レクサスUX登場!! 大ヒットSUV「C-HR」のレクサス版 ジュネーブで世界初披露

■レクサスの最量販車となる実力あり!

 レクサスは、スイス・ジュネーブで3月6日~18日に開催される2018年ジュネーブモーターショーで、新型コンパクトクロスオーバー「UX」(欧州仕様)を世界初披露する、と発表した。

今回レクサスから公式発表されたのは、このティザー画像1枚。真後ろからのショット
今回レクサスから公式発表されたのは、このティザー画像1枚。真後ろからのショットだが、背景で「都会派」をアピール

 レクサスの記者発表会(プレスカンファレンス)は現地時間3月6日(火曜)午前10時(日本時間同日午後6時)。このタイミングで世界的に発表される。

 このレクサスUXはプラットフォームが「トヨタC-HR」と共通であり、レクサスのラインアップに加わればコンパクトSUVとして大きな商品力を持つモデルとなる。

 今回発表されたのは上記ティザー画像1枚のみだが、レクサスUXは2016年9月のパリサロンでコンセプトモデルを発表している。市販モデルもこのコンセプトカーのデザインを踏襲しているはずで、大胆なスピンドルグリルとソリッドなボディラインのイメージをもった、(C-HRの基本デザインを生かした)デザインで魅せるSUVになるだろう。

2016年9月にパリで発表された「UXコンセプト」。市販型もこのイメージを踏襲する
2016年9月にパリで発表された「UXコンセプト」。市販型もこのイメージを踏襲する

 今回欧州で先行発表されたのち、日本導入(発表発売)は今夏〜今秋の見込み。現時点で入っている情報では、C-HRの1.2Lターボを「UX150」、 1.8Lハイブリッドを「UX200h」と設定。内装を豪華にして足回り等も見直し、C-HRの約100万円高で販売すると予測している。発表が楽しみな1台。

「UXコンセプト」のリアデザイン。トヨタC-HRのフォルムを残しながら、さらにソリッドなイメージに磨き上げられる。コンセプトカーは観音開きドアだったが、さすがに市販型は通常のヒンジ型になるはず
「UXコンセプト」のリアデザイン。トヨタC-HRのフォルムを残しながら、さらにソリッドなイメージに磨き上げられる。コンセプトカーは観音開きドアだったが、さすがに市販型は通常のヒンジ型になるはず

 なおレクサスは今年、この「UX」ともう一台、カムリのレクサス版である「ES」も日本導入予定。こちらも楽しみだ。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ