もう二度と出ない!? 短命でも存在感絶大だった珍車 10選

 自動車は莫大なお金や人を賭けて日々開発され、そして進化している。メーカーは当然“売れるクルマ”を作りたいわけで、過去の経験から次第に手堅い商品に収れんしていくのは必然の成り行き。

 しかし、改めて過去のクルマを見返すと「もうこんな車、二度と出ないだろう」という奇抜なモデルも数多く生み出されてきた。これから紹介する斬新なクルマたちは、あまりの奇抜さゆえ短命に終わったモデルがほとんどだ。

 だが、こうしたモデルの果敢な挑戦のうえに現代の自動車は成り立っていると言っても過言ではない。本稿ではそのチャレンジ精神に敬意を表しつつ、特に奇抜だった10台のモデルを紹介したい。

文:ベストカー編集部
写真:編集部、TOYOTA、DAIHATSU、SUBARU、SUZUKI、RENAULT
ベストカー 2019年3月10日号


オープンにリムジンも!? ベース車から様変わりした珍車たち

■トヨタ コロナ スーパールーミー

 トヨペット店累計販売1000万台を記念した限定車で1990年登場。5ナンバーに収まるサイズながら210mm全長が延ばされた中流家庭のためのリムジンともいうべき存在だった。

・発売期間:1990年5月~(限定500台)
・全長×全幅×全高:4690×1690×1370mm
・価格:205万円

■ダイハツ リーザスパイダー

 1986年発売のベース車「リーザ」をオープン化する形で1991年に登場。2シーターオープンの珍しい軽自動車だったものの、不安定な幌の開閉のほかイマイチなボディ剛性なども相まって短命に終わった。

・発売期間:1991~1993年
・全長×全幅×全高:3295×1395×1345mm
・価格:145万3000円

■スバル インプレッサカサブランカ

 デビューは1998年。当時流行りのレトロ顔とインプレッサの基本デザインはあまり相性がよくなかったという評価も。セダンではなくスポーツワゴンに台数限定の形で設定された。

・発売期間:1998年12月~(限定5000台)
・全長×全幅×全高:4365×1690×1405mm
・価格:153万6000円

90年代には今や流行りのSUVやガルウイングの珍車も

■スズキ X-90

 モーターショー出展時(1993年東京モーターショーほか欧州のモーターショーに出展)の海外プレスからの好評を受け販売に踏み切ったが、販売期間は約2年、販売台数は1348台。伝説の珍車だ。

・発売期間:1995~1997年
・全長×全幅×全高:3710×1695×1550mm
・価格:136万円(5MT)

■ダイハツ ミラRV-4

 1992年、3代目ミラに追加される形で3ドアターボ車でフルタイム4WDの「RV-4」が発売。外観のみならず最低地上高もちゃんと引き上げられ、けっこうRVしていた。

・発売期間:1992~1994年
・全長×全幅×全高:3295×1395×1550mm
・価格:129万8000円(5MT)

■トヨタ セラ

 スーパーカーの象徴、ガルウィングドアを採用して1990年に登場。見た目の派手さとは裏腹にコンパクトなボディサイズで、エンジンは高回転型の1.5Lエンジンを搭載。最高出力は110ps/6400rpmだった。

・発売期間:1990~1994年
・全長×全幅×全高:3860×1650×1265mm
・価格:167万5000円(5MT)

実用ワゴンなのに奇抜さ満点の珍ワゴン

■トヨタ bBオープンデッキ

 初代bBをベースに2001年に登場。実用性はともかく、若年層を狙った明るい雰囲気を感じさせる個性派だった。

 しかし、ベースモデルのbBが人気を博し、2005年にフルモデルチェンジを行い、次期型へと刷新されたのに対し、「オープンデッキは」僅か2年で絶版となった。

・発売期間:2001~2003年
・全長×全幅×全高:3895×1690×1670mm
・価格:169万円

■スバル ドミンゴアラジン

 1996年、2代目ドミンゴベースに設定されたキャンパー仕様。ドミンゴは軽ワゴンのサンバーディアスをベースに登録車としたモデル。「アラジン」はこれにポップアップルーフを装備した受注生産車だった。

・発売期間:1996~1998年
・全長×全幅×全高:3525×1415×1995mm
・価格:159万8000円(リフトアップルーフ、2WD車)

■フィアット ムルティプラ

 前席3人×後席3人の個性的な6人乗り。そして、この顔つき。珍車以外の何物でもない。写真は前期型のものだが、マイナーチェンジ後の後期型は一転してオーソドックスなヘッドランプ形状へと変わった。

・発売期間:2003~2010年(日本)
・全長×全幅×全高:4005×1875×1670mm
・価格:249万円

■ルノー アヴァンタイム

 日本発売開始は2002年。4660㎜の全長を持ち、ミニバンライクな外観だが2ドアの個性派。それゆえドアは長さ1.4mと長大で、非常に重かった。

・発売期間:2002~2005年(日本)
・全長×全幅×全高:4660×1835×1630mm
・価格:500万円

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ