【名前を聞くだけで胸アツ】クルマ好きに愛された名門ブランドの今


 クルマ好きならライト関係、ステアリングといったアフターパーツのお気に入りブランドがあることだろう。

 特に平成初期まではクルマの性能が現在のようによくなかったのもあり、各部をアフターパーツに変えるのが当たり前だった40代後半以上の世代であれば、その傾向はより強いに違いない。

 そんな方々が昔を振り返えると、「そういえば昔よく買ったあのブランドの名前を最近聞かないけど、今はどうなっているんだろう?」と思うこともあるかもしれない。

 かつて日本で一世を風靡した有名ブランドの今を追ってみた。

文:永田恵一/写真:マーシャルジャパン、FORTUNE、FET、レーシングサービスワタナベ、FERRARI、MAZDA、NISSAN


マーシャル(MARCHAL)

【当時の人気ぶり】
 フランスのフォグランプ、ドライビングランプといった補助灯のメーカーであるマーシャルは、自動車黎明期のポルシェやフェラーリの市販車に加え、夜間走行があるル・マン24時間レース参戦車両への供給も追い風となり、ブランドイメージを高めた。

マーシャルにとってル・マン参戦は自らのポテンシャルをアピールする最高の場となり、その名声は世界中に広まり日本でもマーシャル信者が多数存在した

 マーシャルの商品は1970年代初めから日本でも販売されるようになった。当時の日本車は純正のランプ類の性能が低かったのに加え、自動車熱が熱かった時代でもあった。

 そのため補助灯を追加するのは当たり前で、性能の高さに加え、黒猫のロゴでも認知度が高かったマーシャルの補助灯はクルマ好きの間で大人気となって一部では神格化されていたほど。

【現在は?】
 マーシャルは残念ながら1980年代に入り経営が傾き、フランスの灯火類のメーカーであるシビエに吸収された。ブランド自体は今も残っており、日本でもマーシャルジャパンを通して販売されている。

【現在の主力商品】
 現在は二輪用のヘッドライトのほうがラインナップは多く、四輪用は箱スカや初代フェアレディZといった旧車が主に使う規格品のヘッドライトが販売されていて、旧車に乗っているオーナーからは絶大なる支持を得ている。

722・702ヘッドランプ(4輪車用)はレンズ幅180mmのマルチリフレクタータイプ。価格は9720円(税込み)。写真のイエローと白色があり旧車オーナーにとって心強い存在。ただしイエローは初年度登録が2006年1月1日以降のクルマに装着して公道走行できないので要注意

取り扱い/マーシャル・ジャパン

フィアム(FIAMM)

【当時の人気ぶり】
 フィアムはイタリアのバッテリーなどの電装品メーカーで、同社のバッテリーやホーンはフェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベンツといったヨーロッパの名門にも現在も供給されている。

 日本では1980年代中盤まで日本車のホーンの音が味気なかったり、ショボイものばかりだったこともあり、フィアムのホーンは格調の高さも感じさせる音色がする標準タイプに加え、笛の音を再現していると言われているフェラーリに純正供給される二連エアホーンも、クルマを買ったら早めに交換するパーツとしてクルマ好きから愛された。

フェラーリに採用されている純正ホーンメーカーということでフィアムに憧れを抱いた青少年は多かった。フェラーリは買えないけどフィアムのホーンを買った人は数知れず

【現在は?】
 フィアムのホーンは現在も健在で、日本では株式会社フォーチュンなどを通じて販売が続いている。しかし、現在日本ではフィアム=バッテリーのイメージが強くなっている。

【現在の主力商品】
 フォーチュンではフェラーリやランボルギーニに純正装着される二連エアホーンに加え、エアホース不要の小型2連エアホーンや装着が容易なミニ強力電磁ホーンをラインナップしており、嗜好や予算に合わせたホーン選びが可能となっている。

 ただし2019年7月中旬時点で、フィアムのホーンはすべて在庫切れ状態にあり、再入荷するのがいつになるのかわからないという(フォーチュン談)。

FIAMM M4/O_SPORTS はフェラーリ車用でフェラーリに純正採用されている2連エアホーンのニューモデル。価格は1万800円(税別)となっている。ただし、現在フィアムのホーンすべての商品が在庫切れで次回商品の入庫がいつになるかわかっていないという

取り扱い/ FORTUNE

次ページは : ナルディ(NARDI)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ