スズキ新型エスクードは個性派にうってつけ!! いまこそ第三の選択肢!

世界的なクロスオーバーSUVブームのなか、日本でもトヨタC-HRやホンダヴェゼル、少し上のカテゴリーではトヨタのハリアーや日産エクストレイルが販売を伸ばしています。しかしちょっと待ってほしい。何か忘れちゃいませんか。まさに元祖クロスオーバーというべき伝統の車名、エスクードです。
おりしも2017年7月に直噴ターボエンジン搭載車を新たにラインアップ。そちらの実力を確かめつつ、ぜひとも「売れまくってるSUVに乗ってもつまらない」とお考えの皆さまに、(人気車、実力車の次、という意味で)第三の選択肢としてご検討いただきたい!
文:ベストカー編集部 写真:池之平昌信
ベストカー2017年9月10日


■いまこそスズキ・エスクードを思い出すべき!

初代エスクードが登場したのは1988年。かつてトヨタのRAV4やホンダのCR-Vと熾烈な販売合戦を繰り広げた、都市型SUV(当時はそんな言葉はなかったように思うが……)のパイオニアです。

いまではすっかり影も薄くなり、2015年に登場した現行型(4代目)からはハンガリー製を輸入するかたちを取っているエスクードだが、しかし初代からの特徴である「骨太な走り」と「個性的な存在感」はバッチリ継承されている。

そのことを改めて思い知ったのが、今回新たに設定された、直噴ターボ仕様の追加モデルだ。

これまで1.6LのNAのみだったエスクードに、新たにパワフルな直噴1.4Lターボエンジン、「ブースタージェット」を積んだ「1.4ターボ」が設定された。

そのスペックは136㎰/21.4㎏mと2L車なみで、これに6ATを組み合わせる(レギュラーガソリン仕様)。駆動方式はフルタイム4WD「ALL GRIP」で、専用のフロントグリルと17インチアルミホイール、ルーフレールが標準採用される。

この専用グリルがカッコいいんだ。じっくり見てほしい。なんたってハンガリー製ですぜ。

実際に乗ってみると、走りもしっかりしていてエンジンも気持ちいい。C-HRやヴェゼルではちょっともの足りないけど、ハリアーやエクストレイルは大きいかな……というユーザーにピタッとハマるできばえ。

話題の安全装備も充実しており、ミリ波レーダー方式の「レーダーブレーキサポートⅡ」が標準装備。約40~約100㎞/hまで自動で前車に追従するアダプティブクルコンなどを採用している。価格は258万6600円とお値打ち価格。せっかくクロスオーバーSUVに乗るなら個性派を、とお考えの読者諸兄はぜひ購入候補に加えてみてほしい!

1.4ℓ直噴ターボエンジンのBOOSTERJETは2ℓNA並みの136㎰/21.4㎏mのパワー&トルクを誇る。レギュラーガソリン仕様なのも嬉しい。近々正式発表となるスイフトスポーツもこのエンジンがベースとなる
黒を基調にしたインテリアにはアクセントカラーとして赤色が施される。専用のステアリングとペダルプレートを採用
リアデザインもピシッと決まっていてスタイリッシュ。ルーフの色も変わっていてツートンなのも嬉しい

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ