いよいよ開催間近!! WRCラリージャパンを盛り上げる秘策あり「モリゾウさんが出場するしかない!!!」

いよいよ開催間近!! WRCラリージャパンを盛り上げる秘策あり「モリゾウさんが出場するしかない!!!」

 WRCラリージャパン(2022年11月10日~13日)まで3カ月を切り、どう盛り上げていくのか、本当に盛り上がるのか、不安の声があるのも事実。そこで、ベルギーで開催されたWRC第9戦イープルラリーを現地で取材した国沢光宏氏が、モリゾウさんに秘策を披露! その驚きの中身とは!!??

TEXT/国沢光宏 写真/ベストカー、トヨタ(メイン写真左はモリゾウさん(何を隠そう世を忍ぶ仮の姿はトヨタ自動車代表取締役社長豊田章男氏)、右はTOYOTA GAZOO Racing World Rally Team Next Generation所属ドライバーとしてWRC参戦中の勝田貴元選手)

【画像ギャラリー】11/10(木)~13(日)に愛知・岐阜で開催されるWRC日本ラウンド「ラリージャパン」を盛り上げたい!! 画像を見てその思いを強くしよう!!!(9枚)画像ギャラリー

■「やっぱり必要ですか」

 世界ラリー選手権(WRC)2022第9戦、ベルギーRd.の取材中、水素エンジンGRヤリスでドライバー&コ・ドライバーの修行をしたモリゾウさんと、雑談する機会があった。

「今年のラリージャパンを盛り上げるにはどうしたらいいですか」と聞かれたので、「モリゾウさんが走ることです」と即答しましたね。すると驚いたことに、「やっぱりそういうことも必要ですか」。

 どうやらご自身も走ることを考えていたらしい。

今回(WRCベルギー戦)初めてWRCのSSを水素エンジンGRヤリスで走ったモリゾウさん(コドライバーはカンクネン氏)、狭く滑る路面に「とにかく難しい」とコメント
今回(WRCベルギー戦)初めてWRCのSSを水素エンジンGRヤリスで走ったモリゾウさん(コドライバーはカンクネン氏)、狭く滑る路面に「とにかく難しい」とコメント

 なぜ私がモリゾウさんに走ることを勧めたかと言えば、非常に簡単。現在エントリーすることも難しいほど人気の「GRラリーチャレンジ」で、今まさにモリゾウさんが走っているからにほかならない。なんといっても超有名人! そこらのタレント以上に話題性あります。モリゾウさん出場のラリーには、市長クラスはもちろん、県知事や国会議員まで挨拶をしに来る。おかげで開会式が長引くから大迷惑ですけど(笑)。

 なにしろトヨタほどの自動車メーカー現役社長がWRCに出場するのは前例がありません。

 モリゾウさん出場となれば多くのメディアが取材にやってくるうえ、無料でWRCを紹介してくれる。そこでモリゾウさんが欧州のWRCのバックボーンや地元活性化の話などしてくれたら、影響力のないヒョウロンカ5万人分くらいの記事量になります。そもそも今年のWRC開催までの時間を考えると、大きな仕込みなど間に合わず。いっぽうモリゾウさんが出場ならクルマを空輸すればそれで済む。

 リスクもない。ラリージャパンはリエゾン(競技区間のSSから競技区間のSSまでの移動)が最大の課題だと言われていた。渋滞などで予定以上に移動時間がかかると競技全体に遅れを出してしまう。どうやら今年は愛知、岐阜の両県警が安全確保のため協力してくれるかもしれないと聞いた。具体的に言うと、WRCラリー・ポルトガルのようにパトカーや白バイが先導してくれるということなんだと思う。おおいに心強い。

モリゾウさんがラリーチャレンジに出場すれば、老若男女問わず大人気。「社長さんが運転するの~?」と驚きの声が上がる
モリゾウさんがラリーチャレンジに出場すれば、老若男女問わず大人気。「社長さんが運転するの~?」と驚きの声が上がる

 当然ながらモリゾウさんの車両も警察が先導してくれるだろうから、いろんな意味で安心です。パトカーや白バイ隊員にとってもやり甲斐のある仕事だと思う。だってロバンペラやタナックを先導できるんですから。来年から一段と大規模なイベントになること間違いなし。マラソンの先導のように意味があるし、おおいに感謝もされるはず。モリゾウさんを先導した警官も記念になる。

 コースアウトなど競技区間でのトラブルはラリーの華だ。コースアウトして怒られることなどない。そして現在WRCを走れるR車両なら多少のクラッシュは安全性も大きな問題なし。むしろ「よく攻めた!」と評価される。

 また、GRラリーチャレンジだとコースアウトしたら即座にリタイアだけど、WRCであればリタイアしても翌日走れる。まぁ無理しないと思いますけど。

 車両は現在GRの若手育成プログラムで使っているルノー・クリオのラリー4をフィンランドから持ってくればいい。トヨタ以外の車両を使うあたりもモリゾウさんらしくてイイかと。ラリー4って1000cc~1300ccターボのFF。もちろんシーケンシャルのドグミッション。210~220馬力くらいで扱いやすく、おおいに楽しめる。昨年から取得できるようになったラリーナンバーで走れます。

勝田選手はヨーロッパを走っている時でも日本の国旗を目にすると勇気が湧いてくると語っている。ラリージャパンでは勝田選手の応援も楽しみだ
勝田選手はヨーロッパを走っている時でも日本の国旗を目にすると勇気が湧いてくると語っている。ラリージャパンでは勝田選手の応援も楽しみだ

次ページは : ■WRCのレジェンドドライバーたちが モリゾウさんと勝負!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します