爆売れ必至の新型クラウンスポーツ発売まであと半年!! 新情報追加と激戦区ライバル比較!!

爆売れ必至の新型クラウンスポーツ発売まであと半年!! 新情報追加と激戦区ライバル比較!!

 2023年秋、新型クラウンシリーズ4車種の中でも最も売れそうな「クラウンスポーツ」(クーペSUV)が発売される。4月12日に公式から追加された新情報によると、クラウンスポーツはHEVとPHEVの二本立てで、全車4WDとのこと。開発中の数値ながらボディサイズも公開された。本稿では新型クラウンスポーツの、現時点で分かっていることと不明だが気になるところを整理してお届けします。

文/ベストカーWeb編集部、写真/TOYOTA、三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY、ベストカー編集部(アイキャッチ写真は撮影位置の関係でクラウンスポーツをめちゃくちゃ推しているみたいになっている豊田章男新会長)

■クロスオーバーとプリウスとハリアーの「いいとこどり」

 2022年7月の新型クラウンクロスオーバー発表会場にて、クロスオーバーを含めて4車種の「クラウンシリーズ」が公開された。その中でも赤いボディの「クラウンスポーツ」はひときわ目立っており、SNSでは「一番売れそう」、「これなら欲しい」、「なぜこれから出さなかった」などの声が多数あった。

 そして2023年4月12日には、新型クラウンスポーツの具体的な発売時期が「HEVは2023年秋頃、PHEVは2023年冬頃」と公開され、駆動方式は全車4WD、ボディサイズ(開発中の数値)やタイヤサイズ(21インチ)も発表。いよいよ盛り上がってまいりました。

2023年4月に追加された公式写真。フェラーリ「プロサングエ」みたいなフロントマスクでカッコいいい!! パワーユニットは一時「BEVでは?」と噂されたが、「HEVとPHEV」と発表された
2023年4月に追加された公式写真。フェラーリ「プロサングエ」みたいなフロントマスクでカッコいいい!! パワーユニットは一時「BEVでは?」と噂されたが、「HEVとPHEV」と発表された

 さらに内装動画も公開され、基本デザインは現行型クラウンクロスオーバーと同じであるように見えるが、(おそらくボディ同色のレザーである赤系にまとめられた内装で)これがカッコいい!! 

これも4月に追加公開されたクラウンスポーツの内装。デザイン自体は現行クラウンクロスオーバーと同じに見えるが、クロスオーバーにない「赤」の内装はすごくカッコいいぞ!
これも4月に追加公開されたクラウンスポーツの内装。デザイン自体は現行クラウンクロスオーバーと同じに見えるが、クロスオーバーにない「赤」の内装はすごくカッコいいぞ!
トヨタの新型クラウン特設サイトに公開された、「クラウンスポーツ」の新情報。
トヨタの新型クラウン特設サイトに公開された、「クラウンスポーツ」の新情報。

 パワーユニットは「HEVとPHEVが用意される」としか発表されていないが、トヨタ関係者から「クラウンクロスオーバーRSに設定されている2.4Lターボ+モーター(「デュアルブーストハイブリッドシステム」)&リヤEアクスルが新型クラウンスポーツにも搭載される」という証言を得ており、今秋発売される「HEV」とはこのパワーユニットでほぼ間違いないだろう。

 今回の発表で注目したのがボディサイズ。新型クラウンスポーツは、最近登場した新型クーペSUVの中ではサイズが「ちょうどいい感じ」であり(クラウンクロスオーバーどころかハリアーより全長が短い)、取り回しも含めて使い勝手がよさそう。

新型クラウンスポーツ諸元表
新型クラウンスポーツ諸元表

 新型クラウンスポーツは流行りのクーペSUVで、ライバルになりそうなモデルと並べるとやや小ぶりながら取り回しはよさそうで、そこも「売れそう」と感じる理由。主要ライバルが主にトヨタ車(レクサス車)になりそうなところはトヨタにとっては痛しかゆしだろうけど、たとえば10年後に「クラウン」と言えばこの「スポーツ」を指すようになっても驚かないデザインだ。

 この新型クラウンスポーツの特設サイトのトップには「エモーショナルで創造的な雰囲気を持ち、乗り降りや運転のしやすいパッケージと共に、俊敏でスポーティな走りが楽しめる、新しいカタチのスポーツSUV」と書かれており、つまり運転席からの見通しのよさや「たっぷりしたサイズ感」といった方面の「SUVらしさ」よりも、小ぶりながらしっかりした走行性能と使い勝手のよさを選んだということのようだ。

クラウンスポーツ(クーペSUV)のフロント7:3写真。クラウンシリーズのなかで一番売れそう
クラウンスポーツ(クーペSUV)のフロント7:3写真。クラウンシリーズのなかで一番売れそう

 ちなみにタイヤサイズも公開されており、(HEV、PHEVともに)21インチとのこと。クラウンクロスオーバーRSと同じ「225/45R21」だろうか。昨今の流行りとはいえ、このサイズはデカいなあ…。タイヤが大きいと、カッコいいけど維持費がかさむ。スタッドレスタイヤが高額になりそう。

 さておき、上述のとおり、新型クラウンスポーツは「2023年秋頃」に発売される。おそらく現行型クラウンクロスオーバーに続く「第二弾」となるはず。そこからセダン、エステートと、「クラウン祭り」が続くことになるだろう。まずは一刻も早く乗ってみたい。特にクラウンスポーツのPHEVはクラウンクロスオーバーとプリウスとハリアーの「いいとこどり」みたいになっていると予想。楽しみです。

【画像ギャラリー】カッコいいー!! 新型クラウンシリーズ最大人気になること必至!!「クラウンスポーツ」の全容(24枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!