【名前を聞くだけで胸アツ】クルマ好きに愛された名門ブランドの今

 クルマ好きならライト関係、ステアリングといったアフターパーツのお気に入りブランドがあることだろう。

 特に平成初期まではクルマの性能が現在のようによくなかったのもあり、各部をアフターパーツに変えるのが当たり前だった40代後半以上の世代であれば、その傾向はより強いに違いない。

 そんな方々が昔を振り返えると、「そういえば昔よく買ったあのブランドの名前を最近聞かないけど、今はどうなっているんだろう?」と思うこともあるかもしれない。

 かつて日本で一世を風靡した有名ブランドの今を追ってみた。

文:永田恵一/写真:マーシャルジャパン、FORTUNE、FET、レーシングサービスワタナベ、FERRARI、MAZDA、NISSAN


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ