今年で30回目!! 鈴鹿 F1日本GP プロが選ぶ名場面 ベスト3と秘話

 今年で30回目を迎える鈴鹿でのF1日本グランプリ。節目となるレースは10月7日にいよいよ決勝を迎える。ハミルトン(メルセデス)とベッテル(フェラーリ)のチャンピオン争い、そしてトロロッソ・ホンダが母国GPで入賞できるかどうかにも注目が集まる。

 数多いグランプリの中でも同じサーキットで30回を超える開催は極めて稀だ。モナコ、モンツァ(イタリア)シルバーストーン(英国)等に匹敵する、もはやクラシックグランプリの領域に入った。

 これまで29回全てに、筆者はさまざまな形で参加してきたが、幾つかのレースは本当に印象に深く、また、私個人の大きなターニングポイントとなった。

 1989年、そして翌1990年。世間では「セナ・プロスト事件」で良く知られている鈴鹿でのF1グランプリ。この2つのレースは、レースとしてよりも、私個人の転機として、またF1グランプリそのものの大きな転換期として、印象深いレースであった。

文:津川哲夫
写真:MOBILITYLAND、Honda、Ferrari


【1】1989年/セナ・プロ事件に埋もれた“大金星”

今も語り草となっているセナとプロストの接触。この結果、プロストが自身通算3回目のF1チャンピオンに輝いた

 1987年から始まった鈴鹿サーキットでのF1グランプリ。1989年は3回目を迎え、マクラーレン・ホンダがシーズンを席巻、チャンピオン争いはマクラーレンの僚友2人、アイルトン・セナとアラン・プロストの間で争われていた。

 セナはシケインでプロストを刺すためにイン側に飛び込んだが、シケインは2台の並走を拒絶。

 プロストは自身のレーシングラインを譲らず、セナはピットロード入口のスペースを使って飛び込み、2台は絡み合うように外側のランオフエリアへもつれ込んで停まってしまった。

 プロストはそこでリタイア。双方リタイアならプロストがチャンピオンだが、セナはオフィシャルにマシンを押させて再びコースに戻り、ピットイン。新タイヤで鬼神の追い上げ、トップを走るベネトンのアレッサンドロ・ナニーニを追う。

 すでにタイヤの寿命が終わりに近いナニーニは必死に頑張るも、セナは再びシケインでプロストに仕掛けたのと同じく強引にインを突き、ナニーニを押し出してトップでゴールを果たした。

 レース後にレース委員はオフィシャルによるアシストとシケイン不通過を理由にセナを失格とした。これはそのままナニーニの優勝を意味する。

1989年日本GPを制したナニーニ(ベネトン)。セナ・プロなき表彰台を、筆者は“優勝チームのメカニック”として多くの日本人とは異なる視点から見届けた

 喜ぶべきナニーニの初優勝だが、かなり遅れて行なわれた表彰台、優勝カップを捧げるナニーニヘ観衆は冷たかった。みなセナの登場を待っていたのだから。

 この優勝に関するメディアの取り扱いは極めて僅かで、リタイアしたプロストとその事故の原因を作ったセナが報道を席巻してしまった。

 1989年のベネトンの優勝はセナ・プロ事件の陰へと押しやられ、世間の評価も得られず……皆“拾った優勝”としか考えなかったのだ。

 この悲しい優勝こそがベネトンでメカニックをしていた筆者の大きな転機となった。

 タイヤユーセージの有利さで、間違いなくベネトンにも勝機はあったのだが、これが忌まわしいセナ・プロ事件のおかげで証明できず、悔しさのなかでの優勝だった。

【2】1990年/亜久里の快挙とベネトン優勝の舞台裏

ブラジルの英雄、ネルソン・ピケの手により鈴鹿2連勝を成し遂げたベネトンのB190

 翌90年、ベネトンは通算3回ワールドチャンピオン、ネルソン・ピケを得て鈴鹿でベネトン鈴鹿2連勝を決めた。2番手にはロベルト・モレノを従えて。

 モレノは鈴鹿前にヘリコプター事故で右手に大怪我を負ったナニーニの代走だったが、ピケに続いて2位でフィニッシュし、ベネトンを1-2フィニッシュに導いた。

 このレース、スタートでまたもやセナとプロストが陰険な争いでリタイア、その事故を縫ってのベネトン・ワンツーでの鈴鹿2年連続優勝。ここで始めて日本のファン達はベネトンの競争力を認めてくれたのだ。

 そして、このレースは筆者のF1メカニック現役最後の鈴鹿となり、一生忘れ得ぬレースとなった「1990年の鈴鹿」でもあった。

1990年の鈴鹿で3位表彰台にあがった鈴木亜久里。日本人初の快挙を母国GPで獲得した歴史的瞬間だった

 そればかりか、表彰台の3段目には何とロータスのデレック・ワーウィックとの激しいバトルを制した鈴木亜久里(ラルース)が立った。

 彼はワーウィックを追いつめ、ストレートエンドであわやの状況をかいくぐり、彼のロータスを見事に交わし、3位を実力でむしり取った。遂に現われた戦うヒーローの姿を観客の目に焼き付けたのだ。

【3】2000年/シューマッハが魅せた至高の王座争い

2000年の鈴鹿で21年振りのダブルタイトルをフェラーリにもたらしたシューマッハ(写真は翌2001年の鈴鹿。シューマッハはゼッケン1を刻んだマシンで凱旋し、2連勝)

 鈴鹿はF1グランプリ史上多くのチャンピオン決定を担ってきた。記憶に残るのは2000年。フェラーリの復活を担うミハエル・シューマッハと3年連続チャンピオンを狙うマクラーレンのミカ・ハッキネンによる、近代F1史に残る一騎打ちシーズンだった。

 ポイントリーダーはふたりの間を行き来し、最終戦鈴鹿がチャンピオン決定戦となった。

 ふたりの拮抗した走りは予選から息詰まる戦いとなり、100分の1秒単位で最速を塗り替えていた。

 レースではスタートでポールポジション(PP)のシューマッハを交わしてハッキネンがリード。

 しかし、雨のタイミングと周回遅れに阻まれ、給油を含むピット作戦でシューマッハが交わし、フェラーリは遂に復活を果たす。シューマッハは3度目のワールドチャンピオンに輝いた。一方で終盤のウェットでのハッキネンの鬼神の走りは凄まじく、観るものを魅了した。

 2000年、変貌するF1世界で類い稀なる2人の勇者の、他の誰も近づくことの出来ない領域での、まさに1対1、ガチの真剣勝負であった。

 この後2001年を最後に孤軍奮闘型のハッキネンはF1を去り、ここからF1がモダンな管理世界へと突入していった。まさに名実ともに勇者の戦った20世紀最後のグランプリであった。

一時代を築いたシューマッハ(左)とハッキネン(右)。奇しくも両者がともに出走したレースは、2001年の鈴鹿が最後となった

 古い話ばかりだが、鈴鹿は時代が変わろうと、30年を経ようとも、常に名場面を演出してくれる。今回で30回目に至る鈴鹿F1史は、常にドラマを作り続けてきた。

 それはどの時代でも鈴鹿がF1ドライバーの全てが愛するサーキットだからだ。

 コーナーの種類と起伏に富み、実に繊細で難しくもチャレンジングなサーキット、それが世界に轟く“SUZUKA”なのだ。

◆津川哲夫 
1949年生まれ、東京都出身。1978年より日本人F1メカニックの草分けとして数々のチームを渡り歩き、ベネトン在籍時代の1990年に引退。その後はF1ジャーナリストに転身し、TV中継の解説なども務めている

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ