【これは珍なり】 これが21世紀のクルマの標準系!? イタリア製EV「BIRO」公道試乗

 イタリア生まれの超小型EV、BIRO(ビロ)のメディア向け試乗会がこのほど、開かれたので本企画担当がさっそく行ってきました。実際に公道で乗ってみると、おお、このジャンル、もしかしてもしかしたらいけるかも、と思いました。2020年に向けた未来の乗りもの、先取りもいけるか??
文、写真:ベストカー編集部
2017年10月26日号『これは珍なり』より


■自宅のコンセントからでも充電可能!

 今回紹介するこのBIRO、家庭用のコンセントで充電可能なリチウムイオンバッテリーを搭載した超コンパクトサイズのEVで、そのサイズは全長1740×全幅1030×全高1565mm。1台のスクータースペースがあれば駐車できるコンパクトさが売りで、クルマ1台ぶんの駐車スペースで4台ものBIROを止めることができる。

 日本の普通免許(AT限定で可)で運転できる道交法に対応しており、重量税や取得税のほか、ミニカー登録となるため車庫証明や車検も必要ない。また、任意保険もファミリーバイク特約でOKと原付バイクなみのランニングコストが魅力だ。ちなみに一般道での法定速度は60km/hとなる。

 搭載するリチウムイオンバッテリーは脱着式と固定式の2種類が用意され、持ち運びが可能な脱着式では満充電での連続走行で55km以上、固定式では同じく100km以上の航続が可能だ。

 ブラシレスモーター(48V)を2基搭載しており、シフトはないため低速走行用と通常走行用のふたつの2段階セレクター、そして後退時用のボタンと、登坂路でのパワーを向上させるブーストボタンを備える。

 動力システムは、車外のウィンドウ下に設置されているカードキャッチャーに起動用のBIROカードを差し込むことで起動される。

 室内を見渡すと2人ぶんの座席が用意されており、イタリア本国では2シーターモデルのEVとして販売されているのだが、日本では道路運送車両法の規定によって1人乗りモデルとして販売されるとのことだ。

■2020年にはこれが東京中を走っている??

 BIROはサイドドアのない「サマー」と脱着式サイドドア付きの「ウインター」の2種類がある。フレームカラーとボディカラーは全99色が用意され、このなかから自由に組み合わせることが可能だ。

  東京・永田町周辺の自民党本部近くで全4kmほどの試乗コースを走ってみたのだが、意外にキビキビと走るのがEVコミューターらしくて好感を持てた。ちなみに試乗コースに設定された登坂路では、通常走行のままだと後退するんじゃないかと思えるくらいのパワーだったのだが、そこでブーストボタンを押すと、みるみるうちに出力が上がったのが体感でき、速度が回復。これ、なかなか使えます。

シートは2座だが法令上の問題で日本では1人乗り

 気になる価格は「サマー」が91万8000円、「ウインター」が118万8000円。これに各々43万2000円のリチウムイオンバッテリーを組み合わせることになる(固定式でも脱着式でもバッテリーの価格は同じ)。

 航続距離は脱着式で55km、固定式で100km以上。

 商品のお問い合わせはBIRO JAPANまで。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ