イキリ運転はかっこわりぃ!! ハラハラ、イライラ運転9選

イキリ運転はかっこわりぃ!! ハラハラ、イライラ運転9選

 「俺ってイケてるじゃん」な雰囲気モリモリの「イキリ運転」、つまり、「いきがっている」運転は、イケてるどころか、周りをハラハラ、イライラさせるだけ。当然、トラブルのモトにもなることもある。

 特に近年は、あおり運転をはじめとした、キレやすいドライバー同士のトラブルが急増中ということで、「イキってるなぁ」と周りから思われるような運転は避けたいところだ。

 今回は、軽度のイキリから、重度のイキリまでご紹介。自分は関係ないと思っていても、周りから見るとかっこ悪いイキリ度満点の運転をしているかもしれない。一度、自分の運転を振り返ってみてほしい。

文/藤原鉄二、写真/写真AC

【画像ギャラリー】もしかしてやってるかも…イキリ運転にご注意を(10枚)画像ギャラリー

イキリ度1 迷惑度は低いけど、チョいかっこ悪い…

■ハンドルの握り方がだらしない…「ハンドル握りたくないマン」

イキリ運転はかっこわりぃ!! ハラハラ、イライラ運転9選
指1本をハンドルに添えるだけ!? 高速道路など、単調な道を走っていると無意識のうちにやっていることも。覚えがある人も多いのでは?

 一瞬「このクルマは自動運転レベル3かっ!?」と目を疑ってしまうほど、ハンドル握り面積が小さい人を見たことがないだろうか? 具体的には、指1本でハンドルを支えるなどだ。実際、何かあったらクルマを的確にコントロールすることなどほぼ無理と思われるハンドルの握り方をしている人はかなり多い。

 無意識に行っているという人も多いだろうが、なかには「初心者じゃあるまいし、教習所で指導されるような位置でギュッとハンドルを握るなんてクールじゃないぜ」と、ベテランドライバー&運転上手いアピールをしている人もいるのでは? しかし、同乗者にとってはクールどころか不安でしかない……。

 特に女性は、男性が考えている以上にハンドルの握り方など、男性の運転中のちょっとしたしぐさを観察しているもの。「いきがって、かっこわるっ」なんて思われないようにハンドルの握り方には注意しよう。

 なお、道交法第七十条には「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」とあり、ハンドルを両手でしっかりと握らず運転する行為は違反となる可能性が高い。本当に危険なので、走行中は正しい運転姿勢と「何があっても対応できる注意」を怠らないようにしよう。

■ナビ無視の「裏道知ってるからいいのおじさん」

 カーナビで右へというところをガン無視。指摘をすると、「ナビ通りに行くより早い道知ってるんだよ」と……。そんな人のクルマに同乗した経験がある人は多いはずだ。おじさんに多い傾向があるが、この「裏道を熟知している俺ってかっこいい」アピールを嫌う人は意外と多いのだ。

 最悪なのは、その裏道が私道のような極細道だったり、クルマが通ることが憚れるような道を走られた時……。

 悲しいかな、裏道を熟知していることがある意味”誇り”だった時代はもはや今は昔。ナビ頼りは常識のイマドキの若者にしたらナビに逆らうなんて無駄なイキリ行為にしか見えないのだ。

■成金おやじ臭プンプンの「のけぞりドラポジさん」

 ドライビングポジションを気にする同乗者は意外と多い。特に女性に不評なのが「のけぞりドラポジ」。「成金おやじみたいでかっこ悪い」という女性の声も……。

 クラッチ操作が必要なマニュアル車が多かった時代にはそれほど多くはなかったが、オートマ車全盛となってからは、この「のけぞりドラポジ」のドライバーが急増。特に、ストップアンドゴーのない高速道路を走っている時に、ソファやリクライニングシートにリラックスして座っちゃっているのかと思わせるくらいのけぞって運転しているドライバーも散見される。本人は無意識にやってしまっているのかもしれないが、成金おやじ臭を感じて「かっこわりぃ」と思っている人もけっこういたりするのでご注意を。

次ページは : イキリ度2 嫌われ運転ランキングの常連運転

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ