ついに通算100勝を達成したルイス・ハミルトン。その王者に勝った元チームメイト、ニコ・ロズベルグとの激闘を振り返る

ついに100勝!! ルイス・ハミルトン。その王者ハミルトンに勝ったチームメイト02 ニコ・ロズバーグ編

 今年の雨のロシアGPで優勝を果たし、ついにF1史における優勝記録を更新して前人未到の通算100勝目を達成したハミルトン。今回は、その王者ハミルトンに打ち勝ったことがあるチームメイト、ニコ・ロズベルグを紹介したい。彼はカート時代のチームメイトでもあり、お互いに切磋琢磨してきた僚友であった。

 2014年、F1に新型パワーユニットが導入されるとメルセデスの脅威となるライバルは姿を消し、事実上ハミルトン対ロズベルグの戦いになった。

 その当時をよく知る元F1メカニックの津川哲夫氏に解説していただいた。

文/津川哲夫、写真/Mercedes-Benz Grand Prix Ltd

【画像ギャラリー】チームメイトだったハミルトンとニコ・ロズベルグの写真を観る


■王者への階段を一気に駆け上がるハミルトン

 2007年、ハミルトンはマクラーレン・メルセデスからF1デビューした。チームメイトはこの時すでに2度のワールドチャンピオンを獲得していたフェルナンド・アロンソ。 新人のチームメイトとしては最高のコンビとなるはずだった。

 しかしマクラーレンのロン・デニスの秘蔵っ子であるハミルトンは、先輩チャンピオンを押しのけて、チームオーダーに配慮することもなく、チャンピオンシップをアロンソと同点ポイントでフィニッシュ、ランキングではアロンソの上位に立ってしまった。

 ハミルトンは、ここからチーム内では常にナンバー1ドライバーの立場を崩すことはなかった。そして翌2008年には、最終戦の最終ラップ最終コーナーの走りで、ドラマチックな初チャンピオンを獲得した。以降、唯一2011年にチームメイトのジェンソン・バトンの安定性と老巧なレース展開に後塵を拝したが、その後は2013年にメルセデスに移籍し、カート時代からのライバル、二コ・ロズベルグを僚友にしても、シーズンで遅れをとることはなかった。そう、2016年までは……。

まだ仲良しの頃のルイスとニコ・ロズベルグ。メルセデスチームはどちらのドライバーも対等であると言い続けはしたが……。

■ハミルトンは常にチャンピオンシップを席巻。ただし2016年を除いて

 2014年にF1に新型パワーユニット(現在型)が導入されるや、現在までメルセデスとハミルトンには、その立場を脅かすようなライバルは事実上存在しなかった。それほどこのコンビネーションは異様な程のアドバンテージを持ったのだ。

 ハミルトンは2013年にメルセデスに移籍して以降、2015年までの3年間は確実に勝利とポイントを獲得し続け、僚友ロズベルグを確実に凌いできた。メルセデスチームはどちらのドライバーも対等であると言い続けはしたが、ロズベルグは何度かチームオーダーでハミルトンにポジションを譲る場面があった。一方、回数は少なくともハミルトンに出たチームオーダーはことごとく無視されてきた。またロズベルグへの強引な仕掛けで、コースを負い出す場面すら複数回見られた。つまりハミルトンとメルセデスチームは、ロズベルグをライバルというよりもハミルトンをサポートするチームのナンバー2として扱っていた。

ロズベルグは、2015年ランキングは2位でありながら、後半6連続ポールポジションとハミルトンを圧倒し、この年は6勝した

次ページは : ■2016年ロズベルグは安定した速さで序盤戦を4連勝

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ