どうなる三菱デリカD:5後継!? 次期型情報のすべて

三菱自動車の今年中の新車というと、東京モーターショーに市販モデルが出展され、年内に発売となる「エクリプスクロス」がある。三菱久々の新車ということで期待が高まるが、しかしそれとは別に、往年の三菱ファンにとっては気になる車種がある。現行型デビューから10年を経たデリカD:5の後継車だ。
先月には「東京モーターショーのコンセプトカーとして、デリカD:5の次期コンセプトモデルが出品されるかもしれない」という情報もあった。はたしてこの情報に信憑性はあるのか? 現時点で本誌スクープ班のもとに入っている情報と、本企画のために三菱関係者へ取材した事実を合わせて、整理してご紹介したい。
文:ベストカー編集部
ベストカー2017年9月26日号


■開発は好調! ただしショーへの出品は……?

日産×ルノーアライアンスの傘下に入り、カルロス・ゴーン氏が会長として就任した三菱自動車。ゴーン体制下、日産がV字回復を果たしたように、三菱も信頼回復、そして新たな車種ラインアップ構築などで『新生三菱』をアピールしていくことになる。

また首脳陣からは「ランエボ復活」を示唆する発言があり、当サイトとしても当然期待はしている。

そのいっぽうで根強いファンを多数抱える「デリカD:5の次期型である、デリカD:6の登場」にも期待が高まるところ。なにしろデリカD:5は現行型がデビューしてから10年半が経過(2007年1月発売)。そろそろ次期モデルのコンセプトモデルに登場の期待が高まってもいる。

デリカD:5の次期コンセプトモデルは出るのか? 出ないのか?

そんな状況のなか、つい先日(9月20日)、三菱自動車は東京モーターショーの出品車として「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露すると公表した(関連記事)。その説明会場で三菱関係者に取材したところ、「今回のモーターショーで、三菱ブースはワールドプレミア(世界初公開)が一台、ジャパンプレミア(日本初公開)が一台、という概要です。この【エボ】がワールドプレミアで、ジャパンプレミアはエクリプスクロスですから、つまり……」

ぐむむ……情報を整理すると、やはり「デリカD:6」の今回の東京モーターショー出品はなさそうだ。

ではデリカD:5次期型の開発状況はどうか? こちらは「もちろん順調だと聞いております」と関係者は明かす。

現時点でスクープ班のもとに寄せられた次期型デリカD:5の情報は以下のとおり。

本誌ベストカーによる予想CG。キープコンセプトながら中身は大幅に進化予定

■ラインアップの中心はPHEV、デザインはキープコンセプト

今後デリカは日産エルグランドとプラットフォームを共用して開発が進められていくことになるのだが、パワートレーンは三菱が得意とするPHEVが採用される。

基本的なメカニズムはアウトランダーPHEVと同じく、前後2つのモーターを駆動用に使用する4WD。エンジンは2LのNAで、一般道走行程度の速度域では発電に専念。いっぽうモーターの効率が劣る高速域ではクラッチの断続により物理的にドライブトレーンにつながり、エンジンの最も効率のいい領域で走行する。

この制御技術に関しては、三菱の持っているノウハウは非常に大きく、日産としても高く評価している部分。また日産はリーフで培ったバッテリーマネージメントのノウハウを持っており、双方の得意分野を活かすことで現在のアウトランダーPHEVよりも高い動力性能、EV走行能力、ドライバビリティなどを実現することになる。

現行型のデリカD:5は2007年1月の発売からすでに10年が経過しているにもかかわらず、コンスタントに月販1000台レベルをキープしている人気車だ。

次期型のエクステリアは現在のデリカD:5のイメージを色濃く継承したタフなクロカンミニバンをより強調したものとなるであろう。

東京モーターショーのサプライズ出品に一縷の望みを託しつつ(あるいは2018年1月の東京オートサロンに出品されることを期待しつつ)、開発の進捗を見守りたい。

2017年4月に追加設定された特別仕様車の「ACTIVE GEAR」。大変評判がよく売れ行きも好調

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ