MGU-Hが消える2026年のF1 PU戦争は? かつてのパワーウォーズは馬力無制限、1000馬力モンスターが当たり前だった

MGU-Hが消える2026年のF1 PU戦争は? かつてのパワーウォーズは馬力無制限、1000馬力モンスターが当たり前だった

 2026年からF1 PUからMGU-Hが消え、人工的なバイオ・サステナブル燃料が義務化される。これにより1600ccターボエンジンの出力は低下し、その分をMGU-Kとバッテリーで電気パフォーマンスを上げて現状の1000馬力PUと同等になるよう試みている。過去エンジンのレギュレーションは何度も変わってきた。そしてアドバンテージを取ったものが勝利を得ているのだ。さてこの新たなPU戦争はどういうものになるのか、過去を振り返りつつ、元F1メカニックの津川哲夫氏が解説する。

文/津川哲夫
写真/津川哲夫,Redbull

【画像ギャラリー】ハイブリットPUで無敵だったメルセデスと、まだ発展途上だったホンダPU(3枚)画像ギャラリー

■PUから抜きんでた性能を得るのは難しい

 現在のPUはMGU-HとMGU-Kでエナジーを回生して蓄積する。1600ccターボエンジンのパワーに加算すると合計で1000馬力前後になるのだ。

 そして、2026年からはサスティナブルな1000馬力を実現しようというわけだ。単純にF1のパフォーマンスだけを考えれば、規則で規定されているバッテリーの容量と蓄積回生エネルギーのデプロイといわれる電気的出力を増加させれば、基本的には最大出力はいくらでも(“いくらでも”は言い過ぎだが)増加できるわけだ。もちろん規則で制限を加えるから、全コンペティターの出力が平均化でき、より性能の接近したレースが行われる、というわけだ。

 つまりモーターとバッテリーを規則できっちりと制限する限り、PUから抜きんでた性能を得るのは極めて難しくなっているのだ。

 しかしこれではF1がワンメークスに近い状態に陥り、本来のF1の「最低限の規則内での自由競争」という鉄則からは遠くなってしまう。

 事実厳しい規則に縛られている現在のF1は、エアロを含めて、抜きんでた技術を具現化させることが極めて難しく、新技術の多くが規則で厳しく管理されているのだ。これは決してネガティブなことではなく、僅かしかない開発エリアをいかに上手く開発してゆくかがエンジニアリングの腕の見せどころになっていて、その幅が狭いがゆえに拮抗したレースが展開されるようになったのだ。

 しかし新技術やアイデアの表現場所は極めて少なく、エンジニアリングのおおらかな進歩には程遠くなってしまい、F1というカテゴリー自体のアイデンティティーが希薄になってきてしまったことは隠しようがない。

■80年代の1500ccターボエンジンは実に1000馬力を超え、馬力無制限だった

ホンダFW11は予選仕様で1000馬力を超える出力を絞り出した
ホンダFW11は予選仕様で1000馬力を超える出力を絞り出した

 過去のF1全盛期にはあらゆる新技術が闊歩し、その新技術のアイデアをものにした者達が大きなアドバンテージを得ていた。それらはF1に技術革命を起こし、F1に大きな革新を生み出してきた。

 現在のF1は1600ccターボ・ハイブリッドでの1000馬力ではあるが、50年代の過給時代を別にすれば70年台終盤に始まったターボ時代はF1のパワーソースを極端に進歩させてきた。特に80年台のターボエンジンによるパワーウォーズと言われた時代は凄まじかった。

 それまではレシプロ3000ccが主流でコスワースDFVがパワートレインとして闊歩していた。その出力は550馬力前後と語られていたのだが、当時の1500ccターボエンジンは実に1200馬力を超える出力を生み出していたのだ。

 もちろんこんな最大パワーは常時ではなく予選時や追い越し時など勝負どころで使うスーパーパワーであった。パワーウォーズ真っ只中では予選用エンジンの使用が当たり前で、ブーストプレッシャーをコントロールするウェイストゲート(ちなみに現在のPUでも存在している)があり、その開閉の圧力を制御するブーストコントロールバルブがあった時代だ。

 このブーストバルブを閉める事で、ブーストを上げ、ハイパワーを生み出していたのだ。

次ページは : ■ベネトンB186のBMW1.5ターボエンジンは、予選では1450馬力を超えた

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ