【緊急情報入電!!】アクセラ後継 新型マツダ3 来月予約開始!!

 2019年最大の注目車といわれている「マツダ3」。アクセラの後継車として昨年11月のロサンゼルスショーで世界初公開され、今年春~夏には日本市場で正式発表する、と言われていた。

 そのマツダ3が、来月早々にも予約受注を開始するという。予想よりかなり早いデビューだ。

 焦点はふたつ。車名は本当に(「アクセラ」をやめて)世界統一車名となる「マツダ3」になるのか。そして量産技術としては世界初となる圧縮点火式ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」はこのクルマのデビュー時からラインアップに加わるのか。

 本記事では、この2点がほぼ明らかになった。

 また、マツダは今年、この「マツダ3」のほかにもう一台、新型SUVの発表を用意しているという。この件についても現時点での最新情報が判明。

 新型車のスクープ情報満載だった今回の取材結果を、流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポートしてくれた。

文:遠藤徹


■全国のマツダ販売店で3月早々から予約開始

 マツダディーラー各店に、新型車情報が入っている。

 アクセラの後継モデルである「マツダ3」が2019年3月6日から予約受注を開始する方向でスケジュール調整をしているようだ。

昨年11月のロサンゼルスショーで世界初公開されたマツダ3(北米仕様)。日本市場への導入は5~7月頃と予想されていたが、それよりも早く発表されそう

 ポイントとなる車名は「マツダ3」が濃厚となっており、「アクセラ」という車名は廃止となるもよう。

 日本仕様の写真のみティザー発表を先行して、それと同時に各販売店で予約受注を受け付け、正式発表は3月下旬、6月発売する見込み。

 5ドアハッチバックの「スポーツ」と4ドアの「セダン」の2ボディ構成で、FF、4WD、6ATの組み合わせとなる。

美しいシルエットのマツダ3セダン。ディーゼルもラインアップするというから、かなり独特なモデルとなりそう

■注目の新技術は秋に追加設定

 搭載するパワーユニットは、発表当初は純ガソリン仕様が1.5、2Lの2タイプ、ディーゼルは1.8Lが用意される。

 次世代環境技術を採用した(世界初の量産型圧縮着火式ガソリンエンジン)「SKYACTIV-X」(2Lガソリン+モーターのマイルドハイブリッドユニット)は、2019年10月頃に遅れて追加設定する見込みである。

新型マツダ3は今年1月に開催された東京オートサロン2019にも出品された。会場でも屈指の人気モデルとなり、日本仕様発表への期待は高まっている

 首都圏にあるマツダ店では予約受注に当たって3万円の申し込み金と30万円の前金の受領で契約書を策定、6月の正式発売以降、優先的に納車手続きに入ることにしているという。

 従来モデルのアクセラはすでに生産を終了し、各販売店では在庫一掃セールに入っている。2月いっぱいの生産を多少早めたようだ。

 在庫は次第に限られるようになっており、グレード、ボディカラー、オプションパーツは希望通りに選びにくい状況にある。あればナビ、ETCつきだと35万円以上の値引きが可能となっている。

■マツダの新世代を象徴するモデルとなる

 新型マツダ3のエクステリアデザインは上級モデルのアテンザを想わせる洗練されたプロポーションを強調、ハイクオリティな作り込みが世界中で話題になっている。

 新型マツダ3の4WD車は当面1.8Lクリーンディーゼルのみの設定になると思われる。

 車両本体価格はクオリティアップ、安全対策強化などのコスト高で現行型アクセラの約10万円の値上げになる見込み。

 SKYACTIV-X車は2Lガソリン車に比べて20万円程度のアップが予想される。

 これによって月販3000台以上をコンスタントに販売し、デミオに次ぐ量販戦略モデルとしての育成を目指す構えである。

■今年のマツダにはもう一台新型車が!?

 また、マツダは今年もう一台の新型車を用意している。

 先日(3月5日から17日まで開催される)ジュネーブモーターショーに出展すると発表した新型SUVの市販版を、年内にも日本市場に導入する可能性が高くなってきた。

3月上旬に開催されるジュネーブショー出品に向けて先行公開されたティザー写真。新型マツダ3ベースのSUVで、こちらも年内に日本導入

 この新型SUVスカイアクティブは上述のマツダ3のプラットフォームを使用しており、SKYACTIV-Xや新世代車両構造技術「スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー」、深化した「魂動デザイン」を採用するとしている。

 クラス的には現行モデルであるCX-3とCX-5の中間に位置するクロスオーバーSUVといえる。

 中国で2016年から販売している「CX-4」とほぼ同じポジションともいえるが、こちらのフルモデルチェンジ版にしては周期が早すぎる。

こちらの写真は2016年から中国で発売されているCX-4。以前からこのモデルの日本導入が噂されていたが、しかしモデルサイクルが早すぎるため、年内に導入されるモデルがこのクルマの新型車とは考えづらい

 マツダの新世代SUVの国内での投入時期を辿ると最も早いのがCX-3で現行型の登場は2015年2月。次いでCX-5が2016年12月、CX-8が2017年9月であり、世代交代するとすればコンパクトサイズのCX-3となる。

 したがって可能性はふたつ。

 新型SUVは新しいコンセプトを盛り込んだCX-4クラスのまったく新しい新型車か、もしくはCX-3の後継車(フルモデルチェンジ車)だ。

 残念ながら現時点では各販売店にこれ以上の新しい情報は入っておらず、今後随時取材していきたい。新情報が入り次第お伝えする。

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ