F1王者のGT参戦を喜ぶべき!? バトンの「レースがしたい」はどこまで本気か

 F1の元ワールドチャンピオン、ジェンソン・バトン(2009年ブラウンGPでチャンピオン)が2018年は日本のスーパーGTに参戦する。親日家としても有名なバトン。ほとんどのファンもメディアも彼の参戦を喜んでいる。

 しかしどうしても日本のモータースポーツを考えると手放しにこの状況を喜べないという意見もある。

 彼が走るGT500は各メーカーのトップドライバーが目指す頂点であり、若手ドライバーはそこを夢見て日々の経験を積んでいる。

 そこに突如として現れた元F1王者。現実として彼のシートのために日本人ドライバーがGT500から去った。手放しにバトンの参戦を喜ぶべきか、元GTドライバーの松田秀士氏が語ります。

文:松田秀士/写真:ホンダ
ベストカー2018年3月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ