新型クラウンでまさかの凱旋にファン感涙!!! なぜクラウンエステートは愛されるのか?


 ついにトヨタのクラウンがフルモデルチェンジ! 先日発表された新型クラウンは、従来の高級車路線を踏襲しつつも4タイプのモデルをラインナップすることにより、新たな展開を見せることになる。

 そして注目したいのが、セダンやクロスオーバーなどに加えて「エステート」がラインナップされること。かつて人気を誇った「クラウンエステート」の復活には心躍るファンも多いはず。では、このクラウンエステートにはどんな歴史があり、そして復活するクラウンエステートとはどのようなクルマなのだろうか?

文/長谷川 敦、写真/トヨタ、FavCars.com

【画像ギャラリー】復活したクラウンエステートの歴史を見る!(14枚)画像ギャラリー

新世代のクラウンで待望の復活

クラウンファン感涙!? エステート復活!! なぜクラウンエステートは愛されるのか?
2022年7月15日に発表された新型トヨタ クラウンエステート。先代エステートのようなワゴンスタイルではなく、SUVモデルでの再デビューとなる

 2022年7月、トヨタから新型クラウンが発表された。一時期はSUVへの一本化、あるいはシリーズ消滅などというウワサもあったが、これまでのイメージを一新した新世代のクラウンとして、今秋からの発売がアナウンスされている。

 今回発表された新型クラウンは「セダン」「クロスオーバー」「スポーツ」、そして「エステート」の4モデルが用意されることが決まっているが、クラウン好きが見逃せないのがエステートの復活だ。2007年にいったんクラウンのラインナップから消えたエステートとはどのようなクルマだったのだろうか?

エステート=ステーションワゴンでOK?

クラウンファン感涙!? エステート復活!! なぜクラウンエステートは愛されるのか?
1999年にデビューしたトヨタ クラウンエステート(アスリート)。それまでのクラウンステーションワゴンがリニューアルされたのがこのクラウンエステートだ

 クラウンエステートの登場は1999年。クラウンのフルモデルチェンジに併せて、以前はクラウンステーションワゴンと呼ばれていたモデルも12年ぶりにモデルチェンジされることになった。このリニューアルに伴い、名称もステーションワゴンからエステートに変更された。

 そもそもステーションワゴンとは、その名称どおり駅(ステーション)で使用されるワゴン(貨車)のことで、駅に到着した荷物を目的地まで運ぶためのものだった。これに由来して、ルーフを後部まで延長して、より荷物を載せやすくしたクルマがステーションワゴンと呼ばれるようになった。

 ステーションワゴンは主にアメリカで用いられていたクルマのカテゴリー名であり、イギリス英語の文化圏では同じタイプのクルマをエステートと呼んでいる。つまりステーションワゴンからエステートへの名称変更は、米英語から英英語に変わっただけとも言える。ちなみにエステートには「地所」や「財産」などといった意味がある。

なぜ初代クラウンエステートは人気車になったのか?

クラウンファン感涙!? エステート復活!! なぜクラウンエステートは愛されるのか?
クラウンエステート(ロイヤルサルーン)。1999年に同時に登場したクラウンエステート・アスリートに比べると落ち着きのあるルックスにまとめられている

 クラウンエステートの最初のモデルは、クラウンでは通算11代目にあたるS170系をベースにしている。発売は前述の1999年で、当初はロイヤルサルーンとアスリートの2グレードが用意された。ただし、ロイヤルサルーンは2001年のマイナーチェンジで廃止されている。

 ロイヤルサルーンはどちらかと言えば年齢の高いユーザー向けに作られていて、各部の作りに“ロイヤル感”があった。そしてよりスポーティに活用したい人のために開発されたのがアスリート。役員の移動用など、社用車として使われることが多かったセダンに対し、個人ユーザーがメインになることが想定されたエステートではアスリート系モデルが充実していた。

 ロイヤルサルーンとアスリートの主な違いは外観と足回りであり、アスリートの顔つきはロイヤルサルーンよりもやや厳つく、足回りも硬めに仕上げられていた。こうした事情もあってクラウンエステートではアスリートがメインになり、それがロイヤルサルーンの廃止につながった。

 クラウンエステートの魅力は、他の国産モデルにはなかった高級車のワゴンモデルだったことだ。ベースとなっているのが日本を代表する高級車のクラウンであり、車体やエンジンなどのクオリティは一級品。オマケに荷物積載量などの機能性に優れたワゴンとくれば、これはもう魅力的なのは間違いない。

 本来がサイズに余裕のある高級セダンだけあって室内や荷室スペースを十分に確保することができ、発売当時で最も出力の低い2.5リッター自然吸気エンジンでも200psのパワーを発揮し、重めの車体も軽々と加速させた。さらに2リッター直6ターボエンジンは280psを叩き出すなど、動力性能は申しぶんなかった。

 難点といえば他の国産ステーションワゴンより車体価格が高いことだったが、これはクラウンの派生モデルであることを考えると仕方なく、価格に見合う内容のクルマではあった。

 こうした理由により、クラウンエステートは爆発的な売り上げこそ記録しなかったものの、根強い人気を獲得し、本家クラウンが12代目にモデルチェンジされた2003年以降も独自路線でマイナーチェンジを続けた。

次ページは : クラウンエステートの生産終了とその事情

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ