「けもフレ フィット」じっくり撮影&取材! ぜひ市販を!!!!

 2017年1月11日〜3月29日にテレビ東京系列で放映され、大きな話題となった『けものフレンズ』(もう一年前!)。大人気となっただけでなく数々のコラボレーションで話題となり、関連グッズの売り上げを伸ばしています(当サイトでも何度か記事を書かせていただきました!!)。
 そんなコラボ作品のひとつが、2018年1月12〜14日に開催された東京オートサロン2018に出品された「けもフレ フィット」。
 ホンダアクセスブースに登場したこのコンセプトカーに、『けものフレンズ』大好きなライター&カメラマンの西尾タクトが突撃取材を敢行いたしました!
文&写真:西尾タクト


■細部の「こだわり」に作品への愛を感じました

 事前から話題となっていたこの車両展示。オートサロン初日、ホンダアクセスのブースに駆けつけたわたくしは、今回のデザインをした、ホンダアクセスDヤマさん(ホンダアクセス商品企画部プロダクトデザインブロック 山田真司氏)に直撃しました。

 お会いして最初のイメージは「若い!」Dヤマさんは柔らかい雰囲気の好青年で「私もフレンズです」と話しかけたところ、関係者パスをチラリと見たあと、にっこりと笑ってくれました。ああ、この人もクルマ好きなフレンズなんだね……、とひと安心。

「今回の企画、まずは“痛くない痛車”を作ろうってコンセプトなんですよ」

 なるほどなるほど。コレ以上にない解りやすい解説。

 ボディカラーは、メインキャラクターのサーバルちゃんをモチーフにしながらも、凄いのは、サイドだけで20体ものフレンズのシルエットがデコレーションされている点。Dヤマさんと、開発陣の作品に対する愛が溢れていました。

 今回、エンジンや足回りに手が入っているわけではなく、仕様変更はステッカー周りとエンブレム、パネル類、それに内装が中心。

 実車を見て特に感動したのは「作品の世界観へのリスペクトがあること」でした。運転席のシートカバーはサーバル、助手席はかばん、中央にあるシフトレバーがラッキービーストをモチーフに製作されており、ラゲッジスペースはビーバーが作ったベンチを想定しているとのこと。

 うーむ、パーツ単体でバラ売りしてほしいです。

■ちびっこレイヤーと記念撮影

 実はですね、ちびっこコスプレイヤー達(※編集部註/ライター西尾の友人)が、けもフレFITに会いに来たいとメールをくれまして……このクルマと一緒に撮影することは可能でしょうか……? とDヤマさんにお願いすると、「子供たちに喜んでもらえるなら是非!」と即答。けもフレFITと一緒にコスプレのちびっこ撮影の許可をいただきました。

 ちびっこコスプレイヤーのなごみちゃん(かばんちゃん)と、すぅちゃん(ジャイアントペンギン先輩)が、パパママ達と一緒に、ちょこんと待っていてくれました。

 せっかくなので撮影しつつこの「けもフレ フィット」の感想を聞くと、「たのしい!」とまことにそのまんまなコメント。ホイールや、窓に隠れたフレンズ達。なかでも一番の推しはやはり、ホンダエンブレムを外してまで装備された、『の』エンブレム。タイプRならぬ、タイプジャパリ。

「このクルマにしようよ、お母さん!」と、正直な声が飛んでいました。

 クルマ好きで、昔ベストカーに取材された事もあるという、なごみちゃんのパパは、車両上部のサファリ風フォグに注目。「いいですねぇ!こういうのがホント、親子で楽しめるクルマですよ」と、販売されれば本当に購入を考えたい目線でした。

 実に「たーのしー!」一時を過ごさせて頂きました。ホンダアクセスの皆さん、ありがとうございましたなのだ!

【おまけ】帰りしなに、ベストカーも協力していたWRC日本開催招致ブースにも、みんなで立ち寄ってくれました。クルマの色んな所が「たのしー!」になっていくといいね。

 

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ