新型フィットのデザイン判明!! ターボ&新HV武器に2019年発売へ

 これまでフルモデルチェンジが2020年になるという予想もあったフィットだが、その次期型は2019年にも登場することが今回、取材によりわかった。

 売れ筋コンパクトの定番車に成長したホンダ フィットは、2013年登場の現行型で通算3代目。

 2代目モデルで歴代初搭載となり、3代目でシステムを一新したハイブリッド車は、4代目となる新型でまたしても一新され、燃費も大幅向上確実。

 気になる1Lターボエンジン、そして今回判明した新デザインとともに、4代目フィットは見た目も中身も大きく変わる渾身のフルモデルチェンジとなる!

文:ベストカー編集部
ベストカー 2018年11月26日号


国内巻き返しへ! 新型はホンダ入魂の意欲作

2代目フィット(左)と3代目フィット(右)のハイブリッド車。2代目は初代の流れを汲んだデザインだったのに対し、3代目は抜本的な刷新。4代目の新型ではその3代目と大きく変わるデザインを採用する

 フィットは、ロゴの後継車として2001年に初代がデビュー。現在も継承するセンタータンクレイアウトによるクラスを超えた広い室内空間を実現し、この初代モデルは大ヒット。2007年には初代のイメージを残すデザインでボディが拡大した2代目へとフルモデルチェンジする。

 そして2013年には3代目となる現行モデルが発売。1.3Lと1.5Lのガソリン車と1.5Lハイブリッド車という幅広いラインナップで、多くのユーザーから支持を集めており、現在もホンダの主力モデルとなっている。

 というわけで、歴代フィットのモデルサイクルは初代、2代目ともに6年。そして、現行モデルも発売から6年が経過する2019年秋に4代目へフルモデルチェンジすることになりそうなのだ。

 ホンダでは今、軽自動車のN-BOXがベストセラーとなっていて売れゆきが絶好調なのだが、そのほかの車種はヴェゼルのような堅実に売れている車種もあるものの、登録車を中心にいまひとつ販売が伸びていない状況。

 そんな国内市場で巻き返しを図るべく、主力モデルであるフィットのモデルチェンジは相当気合いの入ったものになるとホンダ関係者は言う。

 ホンダにとっても待望のフルモデルチェンジになるわけだが、その4代目フィットのスタイルがついに今回新たに判明。現行モデルから大きく刷新される。

新型フィットは外観の大幅刷新と1Lターボに注目

新型フィット(予想CG)。基本デザインは現行型から大きく変わり、最新ホンダ車と共通の意匠を持つグリルを採用しながらも、クリーンでシンプルな面構成となる

 そのエクステリアでまず目に付くのはフロントマスクだ。2018年12月に投入されるハイブリッド専用セダンの新型インサイトのようにグリル部分を強調したホンダ共通の最新デザインとなり、存在感がアップ。ヘッドライトもぱっちり目型になる。

 また、現行型にあったボディ表面のエッジも強烈なものではなくなり、エクステリアは全体的にすっきりとしたボディラインを採用。さらに、Cピラーはやや厚みを持ち、リアコンビライトはリアウインドウに沿って上まで伸びる先代のような縦長型から、ボディサイドに回り込む横長型へ変わることになる。

 そして、この大刷新されるエクステリア以上に注目なのが、パワーユニットだ。次期モデルでも現在搭載される1.3Lと1.5Lの自然吸気エンジンが継続される可能性もあるが、ハイブリッドは新型へと一新され、新たに1L・3気筒ダウンサイジングターボも搭載されるという。

 その1Lターボは日本ではまだ搭載モデルはないが、欧州のシビックなどではすでに搭載されていて、パワー&トルクは129ps/20.5kgm(CVTは18.4kgm)というハイパフォーマンスぶり。

 欧州シビックの6MT車は0-100km/h加速が10.9秒というから相当ポテンシャルが高い。その強烈な動力性能から1Lターボは、標準モデルではなくスポーティグレードの「RS」に搭載されることも考えられる。

ハイブリッドも一新し燃費は大台越えへ!

リアスタイルも大幅刷新。現行型と異なり、横長のリアコンビランプを採用する点が特徴的だ

 一方、ハイブリッドはシステムが現在の1モーター式i-DCDから、新型インサイトから採用される1.5Lエンジンと組み合わせた2モーター式のi-MMDへと一新。こちらのほうが販売の中心になりそうだから注目だ。

 この1.5L・2モーター式はモーターでの走行をメインとしたハイブリッドで、燃費性能は現行モデルのJC08モード燃費34.0km/Lから大きく向上。40km/Lの大台を目標値として現在も開発が進められているという。

 現在、コンパクトクラスでは同じくハイブリッドを採用するトヨタアクアの38.0km/Lが燃費ナンバーワンだが、新型フィットはその上の燃費を達成するはずだ。

 同様にハイブリッドコンパクトカーの日産ノートe-POWERはエントリーグレードでJC08モード燃費は37.2km/Lと、アクアの数値には届いていない。しかし、こちらはEVゆずりの走行感覚がウケていることもあって、現在販売台数ではトップ。販売面では次期フィットの一番のライバルになる。

 そのほかハイブリッドコンパクトカーは、ヴィッツハイブリッド、スイフトハイブリッドもあるが、次期型の最大の競合モデルはアクアとノートe-POWERの2車だろう。

 そんななかで、ナンバーワンの燃費を売りにベストセラーを狙う次期フィットがついにデビュー。これによって、ハイブリッドコンパクトカーの燃費と販売の競争がさらに激化することは間違いない。

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ