日産、レクサス、ホンダの3社が2017年用ニューマシンを発表!!【スーパーGT】

 スーパーGT最終戦のレースウィークを迎えたツインリンクもてぎで、日産とNISMOが2017年用のニューマシン、「GT-R NISMO GT500」を発表!! 

 同時に正式発表されたレクサスとホンダのニューマシンとあわせ、来年のマシンはどう変わる?

 文:WEBベストカー編集部/写真:日産、トヨタ、ホンダ


フェンダーの張り出し増加で見た目も変貌

 2016年最終戦の練習走行日となった11月11日(金)。GT500の3大メーカーが擁す来シーズン用ニューマシンが一同に会した。そのうち日産が発表した来季マシンが「GT-R NISMO GT500」。

 今回の発表であげられたその具体的な開発ポイントは、

  • 1. “トータルダウンフォース25%削減”という新規則への対応と空力性能の進化
  • 2. エンジンの使用機基数制限に対応した、エンジン耐久信頼性と出力性能の向上
  • 3. 車両低重心化と重量配分の最適化による運動性能の向上

 この3つが柱だという。上記の開発ポイントでも触れられているように、スーパーGT2017年新規則の目玉は、ダウンフォースの25%削減。

 1/4もクルマを押さえつける力が失われれば、当然コーナリングスピードは遅くなる。その規則に対応しつつ、今年と同等以上の速さを実現するところに来季用マシンの肝はあるのだ。

 写真を見ても、2017年の仕様GT-Rは、今季仕様に比べ、フェンダーの張り出しがかなり増加していて、見た目にも迫力が増した印象。新規則を見据えたデザインであることを伺わせる。

161111-01-02-1200x800
新型GT-R NISMO GT500のフロント。今季型に比べ、フェンダーの張り出しの差がわかりやすい

レクサスはLC500、ホンダはNSX-GTを公開!!

ar5i2520
今回発表会場に展示されたのはカーボン地剥き出しのLC500だったが、LC500は写真のボディがすでに8月に公開されている

 いっぽう、ライバルのレクサスはニューマシン「LC500」を、ホンダは「NSX-GT」を発表。そのマシンの写真のとおりだが、特にレクサス陣営は、今季までのRC Fに代わり、ベース車両をLC500にスイッチするだけに注目度大。

 写真をみると従来のRC Fに比べ、LC500はかなり伸びやかな印象。公称サイズではRC Fより全長が短く、全高も高くなっているものの、特にフロントノーズは低く長い印象。さらにフロントオーバーハングも短く見える。これらが見た目の伸びやかな印象を作り出しているともいえそうだ。

c161102b_001h
今季は未勝利のホンダ。市販車のNSXも発売され、GT500のマシン名からも“コンセプト”の文字がとれたNSX-GTの活躍に期待

 ちなみに、今回公開された2017年用のニューマシンは、すでにオートポリスや富士スピードウェイなどで走行テストを行っている。

 富士テストでLC500が記録したタイムは1分30秒071。今年8月の富士戦、予選トップタイムと比較しても約1.5秒落ちといった程度で、GT-Rも1分30秒台を刻んでいる。

 この段階のタイムとしては驚異的で、およそダウンフォースが削がれたマシンとは思えない。

 来シーズンのマシンは“総合的な速さは今年に負けず劣らず、コーナーは今年より遅くなるが、そのぶん直線は速い”。そんなマシンになりそう。来年のスーパーGTが早くも楽しみになってきた。

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ