【デイズルークスにオーダーストップ情報入荷!!】待望新型は来年3月発売&三菱はeKスペースクロス投入!!!

 日産屈指の人気モデル、軽スーパーハイトワゴンの「デイズルークス」が、間もなくオーダーストップに!

 現在、軽自動車のなかでも特に人気を誇るのが、ホンダ N-BOXを筆頭とするスーパーハイトワゴン=全高1700mm以上の背が高い軽自動車。

 そこに、三菱 eKスペースと共同開発で2014年に発売された日産のデイズルークスは、新型へのモデルチェンジを間近に控えている。

 そうしたなかで、現行モデルがついにオーダーストップされるとの情報を入手! いつまでオーダーは可能なのか? そして、新型はいつ登場するのか?

 販売現場の最新情報をもとに流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文:遠藤徹
写真:編集部、NISSAN、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】これが次期eKスペースに!?「スーパーハイトK-ワゴン」を見る


現行デイズルークスが年末オーダーストップで新型登場間近

現行型のデイズルークスは2014年2月に発売。その後2016年12月の改良モデル(=写真)でデザインを変更。新型の登場を控え、すでにオーダーストップ間近となっている

 日産 デイズルークスが、2020年3月下旬のフルモデルチェンジに向けて動き出している。

 現行モデルは2019年末でオーダーストップになり、以降在庫一掃セールをスタートさせる見通しである。

 この11月末現在ではまだ多くのグレードが受注できるようになっているが、12月中旬以降になると次第にエンジン、タイプ、ボディカラー、オプションパーツなどに限りが生じる方向にある。

 年末セールと重なっているので、ナビ、ETC付きであれば25万円以上の大幅値引きがゲットできる状況にある。現時点では特別仕様車の「ハイウェイスター XVセレクション」を中心に堅調に売れている。こうした動きは姉妹車である三菱自動車のeKスペースも同様である。

こちらは姉妹車の三菱 eKスペースカスタム(左)とeKスペース(右)

 次期型は2019年3月28日に一新した新型デイズと同様にプラットフォーム、エンジン、トランスミッション、駆動系、足回りを新開発した全面刷新の次世代モデルに仕立てられる。両側スライドドアを採用した背の高いスーパースペースワゴンレイアウトである。

 ハイトワゴンのデイズよりもマーケット規模の大きい主軸モデルであるから、開発にあたってはより力の入った作り込みを行っているはずである。

新型デイズルークスは大幅刷新で最量販車へ虎視眈々

2020年3月発売予定の新型デイズルークス(予想グラフィック)

 エクステリアの直線と曲面を融合させたボディシェルは、基本的にはキープコンセプトで世代交代する。上級&スポーティバージョンのハイウェイスターと標準タイプのフロントマスクを中心としたコンセプト分けはより明確となる。

 ボディサイズの全長3395mm、全幅1475mm、全高1775mmは引き継ぐ。ホイールベースはデイズ同様に55mm延長することで室内の居住空間の拡大、使い勝手、走行安定性の向上を図る。

 パワーユニットは、モーターアシストのマイルドハイブリッド、「ハイウェイスター」はノーマルとターボユニットも搭載。2WD、4WD、CVTとの組み合わせとなる。

 グレードの「S」、「X」、「ボレロ」のラインアップはデイズと同じ。特別仕様車の「XVセレクション」は装備を標準グレードに組み込み、一旦廃止する。

 ハイウェイスターには、デイズ同様に自動運転支援装置の「プロパイロット」をメーカーオプションで設定する。

 安全対策は最新のデバイスをさらに進化させてパッケージ設定する。車両本体価格は装備の充実、クオリティアップ、安全対策強化などによるコストアップで5万円程度の値上げになる。

 これによって先行して一新した現行デイズと合わせて月販1万5000台以上を売り、軽自動車ランキングの上位浮上を目指す方針である。ハイトワゴンのデイズとデイズルークスとは4対6でデイズルークスの方が販売台数が多いから、より強力な拡販攻勢がかけられる状況になるはずである。 

三菱版の姉妹車には「eKスペースクロス」も投入!

三菱のeKクロス。新型eKスペースにも同様にデリカを思わせるクロスオーバー仕様のeKスペースクロスが設定される見込み

 一方、姉妹車「eKスペース」もデイズルークスと同時にフルモデルチェンジする。

 標準タイプの他従来の「カスタム」に代え、SUVテイストの「eKスペースクロス」を設定する。先に開催した第46回東京モーター参考出品した「スーパーハイトK-ワゴン コンセプト」の市販バージョンである。

 フロントマスクは、デリカD:5によく似たデザインを採用。同じ両側スライドドア仕様だから、これこそ本格的な「デリカD:5ミニ」といえる。eKクロスよりもこちらの方が売れる主役級のポジションといえる。

 自動運転支援装置の「スマートパイロット」もメーカーオプションで設定。新型デイズルークス、新型eKスペースとも生産は三菱自動車の水島工場が担当する。

 両モデルとも2月下旬からティザーキャンペーンをスタートさせ、直後に先行予約を開始するので、これが事実上の発売スタートとなる。

こちらは軽EVコンセプトとして東京モーターショーに出展された日産 IMk。このモデルも新型デイズルークスを紐解く鍵となる

【証言:1 首都圏日産店営業マン】

 新型デイズルークスの方がデイズよりも販売規模が格段に多いので、期待をしている。

 新型デイズの発売当初は従来デイズルークスからの乗り換えが目立ったが、新型デイズルークスが発売になると、より使い勝手と走行性に優れているこちらへの回帰現象が生じるかも知れない。

 2020年は新型デイズルークスを皮切りに多数のニューモデルが発売になると聞いているので、楽しみにしている。

【証言:2 首都圏三菱自動車営業マン】

 次期型eKスペースにもSUVテイストの「eKスぺースクロス」が設定されると聞いているので、こちらを中心に増販攻勢をかけて行くことになると思う。

 新年早々から従来型の在庫一掃セールと並行して新型eKスペースのティザーキャンペーンが立ち上がる見通しだ。eKスペースクロスは、eKクロスよりも売れ行きが良くなると予想している。

【画像ギャラリー】これが次期eKスペースに!?「スーパーハイトK-ワゴン」を見る

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ