車の販売順位は逆転した。

 2020年5月以降は、トヨタの全店で全車を買えるようになったので、従来はアルファード&ヴェルファイアを扱わなかったトヨタ店やトヨタカローラ店でもアルファードの売れ行きが伸びた。

 さらにヴェルファイアを扱っていたネッツトヨタ店でも、アルファードに乗り替えるユーザーが生じて、両姉妹車の販売格差が一層拡大している。

 直近の2020年11月の登録台数を見ると、ヴェルファイアはアルファードの12%しか売れていない


■2020年1~11月におけるアルファードの新車販売台数
※順位は新車販売の総合順位、カッコ内は対前年同月比
・1月/12位、5147台(87.1%)。ヴェルファイア:30位、2001台(55.3%)
・2月/14位、5241台(92.7%)。ヴェルファイア:39位、1717台(47.2%)
・3月/14位、7885台(103.8%)。ヴェルファイア:35位、2719台(58.8%)
・4月/6位、5739台(98.6%)。ヴェルファイア:24位、1690台(54.6%)
・5月/5位、5750台(110.6%)。ヴェルファイア:23位、1378台(48.6%)
・6月/5位、6835台(134.3%)。ヴェルファイア:36位、1192台(40.4%)
・7月/6位、8448台(135.6%)。ヴェルファイア:38位、1289台(38.4%)
・8月/5位、7103台(153.5%)。ヴェルファイア:36位、1226台(59.4%)
・9月/4位、1万436台(160.0%)。ヴェルファイア:40位、1273台(36.6%)
・10月/5位、1万93台(196.7%)。ヴェルファイア:38位、1261台(56.8%)
・11月/3位、1万109台(175.9%)。ヴェルファイア:41位、1241台(50.1%)

次ページは : 主な機能の評価は?

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ