ホンダF1 名門との提携解消は吉か!? 凶か!? その先の“レッドブル・ホンダ”へ期待高まる!!

 僅か3年のコラボレーションを経て、マクラーレンとホンダはその袂を別った。結局、噂されたホンダF1撤退はFIAとF1マネージメントの強い後押しによって免れ、2018年からホンダがトロロッソへパワーユニット供給することに決定。いっぽうマクラーレンにはルノーエンジン搭載が決まるなど、一連の動きが9月15日に正式発表された。“名門”マクラーレンと別れ、“強豪”レッドブル傘下のトロロッソと提携することは、ホンダF1にとって復活に向けた追い風となる!!

文:津川哲夫/写真:HONDA、Red Bull Content Pool、Mclaren


マクラーレンとの決別に至ったホンダF1の現状

 今回の発表に至るまで多くの批判は、全てホンダに向けられてきた。確かに4社(メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダ)のF1パワーユニットで最下位の状況である事は隠しようもなく、プライドの高い老舗マクラーレンには我慢のならない状況が続いてしまったのだから、彼らの憤懣(ふんまん)はある程度理解できる。

 特に問題は性能ではなく信頼性の欠如。レース期間の3日間、決勝レースを含めた6セッションで2台のマシンに問題のなかった週末はほとんどなかった。

 現在のF1はそもそもメカニカルトラブル等ほとんどないのがトップチームであり、弱小チームなら弱小なりに、パワーユニットやギアボックスの保守を徹底し、どちらのグループであっても一時代前とは比べ物にならないほど、その信頼性は向上しているのだから。

 さらに問題なのは、その信頼性の部分。同じエリアが問題になり続け、対策は行っているが、完全解決に至らない。信頼性の確保など、受け身の開発に終始し、競争力アップを図る開発は後手後手に。無難に通常開発を進めてゆく他社のパワーユニットに水を空けられ続けてしまった。

 もちろん、ホンダにも言い分はあるのだが、この開発の遅さはF1コンペティションでは通用しないということなのだ。

マクラーレン・ホンダは初年度の2015年が10チーム中9位、2016年が11チーム中6位、2017年(第13戦まで)が10チーム9位と苦戦。今年は特にアロンソも苛立ちを露わにした

そもそもなぜマクラーレンはホンダを求めた?

 と、ここまではホンダにネガティブな意見だが、マクラーレン自体に非はないのか?

 マクラーレンは、大型チーム(チームだけでなくグループ企業全体)を維持するためにいろいろな形でのステータスが必要。彼らはプライベーター・カスタマーパワーユニット搭載を嫌い、どうしても“ワークス”のステータスがほしかったのだ。

 既存の3社(メルセデス、フェラーリ、ルノー)は、それぞれワークスチームを持つ。残るはホンダしかなかった。過去の栄光、ホンダの技術力……等々言葉は繕っていたが、要はワークスステータスを、それも彼らがリードラインを握ることのできるのはホンダしかなかったといって良い。

 ところが、ホンダとのコラボが決まった時点で、すでにマクラーレンのF1チームとしての能力は大きく後退していた。おそらくそれを知ってたからこそ、ホンダとのコラボを急いだのかもしれない。

 実際にホンダとの提携以前に多くのシニアメンバーは他チームへと移籍してしまい、現在でも流出は続く。スタッフの多くが新規にリクルートされた者たちで構成されている。

ホンダと組む以前はメルセデスエンジンを搭載していたマクラーレン。2014年は年間5位で、メルセデスのワークスチームのほか、同エンジン搭載のウィリアムズにも後塵を拝した

マクラーレンはもはや“強豪”ではない

 ドライバーのアロンソはホンダパワーユニットを非難する。そして、「マクラーレンのマシンは高性能」と言い切る。その言葉は、『彼の居場所はマクラーレンしかなく、ホンダでは勝てない』というジレンマの中からの、彼なりの演技ではないかと疑える。

 マクラーレンのマシンは素人が見てもトップ3、いやトップ3のマシンには大分劣ると思える。それはホンダパワーユニットのパワー不足を訴え、トップスピードの低さを罵りながら、(高速サーキットの)スパやモンツァで、大型のヘビーダウンフォースウィングを使っていることでも明らかだ。これでも「マシンはいい」と言えるのだろうか?

 (低速サーキットの)ハンガリーやモナコ、そしてシンガポール等が速いのはマシンのよさと言うが、業界一ショートホイールベースなマシンは、トリッキーなサーキット以外では余り役に立つ事はないはずだ。

 ホンダがその誹りを背負ってマクラーレンから三行半を突きつけられて、すごすごとトロロッソへ向かう姿は以下にも暗く落ち込んだ風景に見えてしまう。しかし、現実はどうだろうか。

マクラーレン・ホンダの前を走るトロロッソ・ルノーは現在ランキング6位。2018年からホンダパワーユニットを積む
マクラーレン・ホンダの前を走るトロロッソ・ルノーは現在ランキング6位。2018年からホンダパワーユニットを積む

“強豪”レッドブル直系チームとの関係は最良の選択

 トロロッソは大きな重圧を持たない。そう、レッドブルのドライバー教育チームなのだから。これまでも少ない予算でマクラーレンよりも競争力のあるマシンを作ってきた。スタッフの移動は少なくチームメンバーの結束も固い。彼らは“レーシングチーム”なのだ。

 もちろん、ホンダの望む大型トップチームのステータスはなく、勝利経験もほとんどない、常に低予算で戦う小規模チームだ。

 だからこそ、彼らに捨てるものはなく、技術陣は若きジェームス・キー以下チャレンジングだ。

 トロロッソはカルロス・サインツをルノーワークスチームに放出。その後釜には、現在日本のスーパーフォーミュラを走る、ピエール・ガスリーが有力。まずはトロロッソ・ホンダでパワーユニット開発を完成させ、その後はレッドブル本体がルノーを捨て、ワークスホンダのステータスで走る……。

 ホンダは2018年シーズン、プレッシャーなく開発に専念すればよいのだ。

 マクラーレンでは、“今のレース”を何とかしなければならず、“今のレース”に答えが出ない事が責められてきた。マクラーレンでは、チームの形態上『その場の結果』が必要なのだ。だからこそ、トロロッソはホンダには持ってこいというわけだ。

 トロロッソ・ホンダのコラボは、今後のホンダF1には最良の選択と考えて良いはずだ。むしろマクラーレン以上に大きな期待がもてそうだ。

 あとはホンダのF1に向かう姿勢がまさに“F1型”にさえなれば……。

シンガポールGPの会見で発表をおこなったホンダの山本氏、森山氏とトロロッソの代表フランツ・トスト氏。若きチームとともにホンダの新たな挑戦が始まる

最新号

ベストカー最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール ベストカー9月10日号

 自動車総合誌「ベストカー」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ