ヴォクシーにも“ギラギラ顔”登場!! ノア3兄弟 改良で安全強化&特別仕様車投入!!

 トヨタが2019年1月7日にミドルクラスミニバンのヴォクシー、ノア、エスクァイアを一部改良。

 3車共通の改良として予防安全性能を進化させたことに加え、ヴォクシーには「ZS“煌(きらめき)II”」(メイン写真)、ノアには「Si“W×B(ダブルバイビー)II”」、エスクァイアには「Gi“Premium Package・Black-Tailored”」と、それぞれ個性派ルックの特別仕様車を新たに設定。

 ミニバントップブランドの地位をさらに強固なものとするべく、ノア3兄弟が進化を遂げた。


まるでヴェルファイア!? 個性派フェイスの特別仕様車を新設定!

ヴォクシー ZS“煌 IIのリアスタイル。価格は2Lガソリン車(8人乗り、FF)が285万6600円、ハイブリッドが338万400円

 今回の改良の目玉は特別仕様車の設定。ヴォクシー「ZS“煌 II”」は、「ZS」グレードをベースに、内外装の随所にメッキやシルバー塗装をあしらい、ロアグリルに黒艶塗装を施すなど、「より艶やかでクールな印象を際立出せた」というが、ヴェルファイア風の“ギラギラフェイス”は話題を呼びそう。ボディカラーには、ブラックを含む全4色が設定されている。

 ノアに設定された特別仕様車「Si“W×B II”」は、「Si」グレードをベースに、内装には特別設定色ブラック&フロマージュに加え、ホワイトステッチを施し背面と座面にあしらった専用シート表皮(合成皮革+ファブリック/消臭機能付)を特別装備。

 エクステリアでは、“W×B”の専用エンブレムやアクセントとしてドアハンドルにメッキ加飾が施されている。ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインやブラックなど全4色の設定。

 エスクァイアに設定の特別仕様車「Gi“Premium Package・Black-Tailored”」は、「Gi」グレードをベースに、ボンネットフードモール、バックドアガーニッシュなど、外装の随所に黒を基調スモークメッキを採用。

 外板色にはブラックを含む全4色を設定し、内装にはセンタークラスターパネルやフロントドアスイッチベースに、ブラックレーザーライン加飾を施したほか、シート表皮にブラック色の「ブランノーブ」を採用するなど、より上質な室内空間を狙った特別仕様車となっている。

 上記3台の特別仕様車には、リアオートエアコン、ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー、挟み込み防止機能付)、6スピーカーなどが特別装備として採用されている。

ノア Si“W×B II”。価格は2Lガソリン車(8人乗り、FF)が285万6600円、ハイブリッドが338万400円

エスクァイア Gi“Premium Package・Black-Tailored”。価格は2Lガソリン車(7人乗り、FF)が306万2880円、ハイブリッド車が339万7680円

自動ブレーキは「歩行者対応型」へ進化

一部改良ではノア、ヴォクシー、エスクァイアの各モデルで、緊急自動ブレーキが昼間の歩行者を検知対象とする改良が施された

 また3車に共通する一部改良のトピックとして、衝突被害軽減ブレーキの「トヨタ・セーフティ・センス」(センサーにはレーザーレーダー+単眼カメラを採用)が、昼間の歩行者も検知対象となっている。

 この他、アクセル/ブレーキのペダル踏み間違い時の衝突被害を軽減する安全機能「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」を新たに設定。

 あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を施している。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ