祝 ラリージャパン参戦決定!! 本気で挑んでわかったルーテシアのガチな実力と「クルマ好きの見果てぬ夢」

祝 ラリージャパン参戦決定!! 本気で挑んでわかったルーテシアのガチな実力と「クルマ好きの見果てぬ夢」

 いよいよ開催が目前に迫ってきた「ラリージャパン」。12年ぶりとなるWRC日本ラウンドは、愛知・岐阜の両県にて2022年11月10日~13日の日程で開催される(サービスパークは「豊田スタジアム」に設置)。先日エントリーリストも発表。ゼッケン47番には国沢光宏氏の名前が!! ラリーをこよなく愛する国沢氏が、ルノールーテシアラリー5で参戦します!! 以下、ルーテシアのガチな実力をレポートしてくれました!!!

文/国沢光宏、写真/佐久間健、国沢光宏

【画像ギャラリー】ルーテシアラリー5の雄姿を蔵出し画像でチェック!! これいい!! すごくいい!!!!(11枚)画像ギャラリー

■「自動車好きにとって見果てぬ夢」……とは?

 最後のエンジン車をあれこれ考えている。フェアレディZをオーダーしたけれど、納車はいつになるかわからない。シビックタイプRなども魅力的に思える。そんななか、「ルーテシア ラリー5」というバリバリ武闘派のホットハッチを購入したのだった。海外だとナンバーを付けて公道を走れるけれど、日本だと安全燃料タンク(後述)付きのためナンバーは取れないですが。

 私の師匠である徳大寺有恒さんは、クルマ談義になると、よく「国際格式の競技に家から乗っていけるようなクルマを所有することは自動車好きにとって見果てぬ夢だよな!」と言っていた。往年のル・マンやモンテカルロラリーをイメージしていたのだろう。私も100%そう思う。ルーテシア(欧州名クリオ)のラリー5って正しくそんなクルマで、欧州じゃ家から乗って行き、WRCに出場できちゃう。

 この夢、2005年に涙目インプレッサWRCで家から自走し、WRCジャパンに出場して叶えたのだけれど、人間って欲張り! またやりたくなってしまいました。

 ルーテシアラリー5のスペックを並べると、日産ノートと共通のCFM-Bプラットホームを使い、車重1080kg。搭載されるエンジンは1300cc直噴ターボで180馬力/300Nm+5速のシーケンシャルドグミッションです。

ルーテシアラリー5「国沢号」。ボディサイドに「ベストカー」のステッカーを貼っております
ルーテシアラリー5「国沢号」。ボディサイドに「ベストカー」のステッカーを貼っております

■「ガチョン」でテンションMAXに!!

 試乗と行きましょう! 意外や意外! エンジン始動はキーを捻るだけ。「ラリー4」という、このひとつ上のクラスになると「クランキングして油圧が上がったのを確認してイグニッションを入れる」的な儀式を必要とする。いっぽうルーテシアラリー5はクランクキングの後、普通に火が入る。エンジン音は少し元気なくらいで静か。ただエンジンはリジットマウントのため、振動は賑やか。

 けっこう重いクラッチを踏んで「床から生えている」長いシフトレバーを後ろに引くと、ドグミッションを使っているバイクのギアを入れた時のような「ガチョン!」という音と振動を出す。少しばかり神経質なミート感のクラッチ(回転を上げずに坂道発進すると簡単にエンストする)を繋いで走り出すと、けっこう大きいギアノイズ。平ギアを使っているためですね!

ラリーの最大の魅力のひとつは市販車で参戦できること。公道を封鎖して全開アタックは最高にテンションが上がります
ラリーの最大の魅力のひとつは市販車で参戦できること。公道を封鎖して全開アタックは最高にテンションが上がります

 されどクルマ好きだとギア音で気分アガリます! ぐおーというエンジンの上昇とギューンというギア鳴りが上昇し、いい頃合いでシフトレバーを引けば「ガチョン!」で回転が下がる。楽しいです! こんなクルマを公道で乗れるなんて「幸せ」以外ナイモノでもない。ちなみに触媒付き。日本で車検が取れない理由は、転倒してもガソリンが漏れない安全燃料タンクを認可しないためです。

 普通の道を流れに乗って走っている限り、騒音&振動は大きく、乗り心地が相当硬い。

 いずれにしろ本来の使い方じゃないので、いよいよ全開インプレと行きましょう!

次ページは : ■対向車が絶対に来ない林道で全開テスト!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号