【知らなかったじゃもったいなさすぎる!!】違法と合法のわかれ目


 クルマを楽しみたいけど、違反で捕まったり、注意されたりするのはイヤ。でもいったいなにが違反(違法)で、何が違反でないのか(合法)? クルマを運転しているとコレって違反なの? ということは意外と多いもの。

 そこで、調べました。何がやったらいけないのか? を……です。

文:諸星陽一/写真:ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部


高速道路の追い越し車線を走り続ける

 よく、疑問視されているのが高速道路や自動車専用道路での追い越し車線を走り続けるという違反です。この違反は「通行帯違反」と言われるものです。

 ときおり、2kmまでは大丈夫という基準らしきものを見かけますが、これには何の根拠もありません。追い越し車線は基本的に追い越し時にしか使うことはできないのです。

高速道路の追い越し車線は文字どおり追い越す時に走行するもので、追い越しが終わったら速やかに走行車線に戻る。これが鉄則だ

 例外は緊急自動車に道を譲るときや、工事などでやむを得ないときなどです。高速道路や自動車専用道路では、走行車線を走り、先行車に追いついたときに右側に車線変更して追い抜くの正しい走り方です。

 追い越しは右側から行わなくてはならないと道路交通法に記載されていますので、左側から追い越しを行うのはそれだけで違反です。追い越しとは車線変更をともなう追い抜きのことです。左側車線を走っていて、右側車線のペースがダウンして左側から抜いてしまうのは違反ではありません。

壁に耳あり障子に目あり、高速道路に覆面あり。見られていないようでしっかりと見られていると認識して走行しよう。ウッカリで捕まったら悲しすぎる

右折禁止でのUターン

 またよくわからないとされているのが右折禁止(指定方向外進行禁止標識で直進と左折しかできない)の交差点での転回(Uターン)が可能かどうか? ということです。これは可能です、転回と指定方向外進行は別に考えます。

 以前は右折矢印でのUターンは違反とされていましたが、現在は右折矢印でのUターンは違反とはなりません。

左の2つは指定方向外信仰禁止の規制標識だが、右のUターン禁止の標識や道路のペイントによりUターン禁止区間でなければUターンは可能

 ただ、右折禁止の場所は右折のための車線が用意されていませんので、いくら違反ではないといってもほかのクルマに多大な迷惑を掛けるような場所でのUターンはひかえたほうがいいでしょう。

 あと、Uターン禁止の場所の場合、前述のケースはあてはまりませんので、標識、補助標識などを見落としは厳禁です。

つい見落としがちなのが道路標識。一般道を走行する時は細心の注意を払った標識を確認したいもの。規制標識の区間内か区間外かの差は大きい

次ページは : 運転中のスマホ操作

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ